読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

自分の個性を活かして歌う方法

◆自分の個性 「歌に、自分の個性を出すにはどうしたらよいのか?」 まず、個性となる要素を挙げてみましょう。それは「声質」「歌い回し」「発音の仕方」、大きく分類すれば、この3つになると思います。 現在、歌手として活躍している人達も、個性的な方ば…

なぜ、男性は発声で無茶をしてしまうのか

◆男性の性質 ボイストレーニングを行っていますと、ひとつの傾向に気づくことがあります。 それは、喉の使い方で無茶をしてしまう、また、使い方を間違えて記憶しているのは、女性より男性多いという事です。 男女の性質として、女性は柔らかく温和な感じに…

nanaアプリ 歌の録音ワンポイント!

◆nanaに良い歌声を録音する 音楽コラボレーションアプリ「nana」 手軽に、音楽で世界中の人とコラボできる、魅力的なアプリです。歌の録音も、とても簡単!誰でも、気軽に、何回でも録音し直したりもできます。nanaに、音源をアップしている人達の為に、今回…

裏声⇒地声の切り替えのコツ(歌唱編)

◆裏声から地声に切り替える 前回は「地声⇒裏声」に切り替える時のコツをお伝えしました。 地声⇒裏声の切り替えのコツ(歌唱編) - 夢を終わらせないボイストレーニング 今回は、その逆で、裏声から地声に切り替える時のコツについて、書いていきます。発声法…

地声⇒裏声の切り替えのコツ(歌唱編)

◆地声から裏声に変える意図を知ろう まずはじめに、曲の中で「地声から裏声に変える時」って、どういう時かを考えてみましょう。裏声の発声自体が、低音には向いていないので、切り替える時の音域は、高音域である場合が多いです。 そして、その意図とは、「…

声が変わらない人の特徴(ネガティブ編)

◆声が変わらない人 ボイストレーニングは、効果が表れるまでに、ある程度の期間が必要です。的を得た練習を積んでいけば、徐々に、声に変化が表れてくるもの。でも、長期間、ボイトレを習っていても、ほとんど声が変わらないという人もおります。 そういう人…

歌手を目指すなら「上手さ」で勝負しない

◆上手さを求め続けない 歌手を目指している人は、周りの人から「歌が上手い」と言われてあたり前のレベルである必要があります。でも、歌手で成功するには、「上手さ」だけに固執して、それを求め続けていてはいけません。プロに必要な歌唱レベル、又は、自…

なぜ、鼻歌は上手く聞こえるの?

◆鼻歌を歌う 家やお風呂の中で歌っている時は、上手く歌えている気がするのに、、と思う人が多いのではないかと思います。実際は、どうなのでしょうか?? 上手く歌えている気がする時とは、自分自身でどんな印象を持つ時なのかを考えてみると、それは、「歌…

少しの声の変化にも喜びを感じてほしい

◆小さな喜びを感じる ボイストレーニングをやっている人なら分かると思いますが、声が変わっていくのは、一段一段、階段を上るかのように、または、ジムに通って徐々に筋肉がついてくるかのように、じっくり変化していくものです。 まれに、いきなり声量がア…

柔らかい声で高音を出す

◆癒し 数年前に生まれた癒しブームは、いまだ、続いています。毎日の生活の中でも、リラックスできる時間は、大切ですよね。自分の心を心地よい場所に置いてくれます。歌の中にも、「癒される曲」がありますが、そんな曲を、もし、自分が歌う時は、聴いてい…

ボイトレで迷った時の簡単リセット法

◆声の出し方が分からない?? ボイストレーニングを長く続けていると、色んな情報やトレーニング技術を獲得していく過程で、あれこれ考え過ぎてしまい、結局、何を意識して声を出せばよいか分からなくなってきた・・と、迷ってしまう人がおります。 声は、目…

歌手オーディションに受かる為に知っておきたい3つのポイント

◆オーディションとは 芸能の世界を目指す人なら、一度は、「オーディション」を受けた事があるという方が多いと思います。オーディションに合格すれば、目指す世界に一歩、大きく足を踏み入れることができますので、応募しない手はありません。 ですが、合格…

歌が上手い人がやっている習慣

◆歌うことが「特別」じゃない 歌が上手い人は、歌っている時間や回数がとても多い。これは、歌が好きだからこそ歌う回数が多い、という事も言えますが、歌が苦手、もしくは、自分では上手くないと思っている人に比べて、圧倒的に歌っている回数と時間が多い…

ひとりカラオケと大勢カラオケの違い(脳波)

◆カラオケをする環境による違い 以前は、カラオケは、友達や家族で行って、ワイワイと楽しむものという傾向でしたが、最近は、一人専用カラオケができた事もあり、一人でカラオケに行くのが普通になってきています。歌うという行為については、どちらも同じ…

声帯が開きっぱなしでは、力がでない

◆声がかすれる、声が弱い 声は、喉の筋肉運動によって生まれます。「筋肉」という事は、皆さんの知っている通り、使わなければ痩せて衰退してしまうもの。つまり、日頃、声を出す機会が少ない人は、ますます、声が出なくなってしまう事になります。 特に、高…

声が出にくくなったと感じたら

◆久しぶりに大きい声を出すと 久々に、大きな声を出して歌うと「以前よりも声が出ない・・」と感じる時があると思います。声は、ノドの筋肉群が動くことによって生まれるもの。 同じ音域くらいの声だけを出している(日頃の会話などで)と、どうしても、その…

ボイストレーニングが初めての方へ

◆初めてのボイストレーニング ボイストレーニングに通われる方の中には、「初めてボイストレーニングを受ける」という人が、とても多いと思います。学校授業では、グループ歌唱スタイルが主になりますので、一人ひとりに対して発声指導を行うことは、まずな…

若い頃から準備しておきたい、シンガーに必要な対応能力

◆若い頃には気づきにくい 今の時代、プロシンガーとはいえど「歌うこと」だけで、活躍し続けられるのは、ごくごく僅かなシンガーだけです。もちろん、「歌うこと」だけでトップを目指して努力し続けるのは、素晴らしいことですし、チャレンジする価値は大い…

輪状咽頭筋を鍛えて喉詰め発声を改善しよう!

◆喉詰め発声でつらい・・ 歌っている時に喉が苦しく感じる。声が詰まっているような感覚がある。 そういった場合は、喉を詰めて発声している可能性があります。これは、一般的に言われている「喉声」とは、少し違います。 ここでは、 喉詰め発声=「喉に不要…

低音の声は、思っているより必要ない?

◆低音をしっかり出したい人 ボイストレーニングをする目的 その目的として圧倒的に多いのが、理想の高音を手に入れたいという理由です。高音は、曲の中でも「華」となる部分で出てきますので、オイシイ部分を上手に出したいという気持ちは、よく分かります。…

強い声を出す時に、ついやってしまう間違い

◆強い声を出す時に、つい・・ 強い声を出すときに、つい、やってしまう間違い。 それは「息を強く吐く」ことです。 発声の仕組みが分かっていれば、すぐに、間違いに気づくことですが、何となく感覚的に、強い息が必要な気がしてしまう気持ちも分かります。…

「良い声」と「歌が上手い」の関係

◆「良い声」と「歌が上手い」の関係 「歌が上手い」と感じる人は、総じて「声がいい」という印象があります。 現代は、カラオケ普及のおかげで、リズムや音程が大幅にズレたりする人は、昔より少なくなってきていると思います。という事は、一般的な歌唱力の…

あなたの声磨きの優先順位

◆「変わりたい」の優先順位 歌声を磨いていきたい人の目的は、十人十色です。趣味でカラオケが上手くなりたいから、健康や美容を維持したいから、将来歌手を目指しているから・・など、どれも間違いなどはなく、目的は自由です。 ここで一つ問いがあります。…

連続ジャンプでリズム感をつける!

◆リズム感とは? リズム感をつける為に、まず必要なのが「タイム感」です。タイム感とは、ある一定の時間を等間隔で割るという感覚。なんだか、かたい言い方になってしまいましたが、例えばですが、1秒間を「2分割、3分割、4分割・・」などに等間隔割れ…

高音を楽に出すコツ《歌唱編》

◆曲の中で高音を楽に出すには? 「同じ高さの音」なのに、声が出しやすい場合と、出しにくい場合があります。 例えば、よくあるのが、発声練習では出る音なのに、歌になると、なぜか出せないという場合。一体、何かそうさせてしまうのでしょうか?! 発声練…

上手なフレーズの語尾処理のコツ!

◆フレーズの語尾処理が上手い人は、歌が上手く聞こえる フレーズの終わりを綺麗に処理できる人は、「歌が上手い」という印象を持たれます。語尾というのもは、聞いている人にとって、目立ちますし印象にも残りやすい。フレーズの終わりを「切る」や「伸ばす…

声の成長に年齢は関係ない

◆声の成長に期限はない 「小さい頃は、大きい声が出ていたのに、大人になるについて声が出にくくなってきた。」そんな話をよく聞きます。年齢を重ねると誰しも衰えはあります。それは、体力、筋力、能力など、使わなくなっている部分が衰えていくものです。…

喉にいいキャンディー「マヌカハニー」

◆喉にいいキャンディー 「マヌカハニー」という名前の蜂蜜を聞いたことはありますか? 今や、世界中で注目を浴びているので、すでに、ご存じの方も多いと思います。マヌカハニーは、とても殺菌効果のある、蜂蜜なんです。 「マヌカハニー」は、ニュージーラ…

【ボーカル体験レッスン】の上手な受け方

◆体験レッスンを上手に受ける 最近は、色々な習い事に「体験レッスン」というものが用意されています。実際のレッスンを受ける前に、どんなことをするのか体験できる。受講者にとっては、嬉しいシステムです。 ボーカルスクールも、殆どが体験レッスンを実施…

発声時に、肩や頭にアクションが入る人 《要チェック!》

◆発声時に、肩や頭の動きをチェックしてみよう! 特に、息を吸って第一声目を出した時、「肩や頭が少し下がる」アクションが入る人は、スムーズな発声を妨げてしまっている可能性があります。 マイクを持って歌っている場合は、肩が下がると同時に、マイクも…

アメリカ人の「歌唱リスニング法」って??

◆アメリカ人(黒人)は、何をリスニングしているのか? 洋楽は、邦楽よりも歌うのが難しい曲が多いです。その難易度は、実際に歌ってみると分かりますが、オリジナルをコピーして歌うだけであっても容易ではありません。同じように歌っているつもりでも、な…

声を引いて聴衆を惹きつける【歌唱編】

◆声は「出す」だけではない 誰しも、自分の歌は、一人でも多くの人にしっかり聞いてもらいたいと思うもの。それは、大きいステージでも、カラオケであっても同じこと。歌っている時に、ザワザワされたり、その場から離れていってしまう人を見ると、テンショ…

ボイストレーニングの本質に迫る

◆ボイストレーニングと聞くと? ボイストレーニングは、何のために行うのか。 「歌の上達」=「ボイストレーニングが必要!」という発想が自然に湧いてくると思いますが、少し、深く掘り下げて考えてみると、自分のボイストレーニングに対しての考え方が整理…

英語の歌詞が発声に有効な点

◆洋楽を歌う 洋楽を練習することで、身に付けられるスキルは、沢山あります。歌い回しに関してもそうなのですが、実は、「発声」についても、有効な練習になるのです。邦楽だけでなく、洋楽も歌っている人をみると、気づくことがあります。 それは、「日本語…

『プロのライブを参考』 歌が上手くなる方法を考察

◆プロは、何が違うのか? プロのライブステージを見ると、圧倒的な「何か」に感動させられ、アマチュアとの違いを体感されられるもの。キャパ50人ほどの小さいステージでも、数万人が収容できるアリーナクラスの会場でも、それは変わりません。会場よって、…

周囲の人に「歌が良くなったね」と言われたら

◆周囲の人に、歌が良くなったね、と言われたら 声の変化は、自分自身が一番よく分かるものです。少し楽に声が出るようになった、少し高音域が伸びてきた、少し声量があがってきた・・など。ちょっとした変化でも、練習の成果が表れれると嬉しくなるもの。そ…

「声が楽に出る状態」を、まず、作っちゃう

◆そもそも声は「解放」から生まれる 声の起源は、感情を表現する為、何か自分ら信号を発信する為の方法として生まれた機能です。赤ちゃんは言葉が話せないので、感情を泣いたり叫んだりして表現しています。感情を表現するという行為は、大人になっていくほ…

手嶌葵さんの歌声

www.youtube.com ◆癒される歌声の秘密 ポップシンガーの手嶌葵さんの歌声は、聞いていると癒されます。すーっと心に入ってくる透き通る声。声は柔らかいのですが、安心感と説得力があります。何か、神々しい雰囲気も感じさせる声。いったいその声は、どのよ…

プロもボイストレーニングをするの?

◆プロシンガーは、ボイストレーニングをする? プロシンガーも、ボイストレーニングは行います。ライブ活動やレコーディング活動が忙しくなれば、充てる時間が少なくなるかもしれませんが、プロはメンテナンスという意味でも、ボイストレーニングをしっかり…

口を大きく開けて歌える人は、発声に有利?(ブルーノマーズ参考動画)

◆口を大きく開けられる人 歌うとき、口を開く大きさには個人差があります。小さくても大きくても、「本人が出したいと思う声」が作れているのであれば、大きさは自由です。 今回の記事のテーマは、『歌うときに口を大きく開けても歌える人』は、喉の状態とい…

「イ」の母音の発声について

◆「イ」の母音の言葉 イ段の言葉「い、き、し、ち、に・・」は、発声しづらいと、よく聞きます。普段、話している時は違和感がないけど、歌で、特に高音になると、出しづらさは、顕著に感じられるようです。 プロシンガーが歌っている映像を見てみると、イ段…

ダイナミックマイクの機能を活かして歌おう

◆マイクの役割を知る マイクは、入力された音を増幅する役割があります。マイクの種類には、大きく、ダイナミックとコンデンサーがあります。2種のマイクは、使用環境(収音するもの)や目的によって使い分けられます。ボーカルマイクとして、カラオケやラ…

マーチンD-35 1976年製

◆長く使える楽器を持つこと 写真は、僕が10年前位から愛用している、マーチンD-35のアコースティックギターです。1976年製というヴィンテージギターで、何せ、音がいい!!音に角がなく丸みがあり、温かい暖房器具””のような音です。 当時、「次に買うギター…

有名人も愛用!喉に良いハーブティー 

◆「Throat Coat(スロートコート)」 声を出す人にとって、喉は、常に良い状態を保っていたいものです。しかし、花粉、風邪、疲労、お酒などで、どうしても荒れてしまったりすることも避けられません。。 今回は、そんな時に、オススメのハーブティーを紹介…

ボイトレで間違った解決策をしていませんか?

◆ボイトレの間違った解決策 ボイストレーニングを学ぶ、主な理由として挙げられるのが、「声量アップ」「音域拡大」「喉詰め発声改善」です。独学で発声を学んでいく場合は、独学であるがゆえに、間違った方向へ進んでしまう事も少なくありません。 ボイスト…

ロサンゼルスでのライブバー体験記①

◆L.A ライブバーで歌うシンガーレベル L.A留学期間に、街のライブバーに生演奏を聞きに行ったことがありました。ライブバーは、ロスと言っても、街はずれにある小さいライブバーでした。 ※冒頭の写真がその店内です。 街のはずれという事もあって、その日は…

声と心のつながりの秘密

◆声は、心が反映されるもの 普段、何気なく出している声。その声には、人間性が明確に表れるものです。 「目を閉じて、身の周りの友人、家族、恋人の声を想像してみてください。」そして、 何となくでいいので、「その人の、普段の心の状態も想像してみてく…

オリジナル音源を再生しながら練習する時の注意点

◆アーティスト本人の声に合わせて歌う 歌の練習をする時に、アーティスト本人が歌っているオリジナル音源を再生しながら練習をする時があると思います。特に、練習しはじめたばかりの時は、一緒に歌って確認しながら覚えていきますよね。 しかし、ある程度、…

ボイトレ自主練習を継続させるコツ!

◆自主練習がなかなか続かない 声を育てていく為には、反復練習が欠かせません。自分の体に、少しずつ感覚を覚えさせていく時間が必要になります。その為には、毎日5分でもいいので、自主練習をしていくこと。期間が空いてしまえばしまうほど、声の成長は、ス…

喉詰め発声のメカニズム!

◆喉詰め発声とは? 喉詰め発声とは、喉周辺の筋肉に、必要以上の力を入れて発声することにより、声の自由が奪われている発声状態を言います。本人の体感的には、歌っている時に、喉が苦しく感じる、といった状態になります。喉詰め発声になってしまう原因は…