読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

裏声⇒地声の切り替えのコツ(歌唱編)

◆裏声から地声に切り替える 前回は「地声⇒裏声」に切り替える時のコツをお伝えしました。 地声⇒裏声の切り替えのコツ(歌唱編) - 夢を終わらせないボイストレーニング 今回は、その逆で、裏声から地声に切り替える時のコツについて、書いていきます。発声法…

地声⇒裏声の切り替えのコツ(歌唱編)

◆地声から裏声に変える意図を知ろう まずはじめに、曲の中で「地声から裏声に変える時」って、どういう時かを考えてみましょう。裏声の発声自体が、低音には向いていないので、切り替える時の音域は、高音域である場合が多いです。 そして、その意図とは、「…

声帯が開きっぱなしでは、力がでない

◆声がかすれる、声が弱い 声は、喉の筋肉運動によって生まれます。「筋肉」という事は、皆さんの知っている通り、使わなければ痩せて衰退してしまうもの。つまり、日頃、声を出す機会が少ない人は、ますます、声が出なくなってしまう事になります。 特に、高…

声が出にくくなったと感じたら

◆久しぶりに大きい声を出すと 久々に、大きな声を出して歌うと「以前よりも声が出ない・・」と感じる時があると思います。声は、ノドの筋肉群が動くことによって生まれるもの。 同じ音域くらいの声だけを出している(日頃の会話などで)と、どうしても、その…

輪状咽頭筋を鍛えて喉詰め発声を改善しよう!

◆喉詰め発声でつらい・・ 歌っている時に喉が苦しく感じる。声が詰まっているような感覚がある。 そういった場合は、喉を詰めて発声している可能性があります。これは、一般的に言われている「喉声」とは、少し違います。 ここでは、 喉詰め発声=「喉に不要…

強い声を出す時に、ついやってしまう間違い

◆強い声を出す時に、つい・・ 強い声を出すときに、つい、やってしまう間違い。 それは「息を強く吐く」ことです。 発声の仕組みが分かっていれば、すぐに、間違いに気づくことですが、何となく感覚的に、強い息が必要な気がしてしまう気持ちも分かります。…

発声時に、肩や頭にアクションが入る人 《要チェック!》

◆発声時に、肩や頭の動きをチェックしてみよう! 特に、息を吸って第一声目を出した時、「肩や頭が少し下がる」アクションが入る人は、スムーズな発声を妨げてしまっている可能性があります。 マイクを持って歌っている場合は、肩が下がると同時に、マイクも…

口を大きく開けて歌える人は、発声に有利?(ブルーノマーズ参考動画)

◆口を大きく開けられる人 歌うとき、口を開く大きさには個人差があります。小さくても大きくても、「本人が出したいと思う声」が作れているのであれば、大きさは自由です。 今回の記事のテーマは、『歌うときに口を大きく開けても歌える人』は、喉の状態とい…

「イ」の母音の発声について

◆「イ」の母音の言葉 イ段の言葉「い、き、し、ち、に・・」は、発声しづらいと、よく聞きます。普段、話している時は違和感がないけど、歌で、特に高音になると、出しづらさは、顕著に感じられるようです。 プロシンガーが歌っている映像を見てみると、イ段…

喉詰め発声のメカニズム!

◆喉詰め発声とは? 喉詰め発声とは、喉周辺の筋肉に、必要以上の力を入れて発声することにより、声の自由が奪われている発声状態を言います。本人の体感的には、歌っている時に、喉が苦しく感じる、といった状態になります。喉詰め発声になってしまう原因は…

無料ボイトレメール講座『自宅で学ぶ10日間!』

無料ボイトレメール講座「10日間で学ぶ!正しい発声法への ” カギ ”」 このメール講座は、ご自宅で気軽に発声を学べる、10日間限定のプログラムです!日本ボイスアドバイザーとして、日々スタジオで指導している内容を、皆さんにも、メールでお届けできるこ…

高音発声に欠かせない喉の筋肉はこれ!

高音を出す為に欠かせない喉の筋肉とは? 上記の絵は、喉の中(喉頭)を表したものです。一番上の白い軟骨が「舌骨」、真ん中の大きい肌色の軟骨が「甲状軟骨(=のどぼとけ)」です。 そして、赤色に染めてある部分が、高音発声に欠かせない喉の筋肉、名前…

ハイラリンクスって何だろう?

「ハイラリンクス」とは? ハイラリンクスという言葉。英語表記にしますと「highlarynx」になります。highは「高い」、larynxは「喉頭」という意味です。つまりハイラリンクスは「喉頭の位置が高くなっている状態」を指す用語です。(喉頭は、いわゆるノド仏…

『色気のある歌声が魅力的な理由』

色気のある歌声 歌が上手い人を見て、歌い方や声に「色気」を感じたことはないでしょうか? 具体的に、「色気」という言葉を口に出さなくても「声が素敵!」とか「ドキドキする声!」という感覚は、味わったことがあるのではないかと思います。 どんなジャン…

『ファルセットボイス』 裏声を綺麗に出すコツ!

ファルセットボイスとは? ファルセットボイスとは、一般的に「裏声」と呼ばれているものです。声がひっくり返った、という経験がある方。まさに、そのひっくり返った声のことです。「地声がひっくり返って、弱い裏声になるのが嫌だな~」と思う人もいると思…

『ミックスボイス』の習得を目指すワケとは?

ミックスボイスとは? ミックスボイスとは、地声と裏声の中間のような声です。地声ほどは力強くなく、裏声ほどは弱くない声。ミックスボイスは、「実際は、地声なの?裏声なの?」という疑問をよく聞きますが、答えとしては「どちらでもある」ということが言…

『チェストボイス』強い地声で歌う3つのコツ

チェストボイスとは チェストボイスとは、普段、あなたがおしゃべりしている時に出している声。いわゆる「地声」のことです。普段使っている声ですので、ほとんどの人は簡単に発声することができるのですが、稀に、歌う時だけ、地声ではなく「裏声」になって…

【必見!】歌が上手くなる方法 3つのポイント (分かりやすい!)

新年、明けましておめでとうございます。 2017年、最初の記事は「ザ・シンプル!!」 『歌が上手くなる方法』について、分かりやすくまとめてみましたので、是非ご覧ください。 フィジカル面(喉の筋肉) 歌に必要不可欠になものは「声」です。人間の声は、…

知っておきたい! オススメのボイストレーニング教則本5選

ボイトレ教則本はどれを買うべきか? ボイトレ教則本は、かなりの数が世に溢れています。 いったい、どれを買ったらいいの??、と悩んでいる人も、きっと多いはず。 そんなわけで、あなたに合ったボイトレ教則本が見つかりますように☆★ 僕がオススメする『…

発声法で混乱してしまっているあなたに

発声法は、シンプルに考える 発声トレーニングを続けていると、実際に歌うときに、どういう意識で声を出したらよいのか分からなくなり、混乱してしまう人もいます。 そんな時は、シンプルに、そして、現実に起こっている事実だけを見つめてみましょう!!音…

発声は、筋肉運動ということを覚えておこう!

発声は、喉の筋肉運動です! 声は、声帯が振動することで生まれます。そして、その声帯を動かす為には、喉仏の中の軟骨が動く必要があって、その軟骨が動くためには、喉の筋肉が動く必要があります。ということは!? はい、喉の筋肉が動かないと、声帯は動…

第一声目でお腹を力ませない

歌っている時のお腹の動き 歌っている時、お腹への意識の持ち方は、かなり個人差があるようです。インナーマッスルに力を入れる、ぐいぐい凹ませる、前に突き出す、軽く支える、特に意識しない・・、など。いったい、どの意識&状態が発声上、都合がいいので…

無料ボイトレメール講座:「10日間で学ぶ!正しい発声法への ” カギ ”」

無料ボイトレメール講座 「10日間で学ぶ!正しい発声法への ” カギ ”」 このメール講座は、ご自宅で気軽に発声を学べる、10日間限定のプログラムです!日本ボイスアドバイザーとして、日々行っている、スタジオでのレッスン内容を、今回、皆さんには、メール…

「声は、口から前に出す」イメージを忘れない

体感している事を、そのまま認識しない 声は、目に見えないもの。だからこそ感覚やイメージで声の状態を確認したり、作り上げていったりすることが多くなります。特に発声トレーニングでは、体感している事と、実際に起こっている事を混同してしまい、声が出…

歌が上手い人は、わざと上手く歌っている

歌が上手いと判断されるポイント 「歌が上手い」と思われるには、いくつかの要素がありますが、 特に、大きなポイントになっているものは何か? 歌は、「歌詞」「メロディー」「リズム」で構成されています。この3つが、教科書どおりに間違いなくできていた…

録音した声とのギャップを埋める作業の大切さ

自分に聞こえる声・他の人が聞いている声 自分の声を録音した時に、普段、自分自身に聞こえている声との違いを感じたことがあると思います。その理由は、 「普段、自分自身に聞こえている声=骨と空気の両方に振動して届く声」 「他の人に聞こえている声=空…

小さい声でボイストレーニングを行うメリット!

小さい声でもボイストレーニングは十分可能! ボイストレーニングは、必ずしも、大きい声を出す必要はありません。むしろ、小さい声で行った方が、沢山のメリットがあるように思います。 特に、基礎発声が、まだできていない人は、小さい声で行うのがオスス…

高音が出ないという人に多い「声の傾向」

高い声が出ないという悩みを持つ人の「声の傾向」 高音が出ない・・、という悩みは、ボイストレーニングを習う理由のTop1ではないか?と思うくらい多いものです。そんな悩みを持つ方に多く見受けられる、ある声の特徴があります。それはどんな声なのか? 低…

ビブラートをかけてノリと余韻を演出しよう!

ビブラートをかけて表現力をアップしよう 歌唱技術のひとつに、ビブラートというものがあります。歌に限らず、ギターなどの弦楽器の演奏でも使ったりしますが、「音を揺らす」表現法です。歌でビブラートを使うと、素人の目線に立っても、上手く聞こえると思…

息漏れ声を使って歌おう!

“息漏れ声” で声に色気を出す バラード系の歌や曲にムードが必要とされるような歌に、よく息漏れの声が使われます。息漏れの声は、強い地声の声とは違い、柔らかく繊細な声です。歌の表現として、悲しさ、切なさ、セクシーさ、優雅さ、などを演出するのにと…

リップロールの効果と練習時の注意点

世界のトップシンガーも行うリップロールとは? ボイストレーニングの練習法のひとつに、「リップロール」があります。世界のトップシンガーも行っているという練習法!また、俳優さんが、舞台本番前にも、ステージ裏でリップロールをしてから、舞台に上がる…

「喉仏」が上がってしまう事への対策法

喉仏が上がり、苦しく感じる 高音が出ないという悩みをお持ちの方で、「喉が苦しく感じる」事があると思います。この場合、喉の自由が奪われて、高音を出すどころか声自体が出にくい状態になっています。苦しく感じるのは、喉仏が上がり、気道が狭くなってい…

地声と裏声の声換点について

地声と裏声の切り替わり 音階の発声練習で、低音から音程を上げていくと、ある高さから裏声になるポイントがでてきます。これを、声換点と呼びます。声換は誰にでも起こるもので、とても自然な現象です。でも、もし、ボイストレーニングを行うのであれば、以…

近代のボイストレーニング

近代ボイストレーニング法 ボイストレーニングの歴史は長い。20世紀半ばには、発声学についてある程度の結論はでており、科学的な視点からの発声メカニズムも、解明されていました。でも、いまだに、未知な点も多いのも事実。それくらい、喉の構造は、複雑・…

高音は、頭に響かせるイメージを持つと、どんな効果はあるのか?

頭に響かせましょう、と言われている理由 「高音は、頭に響かせるようなイメージを持って出しましょう!」とボイストレーニングを受けたことがある方は、きっと多いでしょう。この指導法は、すでに、何十年も前から行われいるもの。 どうして、この指導法に…

高い音がいつも下がり気味になる ~フラット癖~

高い音が、いつも下がり気味になる 高い音になると、いつも音程が届かない・・という場合、いったいどうすればいいのでしょう。単純に「高い声がでない」とは、また少し、違ったケースになります。 ◆「高い声がでない」というのは、ある一定の音までは出るけ…

声が相手の耳に届くまで

声(=音)はあなたの耳にどうやって届くのか? ご存じのとおり、音は、空気を伝わり広がっていきます。そこには、目には見えない空気の波が発生しています。グラスの中に、水を入れて、ピンとグラスをはじくと波ができます。その波は、はじいたポイントから…