読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

高音域でお悩みなら知っておきたい、裏声トレーニングの重要性

f:id:loosevoice:20161014235239j:plain

発声指導者も「知っている or 知らない」に分かれる

ボイストレーニングに興味があって、書籍やネットで情報収集をされている方なら、もう説明はいらないと思いますが、適切な声で高音を出したい場合、裏声トレーニングは欠かせません。

 

発声に関して、あまり苦労をしたことのない発声指導者は、このことを知らなかったりします。勉強でもそうですが、もともとできる人は、できない人の気持ちや状態・原因が把握しづらい、、?のだと、勝手に推測しております。

 

「高音を出したい!」という生徒さんに対して、裏声トレーニングをしないのは、目標達成まで、かなり遠回りをしている事になります。世には数多くのボイストレーニングの書籍がありますが、発声の仕組みを医学的に熟知している著者の本には、必ずといっていいほど、書いてあります。

 

そう、人間の喉の仕組みが、そうなっているのです!!(GREAT!!)

簡単に説明しますと、裏声出している時に働いている喉の筋肉が、「地声の高音でも働いてもらう必要があるから」です。だから、裏声をいっぱい練習すると効果的なのです!

 

 

裏声だと、高音発声がどうして楽なのか、不思議に思いませんか?

地声でも裏声でも、声は、喉の声帯から生まれているもの。

なのに、どうして裏声だと高音発声が楽に感じるの・・??この疑問は、意外に盲点をついていると思います。答えは、簡単(^^)/

 

裏声を出している時の喉の感覚は、地声の高音発声に、とても近いから。

さきほども書いた、高音で働くべき筋肉がメインに働き、喉という楽器を正しく使っているから!(よく、高音ほど喉の力は要らない、といわれるのもこれが理由です)

 

 

だから、逆に、裏声の低音って出しにくいはず。もう、その筋肉を使っていては、出せない音域だからです。

 

おおー、なんか、謎が解けてきませんかー!

 

 

本当に、人間の声(声帯)は、楽器だなと思います。

楽器の使い方をしらない演奏家はいません。声帯の使い方を知らないでは、ボイスコントロールができるはずもありません。ちょっと厄介なのが、目で確認できないことでしょう。感覚的に理解することも必要になってきます。

 

さあ、高音域を伸ばしたい方は、裏声を積極的に練習しましょう!

特に、男性は使う頻度が少ないので、女性歌手の曲を、全部、裏声で歌ったりするのも、いいい練習になります。

 

あなたの理想の高音域を、ゲットしてくださいね!

 

 

 

www.loosevoice.com

 

 

 

 

 

広告を非表示にする