読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

口の開き方で、こんなにも歌い易くなる

f:id:loosevoice:20161105203256p:plain

口の形(開き方)で、音色や響きは大きく変わる

ボイストレーニングを学んでいくと、「口の形(開け方)」についてのレクチャーを受けることがあります。「口の形なんて、どうでもいいんじゃない?」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、些細な意識で、歌声をかなり良くすることができます。

※今回は、「喉の奥の開け方」ではなく、「口の形(開け方)」に、フォーカスしてお話をしていきます。

 

 

口の開け方によって、大きく変わるのは、「音色」と「響き」です。

 

例えば、以下の3パターンの口の形で、「イ」という言葉を言ってみると、

①口の形をにする

⇒こもっている声、クラシック発声のような声、深い響きのある声、という印象。

 

②口の形をにする

⇒明るい声、キンキンした声、深い響きは、あまり感じられない声、という印象。

 

③口の形を(過剰に横にも縦にも広げない)にする

⇒上記の2つの、ちょうど間くらいの音色と響きになると思います。

 

 ★ここで、必ず、おさえておきたいのが、口の形によって、

喉の奥の空間の形も変わる!!ということ。⇒これ、めちゃめちゃ大事なこと。

 

どの形がいいかは、正解・不正解はありません。

 

チョイスする基準は「聞いている人が、心地よいと感じるかどうか」で判断していきます。例えば、日本のポップスを歌う場合で考えてみましょう。

 

①の口の形では、やはり声楽っぽい雰囲気で合わない。

②の口の形では、声は明るいけど響きが浅く、子供っぽい声になる。

③の口の形は、程よい響きを確保でき、音色も良い。一見、「イ」に聞こえないんじゃないか?と思ってしまうが、録音して聴いてみると、言葉としても違和感はない。

 

 

基本は、口の形を丸っぽく作ると良い

どんな言葉でも、基本は、口の形を丸っぽくしておくと、滑らかな言葉と、よい響きを獲得しやすくなります。日本語の特に「え」「い」は、口が横に開いてしまう言葉なので、注意してみるとよいでしょう。

音色がマイルドになるので、響きに統一感がでて、安心感のある声で歌っていく事ができます。特に、ボイストレーニング初心者の方には、とてもオススメの練習法です。

 

 

色々な誤解、疑問について

ボイストレーニングで、「口をもっと大きく開けてー」と指導されるのは、単純に、口の開きが足りない場合です。日頃、おしゃべりしている時の口の大きさであれば、十分、言葉は伝わりますので、その位の大きさで、歌は歌えます。

 

◆歌うジャンルによっては、横に開けた方が雰囲気が出やすい場合もあります。ロック歌手は、口を大きく開けるのが特徴的です。そして、エッジの効いた声が必要になるので、縦&横に大きく開けた方が、良い場合があります。

 

◆基本的には、どんな口の開け方でも、喉の奥が十分に開いており、良い響きが確保できていればよい、ということなのです。口の形を丸っぽくすることで、喉の奥の空間を、広く確保しやすいという点からも、とってもオススメです!

 

 

実際のレッスンでも効果を感られています

ボイストレーニング初心者の方は、「口は大きく開けないといけないんだ」という思い込みから、喉に不自然な力を入れてしまい、逆に声が出しづらくなっている人もいるようです。

また、滑舌トレーニングなどを歌に取り入れてしまい、同じようなデメリット効果を生んでしまう人も。。おしゃべり声で滑舌が悪くなければ、歌でも全く問題ないでしょう!

 

口の形を、基本は「丸」をオススメするのは、喉の奥がリラックスできて、良い響きが

獲得できるという点が、一番の理由です。

 

実際に、生徒さんで、歌声が、慌ただしそうにバタバタしている印象のある方に、口の形をアドバイスすると、各段に、落ち着いた良い音色で歌う事が出来ています。

 

ぜひ、試してみてくださいね!

 

 

www.loosevoice.com

広告を非表示にする