読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

ボイトレ歴が長いけど声が変わらない人って?

ボイトレ経験談 高音発声の極意

f:id:loosevoice:20170112222946j:plain

ボイストレーニングに長年通っている

適切なボイストレーニングを行えば、声は成長していきます。これは間違いない事実。成長する時期やスピードは、人によって個人差があります。数ヶ月で、グンと声が成長する人もいれば、数年かけてゆっくりと声が成長していく人もいます。

それは、どちらも正しいトレーニングを行った結果として得た成長ですので、自分に自信を持ってよいのです。

 

一方で、長年ボイストレーニングを受けているけど、声がなかなか変わらない・・という悩みを持っている人もいると思います。なぜ、声が変わってくれないのか??

 

その理由も、一つに絞ることはできませんが、今回は、その原因を大きく3つに分類してみました。声が変わらない悩みを持っている人は、自分がどのタイプに当てはまるか、確認してみましょう。

 

 

1.【練習している「声の種類」が的を得ていない】

ただ声を出しているだけでは、声は成長しない

練習時間もしっかり確保できていて、毎日、声を出して練習しているのに、声が変わらない、、という人は、この原因の可能性が高いです。ボイストレーニングは、練習する声の種類が大事です。その種類によって、あなたの「苦手な音」を克服できるかに、密接に関わってきます。

 

種類とは、「言葉」「音域」「音色」「地声か裏声か」「強い声か弱い声か」など、

どういう種類(組み合わせ)の声で、練習するかによって「苦手な音」を克服するためにかかる時間が、圧倒的に短くすることができます。

 

発声練習を行うときに、

「なぜ、この言葉なのか?」

「なぜ、この音階なのか?」

「なぜ、この声の大きさなのか?」

そこに、きちんとした根拠がないと、効率的な練習とは言えないのです。

※高くジャンプしたいのに、毎日腕立て伏せをしている・・のような状態にならないように!

 

 

2.【練習時間の取り方がよくない】

「まとめて練習しよう」は、効果が少ない

できるだけ早く成長を感じたい人は、毎日、ボイトレを行うのがベストです。1回の練習時間は、10分~20分程度で十分です。または、休憩を入れながら、一日数回に分けてもよいと思います。

 

また、練習時間をまとめて取って、長時間行うのもよくありません。声を出すという事は、喉の筋肉を使うという事。長すぎる練習時間は、喉を疲労させてしまい、疲れを溜めてしまいます。(例:2週間毎に、1回/2時間やる、は効率的でない)ボイストレーニングは、短い時間でも良いので、毎日行うこと。毎日の積み重ねと反復練習が、効果を高めてくれます。

 

プロシンガーは、毎日、歌っています。

アマチュアシンガーが、プロよりも少ない練習時間で追いつけるか・・?と考えれば納得ですよね!

 

 

3.【発声理論を考え過ぎて、頭でっかちに】

考えすぎると、声が委縮してしまいます

 発声理論は、多少知っておくと、声が生まれるイメージがし易いの役立つことがあります。しかし、色んなボイトレ教則本や参考書を読み過ぎて、「声を出す時間」より「参考書を読む時間」の方が長くなっている人もおります。それは、本末転倒です ⤵

 

声は、毎日、無意識に発しているものです。考えなくても自然に出るもの。歌声も、決して特別なものではありません。聴き心地よくするために、しゃべり声に少し味付けをしたようなもの。難しく考えず、歌声も自然体であることを、常に心がけましょう!

 

専門的な発声理論は、ボイストレーナーが知っていれば、問題ありません。

ぜひ、的を得た練習法で、グングン声を成長させていきましょう!

 

♪まとめ

なかなか声が変わらない人

・あなたに合った「声の種類」で練習しよう

・練習時間は、短くてもよいので毎日確保しましょう

・難しく考えない、理論で頭を埋めてしまわないこと

 

フォロー大歓迎♬

 

仙台ボイストレーニング  LOOSE  VOICE

www.loosevoice.com

 

広告を非表示にする