読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

声に個性がほしい人は、地声をトレーニングするべきである理由! 

雑記 歌唱アドバイス

f:id:loosevoice:20170119121820j:plain

【地声には、その人の個性が多く表れる】

地声とは、普段、話をしている時に使っている声のことです。話し声には、それぞれに強い個性が表れます。例えば、電話で話しているとき、実際に、相手の顔を見なくても、声を聞けば、本当に、その人かどうかを判断することができます。テレビから聞こえてくる、タレントやアナウンサー、俳優、芸人の方々の声も、一度あたまに記憶してしまえば、テレビ画面を見なくても、誰が出演しているかが分かると思います。

 

それくらい、地声には、個性があります。

歌で自分を表現するとき、この個性を使わない手はありません!!

参照『チェストボイス』強い地声で歌う3つのコツ - ボイストレーニング “駆け込み寺”

 

プロシンガーの歌を聞いたとき、「ゾクッ」とするよう身震いを感じたり、「ギュッ」と心をつかまれる瞬間、それは地声が、強く鳴っている時に多く起こります。聞いている人を魅了する歌を歌うには、POPSにおいては、地声発声がとても重要になります。

 

 

【地声が強い人は、緊張と緩和が表現できる】

 歌の抑揚にもつながる

地声が強いと、その対極にある「裏声」が活かせます。

「声質」に変化をつけたいとき、一番分かりやすいのが、「地声→裏声」に変えることです。この2つの声は、「地声(強)➡ 裏声(弱)」というふうに、大胆に変化をつける事ができます。しかし、地声が弱い人は、その落差を表現することができないので、全体的に、弱い声で歌うとこになります。

 

曲調によっては、終始、やさしい声が必要なものもありますが、そのやさしい中でも、

強弱の変化は、必ずあります。

単調な歌にならないようにするために、地声の強化は必要です。

 

 

【発声トレーニングとしても近道である】

強い声の練習を避けないようにしましょう!

発声トレーニングで、喉に過剰な力が入ったり、高音を無理に発声してしまう場合、一旦、喉の力を抜くために、「弱い声(息が多い)」でトレーニングを進めていく場合があります。

 

これは、一時的に喉の脱力を得るための、体感的な目的で行います。弱い声を出すと、確かに、喉は楽になり高い声へのアプローチもスムーズになるのですが、長年、弱い声ばかりのトレーニングをしていった、その先で、「やっぱり強い声が必要だ!」という壁にぶつかることになります。

 

まずは、「強い地声」と「弱い裏声」を、明確に分けることが、発声練習としても、歌声の表現としても良いと言えます。地声を鍛えて、聞いている人の心に、グッと入っていけるような歌声を作っていきましょう!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

仙台ボーカルスクール LOOSE  VOICE

www.loosevoice.com

 

 

 

広告を非表示にする