読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

喉詰め発声のメカニズム!

f:id:loosevoice:20170131125415j:plain

◆喉詰め発声とは?

喉詰め発声とは、喉周辺の筋肉に、必要以上の力を入れて発声することにより、声の自由が奪われている発声状態を言います。本人の体感的には、歌っている時に、喉が苦しく感じる、といった状態になります。喉詰め発声になってしまう原因は、大きく、2つのパターンが考えられます。

もし、あなたが喉詰め発声だとしたら、どちらのパターンであるかは、実際に声を聞いてみないと判断は難しいのですが、そのメカニズムを知っておくことで、解決の糸口を見つけやすくなります!

 

歌っている時に、喉が苦しく感じるという人は、ぜひ、読み進めていってくださいね。

 

 

その1.【喉頭(のど仏)の上昇による気道圧迫】

喉頭は、のどの中にある、沢山の筋肉によって吊られている状態にあります。ですので、いずれかの筋肉に過剰な力を入れれば、上下に動かすことができます。喉周辺がリラックスしていれば、喉頭は上下に大きく動くことはなく、ある程度の定位置を保ってくれます。

しかし、喉頭を上に持ち上げる筋肉(顎二腹筋、顎舌骨筋、茎突舌骨筋、茎突咽頭筋など)に、必要以上に力が入ると、喉頭は上昇します。

 

上昇する事で、何か、起こるの??

 

気道や喉の空間が狭くなり、響きが浅くなります。いわゆるキンキン声や、子供っぽい声になります。その音色の声が必要な場合は、意図的に、声を作ることがありますが、ここでは、一般的なポップスを歌う場合を想定すると、少々、聞き苦しく感じられる声になります。「歌声が単調だ、深みや豊かさが無い、苦しそうに聞こえる、幼い声に聞こえる」といった、印象がある声です。

 

喉頭は、筋肉で吊られており、上下に動かせると言いました。という事は、下げる筋肉も存在するわけです。クラシックやオペラなどの発声は、喉頭を意識的に下げることで、深い響きを作っています。

 

これが原因の場合は、無理やり喉を下げたりしてはいけません。逆効果になります。

まずは、喉周辺の筋肉に柔軟性を持たせることが、先決になります。

 

 

その2.【声帯を強く閉すぎている】

首や喉周辺の力は抜けているけれど、声帯を強く閉じすぎている場合。その場合も、喉詰めの声になります。

声帯の間を息がスムーズに流れなくなるほど、強く声帯を閉じてしまうと、「声」が出ているというよりも、「声帯のぶつかり合う音」が出ているという印象になります。

「あ”ぁぁ、え”ぇぇ~」のような音。それでは、美しい音色は生まれません。

 

声帯を効率よく動かす為には、その閉じ具合に加減が必要です。ある意味、この場合も、過剰な力みを入れてしまっている状態です。この場合は、普段のおしゃべり声を基準にしてみると、すぐに改善できると思います。それ以上は、力みを入れないように、気を付けて発声をしてみましょう!

 

特に男性は、強く、大きく、ダイナミックに!!という、パワー勝負的なマインドを持っていますので、無理をしてしまいがちです。

声は楽器です。どんな楽器でも、『響き』に、人は心地よさを感じます。そこに、パワーは要りません。ギターでもピアノでも、軽いタッチで演奏しているからこそ、美しく心地よい。いつまででも、聞いていたくなるものなのです。

 

 

喉詰め発声からの脱出は、その癖が定着してしまう前に行うことが重要です。

喉に苦しさを感じる人は、一度、正しいボイストレーニングを受けてみましょう!!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

仙台ボイストレーニング LOOSE VOICE

www.loosevoice.com

 

 

 

広告を非表示にする