読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

ボイトレで間違った解決策をしていませんか?

f:id:loosevoice:20170206004024j:plain

◆ボイトレの間違った解決策

ボイストレーニングを学ぶ、主な理由として挙げられるのが、「声量アップ」「音域拡大」「喉詰め発声改善」です。独学で発声を学んでいく場合は、独学であるがゆえに、間違った方向へ進んでしまう事も少なくありません。

ボイストレーニングは、「手順」と「やり方」が、とても重要です。その方法さえ間違がわなければ、誰しも、声は成長していけるものです。今回は、よくありがちな間違った解決策について、お伝えしていきます。

 

ボイストレーニングをして前進していると思っていたら、実は、マト外れな事をしていて、時間を無駄にしてしまった・・・などとならないように、確信を持って練習していきましょう!

 

 

◆声量を抑えてしまう

もっと厳密に言いますと、「芯の無い声」で発声練習をしてしまう事です。これは、喉詰め発声で悩んでいる人に多い間違った解決法です。声量を出すと、喉が苦しくなってしまうんじゃないか・・、という不安から、声量を出さないで小さい声で声を出して、すぐ裏声へ持って行ってしまう。

 

この方法ですと、地声を出す為の閉鎖筋が貧弱なままになってしまい、声にパワーが作れません。喉詰め発声になってしまうのは、「喉の余計な部分に力を入れてしまっているから」です。正しい部分には、しっかりと力を加える必要があるのです。

 

そう考えると、誤解を生んでしまいそうなのが、「大きい声を出さなきゃいいんだ」と、思ってしまいますが、そうではなく、声量ではなく、声の質=「芯を入れた声」で行う、という事です。

 

声に芯が入っているというのは、「息漏れがない、声がクリアだ、説得力がある、声に張りがある」などの印象を持てる声のこと。

 

基本、声は張って出します。 抜いた声は、張った声が仕上がってから行うべきなのです。一時的な対処法として、息を含ませた声を出すことありますが、まずは、チェストボイスで、ある程度の音域(低~中音域)までは、ダイナミックに出せるようになる事を、優先しましょう。

 

loosevoice.hatenablog.com

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

仙台ボーカルスクール LOOSE  VOICE

www.loosevoice.com

 

 

広告を非表示にする