読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

発声時に、肩や頭にアクションが入る人 《要チェック!》

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆発声時に、肩や頭の動きをチェックしてみよう!

特に、息を吸って第一声目を出した時、「肩や頭が少し下がる」アクションが入る人は、スムーズな発声を妨げてしまっている可能性があります。

マイクを持って歌っている場合は、肩が下がると同時に、マイクもピクッと下がる動きが入ります。高音発声で、喉が苦しくなる、、という人は、このアクションが入っていないかどうか、一度、チェックしてみましょう!

 

◆首や肩、鎖骨の下に力みが入る

発声には、必要のない部分に力が入るので、スムーズな発声ができなくなります。そして、この部分が、ピクッと下方向に動く人は、同時に、腹直筋(6つに割れるところね!)にも力みが入ります。

腹直筋に力が入ると、反射的に声帯を強く閉じてしまう(腹筋するときに、自然と息を止めますよね)ので、喉は過緊張となります。

 

身体は、筋肉が繋がっていますので、こうして連動してしまいます。悪い連動は避けたいですよね。

 

◆鏡を見ないと気づかない場合が多い

このアクションが入る人は、なかなか自分では、そのことに気づきにくいようです。声を出していると冷静でなくなってしまったり、歌っている自分の姿を、客観的に見るという事があまりないからです。

高音発声時に、膝をグッと曲げて、腰を落とすようなアクションを入れてしまう人も同様ですので、一度、チェックしてみるといいと思います。

 

大きい声を出さなくても大丈夫ですので、鏡の前で、「アッ、アッ」と声を出して、音程を少しづつ上げながら、確認してみましょう。頭や肩が、ピクッと下に動かないか注目してみてください。

 

息が肺から口に流れる(下⇒上)方向に対して、逆のアクション(上⇒下)を入れるのは、喉でバッティングが起こります喉詰め発声で苦しい、、と感じている人は、このことが原因の場合もありますので、是非、参考にしてみてください!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

お気軽にフォローしてくださいね!

 

科学的メソッドボイストレーニング

仙台 LOOSE  VOICE  体験レッスン実施中!

www.loosevoice.com

 

 

広告を非表示にする