読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

若い頃から準備しておきたい、シンガーに必要な対応能力

f:id:loosevoice:20170307220708j:plain

◆若い頃には気づきにくい

今の時代、プロシンガーとはいえど「歌うこと」だけで、活躍し続けられるのは、ごくごく僅かなシンガーだけです。もちろん、「歌うこと」だけでトップを目指して努力し続けるのは、素晴らしいことですし、チャレンジする価値は大いにあります。

 

音楽業界には、広く世に知られていないが、音楽をやって生計を立てているシンガー、プレーヤーが沢山おります。その人達は、音楽関係以外の仕事はやっていない。音楽を楽しみながら毎日、演奏・制作活動を行って生活しています。

 

では、どうやって音楽で生計を立てているのか? 

そこには、音楽を長年やっていると見えてくる、『柔軟な対応能力』があります。

 

 

◆歌うこと以外の「何か」を持っておくといい

【楽器(ピアノ、ギターなど)が演奏できる】

⇒ 簡単な伴奏程度でも演奏でき、弾き語りができれば尚いいです。ライブをする時、わざわざ伴奏の人を呼ばなくても自分だけできます。また、楽器を弾く時、弾かない時でステージ上の演出的にもいい。自分のデモ音源を作るとき、カラオケでなく自分の伴奏で歌えるので、アレンジも自由がききます!

 

【踊れる】

⇒ 今は、ダンスブーム到来中です。ボーカルグループであれば、踊りながら歌えるというスタイルが、当たり前になっています。自分のやりたい音楽性にもよりますので、一概には言えませんが、踊りながら歌えるのは、大きな武器の一つになります。

 

ダンスと歌を同時に行う場合は、両方ともに、高いクオリティーが必要になります。踊ってしまったが為に、歌が崩れてしまわないように、日々、両方を磨いてく必要があります。

 

 

【ボーカリストとして柔軟性がある】

これは、コーラスワークができたり、歌えるジャンルの幅を広く(ポップス、ロック、ジャズetc)持っておくことです。

例えは、自分がメインのライブでなくても、「あなたにコーラスとして参加してほしい」と依頼がきたりします。その場面で、すぐにハモれたり、メインボーカルを惹き立てる歌い方を勉強しておくといいです。レコーディングにも、参加できますしね!

 

 

DTM(デスクトップミュージック)の環境がある】

⇒ これは、自宅で楽器や歌を録音できる環境があり、その操作ができるという事です。どういったメリットがあるのかと言いますと、ボーカリストの場合は「仮歌入れ」という仕事が受けられます。

これは、作曲者が曲をレコード会社なりにプレゼンをするときに、仮歌として、誰かに歌を入れてもらう必要があるのですが、その時に、自宅やスタジオで録音できる環境がある人は、この「仮歌入れ」の仕事を受けることができます。

 

この仕事は、基本、データでやり取りをしますので、PC環境を整えておく必要があります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

歌う以外にも、色んな事に対応できるように準備しておくと、将来の仕事の幅が広がります。若い時は、「これだっ!」と決めたもの以外には、目がいかなくなってしまいますが、柔軟な視野を持っておくと良いです。

 

シンガーを目指している人であれば、今回お伝えしたものは、少しできる程度」でいいのです。それぞれの分野には、必ず専門家がいるので、その専門家になってしまっては、本末転倒です。あなたは、あくまでシンガーです!

 

音楽活動をしていく中で、もし経験できる機会があったら、一度は、体験してみてください。きっと、将来、役に立つものになります。

 

最後に

LOOSE VOICEでは、随時、体験レッスンを実施しておりますので、お気軽にお申込みください。実際に、あなたの声を聞いてアドバイスさせていただきます。また、出張レッスンも対応しておりますので、ご依頼頂ければ、あなたの街にもお伺いいたします。

声の悩み解消や成長を、独学で行う場合、どうしても判断が難しかったり、長期的な時間がかかってしまいます。(僕もその体験者です。)体験レッスンでは、ボイストレーニングでモヤモヤしていた悩みが、スッキリとクリアになりますよ!

ぜひぜひ、あなたの声を、一度聞かせてください!

その他、質問、お問合せも、お気軽にお寄せ下さい。

 

仙台 LOOSE  VOICE

www.loosevoice.com

 



 

広告を非表示にする