読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

歌が上手い人がやっている習慣

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆歌うことが「特別」じゃない

歌が上手い人は、歌っている時間や回数がとても多い。これは、歌が好きだからこそ歌う回数が多い、という事も言えますが、歌が苦手、もしくは、自分では上手くないと思っている人に比べて、圧倒的に歌っている回数と時間が多いものです。

 

歌う時間を多く確保できるのは、カラオケに多く行っているからではありません。日常生活の中に、習慣として、歌を取り入れているからです。

料理をしている時、車を運転している時、髪を乾かしている時、散歩している時・・、

生活の中で、ずーっと鼻歌を歌っているのです。

 

だから、歌うことが特別な事じゃないんです。

そして、いざカラオケで歌う時も、普段からやっている事なので、気負いがなく、気合を入れ過ぎて空回りする事もないのです。逆に、日常的には、あまり歌わない人は、歌うことが特別な事に感じてしまうので、「上手に歌わなきゃ」と過剰に意識してしまうことになります。

 

 

◆アカペラで歌っている

鼻歌は、基本、伴奏がありません。つまり、アカペラ状態です。アカペラで歌うことで養われるのは「音感」

カラオケなどの伴奏がある場合は、伴奏にメロディーを合わせますが、伴奏がない場合は、自分の音感だけが頼りになります。「音程=音と音の幅」を、自分の耳で確認しながら、感覚的に音を出していく事になります。

 

これに慣れてくると、もう、歌う事に対して怖いものはありません。実際にカラオケ伴奏が入った場合も、「演奏に対しての音感」と「自分自身で持っている音感」を同時に意識しながら歌えるようになるので、余裕をもって歌う事ができるようになります。

 

アカペラで練習すると、格段に、歌が上手くなる理由が、コレです。

 

 

◆上手く歌おうという意識が少ない

鼻歌は、上手く歌おうとする意識は、少ないものです。

上手さよりも、心地よさが優先されるもの。よく、お風呂で歌うと上手く歌えているように感じるといわれますが、これは、声が響くからという理由と、上手さではなく雰囲気で歌っているから、という事が言えます。

 

リラックスして、心地よい気分で、心地よい声で、心地よい雰囲気を感じながら。そうして歌うと、上手く歌えていると、自分自身で感じられるのです。大事なのは「上手さ」でなく「雰囲気を出す」ということ。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

歌が上手い人は、歌に対してのあり方や意識が、このように違うんです。歌が、決して特別な事ではなく、日常的な習慣であるという事、そして、上手く歌おうとせずに、その場の雰囲気に合わせて歌っているという事。

 

ぜひ、歌う事が自然で、あたり前になるように、自宅で鼻歌を歌う事から始めてみてくださいね!

 

 

最後に

LOOSE VOICEでは、随時、体験レッスンを実施しております。実際に、あなたの声を聞いてアドバイスさせていただきます。また、出張レッスンも対応しておりますので、ご依頼頂ければ、あなたの街にもお伺いいたします。

声の悩み解消や練習を、独学で行う場合、どうしても判断が難しかったり、長期的な時間がかかってしまいます。(僕もその体験者です。)体験レッスンでは、歌声についてモヤモヤしていた悩みが、スッキリとクリアになります。

ぜひ、あなたの声を、一度聞かせてください。

その他、質問、お問合せも、お気軽にお寄せ下さい。

 

仙台 LOOSE  VOICE 

www.loosevoice.com

 

 

広告を非表示にする