『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

歌手を目指すなら「上手さ」で勝負しない

f:id:loosevoice:20170319192301j:plain

◆上手さを求め続けない

歌手を目指している人は、周りの人から「歌が上手い」と言われてあたり前のレベルである必要があります。でも、歌手で成功するには、「上手さ」だけに固執して、それを求め続けていてはいけません。プロに必要な歌唱レベル、又は、自分の歌を表現するのに必要な歌唱レベルが身に付いたら、視点を、別の部分に向けていくべきです。

 

なぜかと言いますと、

お客さんは、「上手い歌」を聞きたいわけではないからです。

また、歌唱力は、上には上がいるので、目標の対象としては、とても曖昧なものになっていってしまうからです。

 

ファンになってくれるお客さんが求めているものは、上手い歌ではなく、「感動する歌」です。心を動かされる歌です。その為には、何をするべきかという視点に目を向けると、一人の歌手として、オンリーワンの個性を伸ばしていく事ができます。

 

 

◆具体的に、何を成長させるべきか?

「上手く歌おう」の意識を手放したら、次の事について、整理をしてみましょう!

 

・自分の得意な歌の曲調を知る(声質、外見、好みを踏まえて)

⇒ ノリのある曲、切ない曲、パワーのある曲、癒し系の曲など、自分が表現できて、かつ、似合う曲の雰囲気を知っておくこと。

 

・どんな人に聞いてほしいかを想像する

⇒ 年代、性別、性格、その人のライフスタイルまで想像して、その人達に共感してもらえるような曲を選択して、パフォーマンスをしていくこと。

 

・自分の個性や強みとなる部分を磨く

⇒ 声質、歌唱スタイル、演奏形態、衣装、宣伝など、自分の個性がキラリと輝くように、それぞれを磨き、考え、行動をとっていきます。歌唱部分だけでいうのであれば、

あなただけにできる、その曲の伝え方を研究しましょう。そこには、上手さは関係ないです。

 

 

ファンになる人は、あなたを色んな角度から見ています。そして、何に惹かれてファンになってくれるかは分かりません。ファンになってくれる要素の中で、勿論、「歌が上手い」という部分もあると思いますが、それ以外にも、あなたの魅力は、いくつもあるはずです。

 

ぜひ、歌手としてだけではなく、一人の人間として、色んな輝きを育てていってみてください。歌は、上手さではなく、伝え方を大切に。

 

 

最後に

LOOSE VOICEでは、随時、体験レッスンを実施しております。実際に、あなたの声を聞かせて頂き、アドバイスいたします。また、出張レッスンも対応しておりますので、ご依頼頂ければ、あなたの街にもお伺いいたします。

ぜひ、あなたの夢を応援させてください。

その他、質問、お問合せも、お気軽にお寄せ下さい。

 

仙台 LOOSE  VOICE

www.loosevoice.com

 

 

 

広告を非表示にする