『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

声を高くする方法~2つの順番~

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆高い声を出したい願望

ボイストレーニングで高い声を出したい場合、2つの事を、順序よく練習していくと、高い声を出せるようになるまでの期間を短く、かつ、自分自身の体感的にも分かりやすく、達成するとこが出来るようになります。

ポイントは、「順序よく」ということろ。

 

では、一つずつ、お伝えしていきます。

 

◆「高音が楽」を作る

高い声を出したいという願望を持っている人は、「高い声」の中に「いい声」という要素も始めから入れてしまっているんです。

 

つまり、2つの要素をダブルで、一気にゲットしようとしている。

 

そうすると、一気に、ハードルが上がってしまいます。ですので、まずは、ダブルゲットを狙わないで「いい声を出す」というのを、一旦、横に置いておきます。すると、残るのは「高い声を出す」だけになります。

 

「どんな声でもいいので、高い声を出してみて」と言われたら、何かを解き放たれたように、気が楽になりませんか??

でも、条件付き、それは「喉が楽」であること。

 

この声を、始めに探してみてください。歌では使わないような変な声でもいいので、楽で高い声を出してみて下さい。ここに高音を出す為の大きなヒントがあります。

 

 

◆「いい声」を作る

(変な声だけど)喉が楽な高音の出し方が見つかったら、次に、いい声を作っていきます。「いい声」とは、ここでは、「声に張りがある」「声が響いている」というように定義しておきます。

 

ここで注意点!

高い声が楽に出る状態になったという事は、喉は脱力しているという事。脱力しているという事は、振動が伝わる(響く)ということ。

 

つ・ま・り!

 

ほとんど、何かを変える必要はなく、

やるべきことは、ちょっと、共鳴させる空間を作ってあげるだけで良いのです。

 

これで、「高い声を楽に出す」と「いい声で高い声を出す」という2つを、獲得することができます。この2つを、同時に行おうとすると壁にぶつかり、なかなか高い声が出せない場合がありますので、気を付けてね。

 

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング  Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

広告を非表示にする