『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

「息の強さ」と「声の高さ」の関係

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆ 「高い声を出す時は、強い息が必要なの?」

この答えに、間違った認識を持ってしまうと、声帯に過剰な強い息をぶつけてしまい、高音が出ないばかりか、喉を痛めてしまう原因になります。


答えは、「息の強さ」と「声の高さ」は、関係ないんです。


別のいい方をしますと、息の強さを変えなくても、音程は変えられる、ということです。※ここでいう「息の強さ」とは、息が声帯を通過する前の「外部から働きかけるもの」として考えます。

 

 

◆少し深いお話し

声の高さは、声帯の開閉(振動)運動のスピードによって変わります。そして、開閉運動のスピードを上げるには、送り出す息の強さではなく、声帯を伸縮(変化)させ、「長さ・重さ・張り」を調整することが必要になります。


ですので、息を送り出す強さは、特に関係がないのです。この声帯コントロールは、誰しもに備わっている、人間の喉の仕組み&機能です。

 

 

◆口笛を吹いてみましょう!

口笛は、音の高さを、どうやって変えていますか? 

きっと、息の強さではないはずです。唇の形や舌の位置をを微妙に変えて、息の出る出口を調整して、音の高さを変えていると思います。

 


唇と同様に、声を出す場合は、声帯をコントロールします。それができるようになると、高い声も優しく歌えるので、歌う場所の広さや環境に合わせて、音量の調整ができます。逆に、声帯コントロールができない方は、高い音になると、いつも叫んでいるような歌声になります。また、数曲歌うと、喉が痛くなってしまいます。


いかがでしたでしょうか?


少しだけ「高い声」を出すための仕組みが分かってきたのではないでしょうか。『高音で、思いっきり息をぶつけるように歌っているな~』と思った方は、「息の強さ」と「声の高さ」の関係の、正しい認識へのきっかけにして頂ければと思います。

  そう、高音に強い息は要りませんし、お腹で頑張る必要もないのです!
 

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング  Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

 

 

広告を非表示にする