読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

考えて出した声は、こもるor硬い

f:id:loosevoice:20170428004533j:plain

◆考えて出した声には迷いが出る

いい歌声には、心も、ノドも「解放」する事が必要です。解放するためには、頭でいろいろ考えない。

「発声」はとても大事なことですが、そこに固執して、立ち止まっている時間が長ければ長いほど、歌う時にも、「声の出し方」という点に意識が行き過ぎてしまい、歌声が観衆に届かなくなります。自分の中で、グルグル回っているだけの声になるのです。

「目を閉じて歌う」場合にも、その注意が必要です。それが演出であればよいのですが、考えて声を出してしまうと、歌声がこもってしまいます。

よい発声を歌につなげていく事は大事ですが、「発声」と「歌」は、ある程度は、共有される部分があって、でも、ある程度は分けて考える必要があります。発声練習は、きちんと歌が伝わるための手段です。そこをゴールにしてしまうのは、とても、もったいないこと。

 

☆少しでも、いい歌声が出てきたら、自分を認めて、褒めてあげましょう。


☆その歌声を好きになりましょう。


☆そして、もっと輝くように、磨き上げていきましょう。

 



時には、何も考えないで歌ってみる。その時の歌声は、考え過ぎている時の歌声より、きっと、魅力的なはずです。聴く人は、歌を聞きたい。だから、いざ歌う時は歌を届けなくてはいけません。

 

発声を考えなくてもよくなる位、声の出し方は、身体に染み込ませておきましょう。そうなれば、あなたの歌は、もっと歌らしくなります。

 

 

最後に

仙台 LOOSE VOICEでは、随時、体験レッスンを実施しております。実際に、あなたの声を聞かせて頂き、アドバイスいたします。また、出張レッスンも対応しておりますので、ご依頼頂ければ、あなたの街にもお伺いいたします。

ぜひ、あなたの夢を応援させてください。
その他、質問、お問合せも、お気軽にお寄せ下さい。

www.loosevoice.com

 『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加

 



 

広告を非表示にする