読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

中高音域で声が弱くなる人

f:id:loosevoice:20161029002217j:plain

◆苦手な音域

低音は強い声が出せる。高音(裏声)も強い声が出せる。でも、その間の中高音域が弱い声になる、という人は少なくないと思います。中高音域の地声は、喉の調整に少しコツがいるので、難しく感じてしまう人が多いのだと思います。

 

男性で多く見受けられるのは、この2つのパターン。

 

①低音が弱く、そのまま中高音域も突入してしまうので、音が上がらない。

②低音は強いが、そのまま中高音域に突入してしまうので、声量が落ちないが音が上がらない。

 

 ①②にも当てはまらないのが、『低音は強いが中音域になると弱くなる』です。

 

この場合の解決法としては、強い裏声を出す練習をすることです。たいがい、中音域が弱い人は、超高音域の裏声も弱く、更には、裏声で音程が上がらなくなる傾向があります。

 

つまり、高音域の喉の使い方に気づいていない状態です。なので、まずは、楽に出せる裏声を徐々に強く出していく練習(クレッシェンド)をすると、高音発声の筋肉がついてきて、強い裏声を出せるようになります。

 

そうしたら、裏声のまま音程を少し下げて、地声の高音域ぐらいまで落とす。そのちょうど、出しにくかった音域で、強い裏声を出したときに成長させた喉の筋肉を、そこでも活かす!!

 

喉の感覚としては、本当に地声と裏声が半分半分みたいな体感になってきます。それが、中高音域の喉の使い方です。決して、弱い声にはならないはずです。

 

思い当たる人は、ぜひ、参考にしてみて下さいね!

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

www.loosevoice.com

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加

 

広告を非表示にする