『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

自宅で小声で歌う練習法

f:id:loosevoice:20170629141153j:plain

◆自宅でも練習はできます

毎日の練習時間、大声で歌う環境を作るのは、なかなか大変だと思います。
カラオケや練習スタジオに通うのも、時間とお金がかかりますからね。

そんな時は、自宅で歌を練習しちゃいましょう!!何も、大きい声を出して歌うことだけが、練習ではありません。しかも、効果的に、ボイストレーニングができるんですよ。自宅の場合、大きい声を出せない環境の方がほとんどだと思いますので、そうであれば、逆に小声で歌ってみましょう。


そして、その「小声」なのですが、今回の練習では、一般的に言う「裏声(ひっくり返した声)」を使います。

 

◆フルコーラス「裏声」で歌ってみる

裏声は「息が漏れているような裏声」で歌うようにしてみてください。


息が漏れているという事は、ワンフレーズを一息で歌えない部分も出てくると思いますが、その時は、途中で息を吸ってもいいので、ため息のような裏声で歌っていきます。
(低音がだしにくい場合は、飛ばしてOKです)
 
蚊の鳴くような細い声(息が結構ながく続く状態)になってしまうと効果が薄れますので、そうならないようにしてみてくださいね。

 

◆どんな体感が得られるか?

裏声なので楽に声がでると思います。


また、息を多く出しているので、喉がリラックスできている感覚が分かると思います。
多くの方が感じる「地声(表声)で高音を出した時に、キューっと喉が閉まる感じ」が今回の裏声では無い。

そして、集中して、よーく感じてみてください。「裏声の時は、キューっと喉が閉まる感覚がないのに、音程は上げられている」感覚を。

 
つまり、地声の高音発声で、キューっと力を入れている部分とは無関係に音が上げられる仕組みになっているのです。これが重要です!

 

何回か繰り返して練習をしていくと、だんだんと、発声のヒントが見えてくると思います!ぜひ、試してみて下さいね。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

 【無料ボイトレメール講座】

10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!
 


 

広告を非表示にする