『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

歌を習って2~3年目の悩み?

f:id:loosevoice:20170215011652j:plain

◆歌を習って2~3年目に感じること

習い事は、ある程度の期間、継続的に通う事でスキルを習得していく事ができます。歌の場合も、1,2ヶ月で飛躍的に上達するというのはとても稀な話で、プロ歌手でさえ、毎日、地道なトレーニングを積んで少しずつ成長していくものです。

 

とはいえ、せっかく習っているのだから、早く上達したいという気持ちを抱くのは当然です。そんな中、歌のスクールに2,3年通っているのに上達が感じられない、、という悩みを持っている人も少なくないようです。

 

習い事は楽しみながら行うことが大切ですが、「ただ楽しそうだから」という理由だけで始めてしまい、肝心のスキルが身に付かなければ、少し悲しい気持ちになりますよね。。

 

では、なぜ、数年、通っていても上達を感じられないのでしょうか?

 

 

◆歌がサマにならない

歌が上達していないと感じる理由として、自分の歌がサマにならないという事が多いようです。

 

少しかみ砕いてお話しますと、歌に関して、何か間違っているわけではないのに、「上手く聞こえない」「声自体が良く聞こえない」「薄ぺっらい歌に聞こえる」というような印象が残る状態です。

 

このサマにならない状態の人が、歌を学んで身に付いたスキルは、恐らく「歌唱テクニック」なのだと思います。

 

つまり、

「どう歌えば上手く聞こえるか?」という問いに対する答えを学んだのです。

 

でも、テクニックを学んだ結果、上手く聞こえなかったわけですよね。

それは、重要な工程を飛ばしてしまっています。テクニックは基礎の上に成り立つもの。の基礎となる「喉に力みのない基礎発声」が確立されてからでないと、テクニックは本領発揮できないのです。

 

 

◆本当の歌の楽しさを感じたいなら

数年後、本当の歌の楽しさを感じたいなら、根本にある発声を見直す必要があります。歌がサマにならない原因は、その「声自体」が重要なカギを握っています。

 

正しい発声を習得した人はテクニックが映えます。

何をやってもカッコイイ、勿論、テクニックを使わなくても、いい歌を届けられます。

 

『喉に力みのある発声は、あなた本来の歌声に、まだ出会えていない』

 

もともと歌が上手い人が、更に上手くなるのは、割と容易ですが、

もともと歌が上手ではない人が、人並み以上に上手くなる為には、テクニック以前の「基礎発声の習得」が重要!と言えるのです。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

 

 

 

 

広告を非表示にする