『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

喉から意識を外すこと

f:id:loosevoice:20170215011652j:plain

◆喉に余計な力みが入る

歌っていると、特に高音域で喉に余計な力みが入ってしまうという人は多いと思います。喉に力を入れるつもりはないのに、自然と力んでしまう。低音は、そうならないのに・・と。

 

この原因を心理的な方面から推測するに、低音は大丈夫なのに高音になると、、という事は、高音の声帯の閉じ方が分からないために、反射的に、喉回りの筋肉で無理やり声帯を絞めつけて音程を上げようとしていることで起こっているのではないかと考えられます。

 

しっかりとした声を出す為には、音域に関係なく、声帯を閉じるというアクションが必要。でも「高音を出しながら閉じる」という事ができない。

 

 

◆喉以外に意識を向ける

喉に余計な力が入る人は、声を出す時、意識がかなり喉に集中している場合が多いです。意識を向ければ向けるほど、力みを助長してしまう場合があり、脱出法を見つけられず悩んでいる人も少なくありません。

 

喉の脱力は「喉を鍛える」という事では解決されない。

ただ、喉が脱力できればよい。

 

改善法としては、声について、少し意識を変えてみましょう。声は、声帯の振動によって生まれますが、声を響かせて大きくするのは体の空間です。という事は、このようなイメージを持つことができます。

 

『声が(正確には息ですが)声帯を通過して体に響いて外に出ていく』

 

例えば「鼻(鼻腔)に響かせた声を出そう」と意識すれば、意識は喉から外れますので、一瞬にして楽な状態を作れる可能性があります。鼻に響かせようと意識をしているにも関わらず喉に力みを入れることは、逆に難しく感じると思います。

 

現実として、そのようにして、声は共鳴によって増幅するものなので「喉」に意識を持ち過ぎない事も、楽な発声への大きなヒントになると思います!喉の力みで悩んでいる人は、ぜひ、参考にして頂ければと思います。

 

written by KAN

仙台ボイストレーニング Loose Voice

www.loosevoice.com

広告を非表示にする