『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

誰でも簡単な声帯閉鎖

f:id:loosevoice:20170215011652j:plain

◆思うように声が出ない時にチェック!

自分の持つ声を100%発揮させるには、基本「大きな声」を出す事が分かりやすいでしょう。人間の持つ楽器を「音=声」として鳴らし、無駄なく放出するということ。

それに対して、小さく弱い声というのは、本来はもっと鳴らせるはずの声を活かしきれていない状態になります。(わざとその声を使う場合もある)

 

大きな声を出す為に必要なのが「声帯を閉じる」という作業です。この作業自体は、とても簡単です。息を「はぁ~」と吐きながら、口を開けたまま息を止める。

この時に、喉の中で行ったのが「声帯閉鎖」です。

 

音域に関わらず、この声帯閉鎖をしっかり行い、その隙間から、微量の息を流すことで、しっかりとした芯のある魅力的な声を出すことができるのです。

 

 

◆苦手な音域は閉鎖できていない?

個人差はありますが、誰にでも「出しにくい音域」というものがあります。低音だったり高音だったり、魅力的な声でしっかりと発声しにくいという音域。

 

そんな時は、じっくりと、喉の中の感覚を研ぎ澄ましてみて下さい。

 

「声帯が閉じれているでしょうか??」

 

低音が出ない人は、かすれ声のようになっていませんか?

高音が出ない人は、声帯以外の部分も使って閉じようとしていませんか?

 

声帯を閉じるという作業は、とても簡単だったことも思い出してみましょう。

音の高さの変化に惑わされると、簡単だった声帯閉鎖が難しく感じたり、何か、それ以外の事もしようとしてしまったりするものです。

 

そして、もう一度「息を吐く⇒止める(声帯を閉じる)」という作業を行ってみて下さい。この作業だけです。

小さな声で苦手な音を伸ばしながら、その作業を行うようにしてみて下さい。

難しく考えずに、シンプルに考えることで楽な発声へのヒントが得られるかもしれませんよ!

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

 

 

 

広告を非表示にする