『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

歌が苦手と思う前に

f:id:loosevoice:20170126000835j:plain

◆歌が苦手と感じるとき

「歌が苦手だな・・」と感じるのは、どんな時でしょうか?

 

音程が取れない

高い声が出ない

なんとなく下手だと思う

 

自分で原因がはっきりと分からないという場合は、誰かに意見を聞いてみるのもよいことです。「高い声が出せない」という理由で、歌が下手だと思ってしまっている人が多いのですが、実は、これは間違い。

 

なぜなら『歌が上手い人は、低い声で歌っても上手いから』です。

 

◆頭の中で分けて考えよう

「高い声が出せる」と「歌が上手い」を別々に考えてみましょう。

 

もちろん幅広い音域で歌えれば、曲の表現幅を広げることができます。でも、高い声を出す練習だけに時間を割いて、肝心の「歌が上手くなる」という練習に時間を割かないのは、なんか勿体ないですよね!?

 

逆から言えば、高い声が出ても歌が上手くなるとは限らないわけですから、高い声を出す練習と同時に、歌が上手くなる為の練習も行うべきだと思います。

 

その練習法としてオススメなのが「自分の楽なキーの曲を歌う」です。

ちょうどいい曲が見つからなければ、今練習している曲のキーを下げて歌ってみて下さい。そして、その自分の歌声を録音(スマホに)しましょう。

 

聞き返してみて、まずは自己評価でよいので「上手い」と思えたらOKとしましょう。もし「あまり上手く聞こえない」という場合は、高い声が出せる出せないに関係がなく、「歌い方」を学ぶ必要がある事に気づくと思います。

 

それが、とても重要なのです!

ついつい、高音を出す事だけに目を向けがちになりますが、歌が上手い人は、低いキーでも上手く歌えます。そこに気づけば、高い声が出ないから歌が苦手・・という訳じゃない!という事にも、気づくことができますよね。

 

短期間で歌が上手くなるには、今、自分が出せる楽な音域(キー)に調整して、「歌が上手い」を作り上げていく事です。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする