仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

息が足りなくなる?!を解決しよう!

f:id:loosevoice:20170215011652j:plain

◆歌っている時に、息がもたない

歌っていると息が足りなくなる!

こんな悩みを持っている人は少なくないと思います。一体、なにが原因で息が足りなくなるのか?今回は、いくつかのチェック項目と共に、改善方法をお伝えしていきたいと思います。

 

まず、チェックしてほしいのが、

普段、おしゃべりしてる時のような、わりと低い声で声を出した時、10~15秒位、声を伸ばすことができますでしょうか??

もしくは、本の文章などを10秒間、一息で音読してみても良いと思います。

 

いかがでしょうか?

 

恐らく、殆どの人は「できる」と思います。

と、いうことは??

 

息が足りなくなる原因が、「肺活量」や「腹筋力」ではないということになります。

肺活量や腹筋力が大人よりも未熟な、小さい子供でも歌えるということからも、その点はあまり関係ないということが言えますよね!そして注目して欲しいことは、「息が足りなくなる苦手な音域があるのではないか」ということです。

 

◆低音と高音の違い

低音はロングトーンを伸ばせるけど、慣れない音域(特に高音)になると息が足りなくなるという場合は、音域によって、何か上手くいっていないことがあるということ。

 

それは、ズバリ!

簡単に言いますと「息の出る量が過剰になっている」ことです。

喉の仕組み的には、高音になるほど息の量は少なくなるもの。でも、強い呼気を当ててしまい「声帯の働きと息のバランス」が上手くいっていないと、息が足りなくなります( ̄▽ ̄)

 

これは、単純に「じゃあ、息を少なくすれば高音は出せるの??」というと、そういう訳でもありません。。流れる呼気に対して声帯が適度に閉じており、効率的に振動することが息の不足の原因解決になります。

 

なんだか難しい・・と感じてしまうと思いますので、まずは、こんな練習をしてみて下さい。⇒「息の量を減らし、かつ、小さい声で声をのばしてみる」

 

すると、高音に過剰な息は必要ないことが、だんだんと分かってくると思います!

ぜひ、参考にして見て下さいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!