仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

カラオケ採点で気をつけたいこと

f:id:loosevoice:20170126000835j:plain

◆カラオケ採点で意識してしまうこと

カラオケに行くと、気になるのが点数(採点)です。

ステージで歌う時と、カラオケで歌う時。

 

その2つを、しっかりと意識を分別できている人は大丈夫ですが「カラオケ高得点=伝わる歌」というわけではない事を頭の片隅に置いたうえで、今回は、カラオケ採点時に気を付けておきたい事を、お伝えしていきたいと思います!

 

◆採点バーの意識

カラオケで高得点を出すには、なんといっても音程がポイントです。採点機能の音程を示すバーは、左から右に動いていき、音がシャープ(上がり過ぎる)と上にずれて、フラット(下がり過ぎる)と下にずれるように表示されます。

 

ここで!ポイントその1

 

音程を上下に意識し過ぎないようにしましょう!

 

採点バーを見ながら歌うと、どうしても音程を上下に捉えてしまいがちになります。でも「日常生活で声を上や下に出す」という意識は、まず持たないですよね。

そう、話しかける相手は常に「前」にいるからです。

 

そこで不自然さが出てくる場合がありますので、音程は上下ではなく、前後の距離感として歌ってみると発声的にも楽になると思います。試してみて下さい。

 

◆歌詞を見る意識

ポイント2つ目は、歌詞への意識です。

ほとんどの場合、歌詞を見ながら歌う事が多いと思います。目に飛び込んでくる情報は、特に、強く意識が働いてしまうもの。

 

つまり「歌詞をいう」という意識が、まず、最初に来ます。そうすると、それ以外の要素(リズム、音程、メンタルの部分など)が2番手、3番手に後回しになります。

 

なので、できることなら「無意識にやれることは、意識しないで歌えるようにする」と歌に余裕が生まれてきます。歌詞を覚える、音程を覚える、というのは、少し練習をすれば頭に覚え込むことができます。

 

そうすると、その2つは「意識 ⇒無意識」に変える事ができるので、それ以外の事に気を配れるようになる!

 

カラオケで高得点を出すという目的だけであれば問題ないことなのですが、いざ、人前に歌うとなった場合の時をしっかし想定して、練習を行ってみて下さい。ぜひ、参考にしてみてください(^^♪

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!