仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

喉を脱力させるとは?

f:id:loosevoice:20161031214620j:plain

◆脱力している状態

歌う時は、

「喉を脱力させて力まないようにしましょう!」と言われます。

そして脱力して楽に声を出す為には、喉をしっかり開いて歌う事が大事だ、と。

確かに、それは正しい意識だと思います。

 

ただ、もともと喉を力む癖がある人が、「喉をしっかり開ける」という意識を持って口を開けると、実は、逆効果になることもあるので、慎重な見極めが必要です。

 

◆究極の脱力とは?

脱力とは、極論「何もしない=動かさない」状態でいることです。

真顔の状態。その状態こそが、口、喉、首、顔が脱力している状態ですよね。そして、少しでも顔を動かせば、ある意味、緊張していることになります。

 

つまり「喉をしっかり開ける」という動作を行う事で、普段の脱力している状態からは、かけ離れた緊張状態を作ってしまっている場合があるということ。

 

「喉の脱力」は、普段、しゃべっている状態で十分、確保できています。それ以上に過剰に口を開けたり、喉を開いたりすることで、高音が出しにくくなっているのではないか??という疑問を持ってみることも大切。

 

脱力する為に喉を開いているつもりが、逆にジャマをしてしまっている?!

 

◆声の通り道を作るだけ

喉や口の開け方は、「声の通り道を確保する」という意味合いでとらえてみると良いでしょう。

だから、普段、しゃべっている状態で通り道は十分作られているのです。それ以上でも以下でもなく、あくまで自然体であること。

 

高音で喉が力んでしまう、、という悩みを持っている人は、声の出しやすい通り道を探すように、口や喉の開け方を作ってみるのも良いと思います。そうすると、喉を下げるや開くという動きを、そんなに過剰にする必要はない、ということに気づくはずです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

広告を非表示にする