仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

ボイトレを始める前に確認しておきたい事

f:id:loosevoice:20171212183123j:plain

◆やみくもなボイトレをしない為に

声の出る仕組みは、皆同じですが、現在の発声状態の癖は微妙な個人差があります。なので、同じトレーニングをしても万人に通用するかというと、必ずしもそうではありません。

 

今回は、ボイトレをする前に、ひとつ、確認しておくとよい項目がありますので、その状態が自分はどうなのか?をチェックしてから、ぜひ、トレーニングを進めてみて頂けたらと思います。

 

◆そのチェック項目とは?

そのチェック項目は、

 

うまく声が出せないとき、

「①喉が力む(詰まる)感覚があるか。」

それとも、

「②特に、喉の力みは、あまり感じないか。」

です。

 

この答えによって、トレーニング方法は大きく変わってきます。なぜかと言いますと、例えば答えが「①」の場合、まずは、その「喉の詰まり感」を緩和させることを最優先しなければならないからです。

 

その詰まり感がある状態で、声を出しても、苦し紛れの声で常に発声していくことになり、結局、ボイトレを積んでも理想の声にたどり着くことが難しい。

 

「何年もボイトレしているけど、声量や音域が変わらない・・」という方は、まず、このチェック項目を確認してみることをオススメします!

もし、答えが「①」の場合は、「喉の脱力」を優先してから、声量アップや音域拡大のトレーニングをしてみると、成長を感じることができるのではないかと思います!

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!