仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

ボイトレの目標の立て方

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆ボイトレを始めよう

今年、ボイトレを始めてみようと思っている人へ。

自分の理想とする声を手に入れる為には、どのような目標を持って、どういう風に練習をしていけばよいのか、初めは漠然としてしまい、どこから何をやってよいか分からない、、と悩んでいる人もいると思います。

 

今回は、声を作っていく為に頭に入れておくとよい、ちょっとしたコツをお話ししていきたいと思いますので、ぜひ、お役に立ててみて下さいね。

 

◆総合的にスキルアップ

ボイトレを始めたいと思っている人は、おそらく、「自分の声の弱点」を感じていることと思います。

 

よくある弱点としては、

 

・高い声が出ない

・声量が小さい

・声が嗄れてしまう

・声がひっくり返ってしまう

・自分の声が良くないと感じる

 

などが多いでしょうか。

各々、自分の弱点克服のために練習をしていくとき、頭においておくと良いのが、その理想の声を得る為には、それを直接改善するための練習以外のこともやったほうがよい、ということです。

 

少し掘り下げて言いますと、

一見、弱点改善とは関係ないように感じてしまう練習も必要、ということ。

 

例えば・・スポーツの・・

バスケットボールで考えてみましょう。

シュートの成功確率を上げたいからといって、シュート練習ばっかりやっていてもダメで、それ以外の「フォーム改善」「足腰の使い方」「筋力アップ」・・などもする必要があるかもしれないよ、ということ。

 

なので、高い声を出したい人は、「強く高い声」を目指しているわけで「弱く高い声」は、目指していないはずです。

嗄れない声にしたい人は、「強い声」を出しても嗄れないようにしたいわけで「弱い声」を出して嗄れないことは、考えていないのです。

 

◆つ・ま・り!

声は、バランスよく総合的に整えていく事で、結果的に、理想としていた声を効率よく作っていく事ができるものなのです。

一つの事だけを練習するのではなく、多角度から色んな練習を行い、特に、苦手な部分を重点的に練習する、という風に行っていってみて下さい。

 

そして、できるだけ、やらなくてよい練習はしない。

まずは、自分に必要な練習を見極めることから初めてみましょう。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!