仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

胸式呼吸のデメリット

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆胸式呼吸

歌う時は「腹式呼吸」が良いと言われます。

声を出す為に必要な呼気。その息をコントロールする為には、長いフレーズにも対応できる腹式呼吸が最適です。

 

では、逆に、胸式呼吸ですと、どんなデメリットがあるのでしょうか?

決して胸式でも歌えないわけではありませんが、これほどまでに「腹式」が浸透しているのには理由があります。

 

今回は、胸式呼吸のデメリットについてのお話しです。

 

◆息のコントロールが難しい

まず、胸式の場合、息をコントロールする事が難しい。

胸や肩周辺が膨らんで、お腹がへこむように息を吸ってみましょう。その後、なるべく長く一定の息を吐きつづけようとすると、どうでしょうか?

 

おそらく、数秒で息は無くなってしまいますよね。

また、その間、上半身の緊張感もスゴイです。。その状態は、喉周辺の筋肉にも力が入り易くなりますので喉に力みが入る人は、更なる、助長をしかねませんので、注意が必要です。

このように、ゆっくりと長く一定量の息を吐く為のコントロールが難しいのです。

 

息は肺に送り込まれますので、多少、胸が膨らみますが、肩周辺が大きく上がるような吸気にならないように。

 

◆大きな声に向いてない

強い息を送り出す為には、腹部の筋肉運動(横隔膜)が欠かせませんが、胸式呼吸の場合、その筋肉が使えない状態となってしまうので、強い呼気圧が生み出せず、大きな声が出しにくいのです。

 

そして、胸式呼吸で大声を出そうとすると、力を体の、みぞおち辺りに集中させるような力みを加えるアクションをしてしまう場合が多いので、ウルサイ声がでてしまいます。(←歌声としては良くない声)

 

このように、肩が下がり、ため息をつく時のような胸式呼吸は、歌には向かない要素がいくつもあります。

 

胸式でも歌えないわけではありませんが、より安定した歌声を届ける為には、やはり腹式呼吸は必須!腹式呼吸は、誰でも日常的に行っている呼吸ですので、慣れてしまえば、すぐ歌でも活かせるはずです。

 

胸式呼吸で歌いにくい、、と感じていた方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!