仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

音程は気にし過ぎないことも大事

f:id:loosevoice:20161017130731j:plain

◆どうしても気にしがちな音程

歌う時に、まず気にしてしまうのが「音程」だと思います。

 

「音を外したらどうしよう・・」という心配から、正確な音程を取ろうとする意識が強くなるのは当然です。音程は、とても繊細なもので、例え、自分で合っていると思って歌っていても、実際は、微妙にズレていたりすることもよくあります。

 

それは、録音して聞いてみないと分からないようなレベルだったりもします。それぐらい音程は繊細なもの。歌を録音して、作品として公開したりするわけでなければ、あまり音程を気にし過ぎないようにすることも必要なのではないかと思います。

 

音程を気にし過ぎて、逆に、音が取れなくなってしまう、、というケースも少なくないのです。

 

◆気持ちよく声を出そう

歌っていて音程を気にしてしまうと、「守りの歌い方」になってしまう。

 

つまり、本来は、解放的に気持ちよく声を出して、聴いている人を楽しませるという目的があるにもかかわらず、それができなくなり、なんとなくこなす歌い方になりがちです。

 

聴いている側からしますと無難に歌ってはいるけど、なんかイマイチ伝わってこない・・という印象になります。

音程を意識し過ぎるあまり、単純に、大きい声を出すことや、歌を楽しむこと忘れないようにしましょう。

 

また、カラオケの採点バーに気を取られてしまうもの同じです。声が小さくなり、声に張りが無くなると、機械も音として感知しにくくなり、声がぼやけて、点数が下がる・・という事も考えられます。

 

もちろん、音程をしっかりとる事は重要です。

しかし、声が小さくなったり、ぼんやりした声になったり、歌を楽しめなくならないように気をつけながら練習をしてみましょう。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!