仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

1時間のレッスンで「発声練習」はどれくらいやるの?

f:id:loosevoice:20170627230148j:plain

◆歌えない原因が発声にある場合

1時間のレッスンの中で、発声練習はどれくらいやるの?

 

実際に、ボーカルスクールに通った経験がある人は、おおよそ、検討が着くと思いますが、平均的な長さとしては、10分~15分ぐらいでしょうか。

 

先生のピアノに合わせて行う場合や、発声教材の音源を使用して行う場合などがあります。どのような方法で発声練習をするか、また、どれくらいの時間を発声練習に充てるか。

 

その判断をするのに重要になってくるのが、

「上手く歌えない原因が、どこにあるのか?」という事を判明させることです。

 

◆Loose Voiceは少し長めの発声時間

上手く歌えない原因は、ほとんどが声の出し方(発声)にあります。

だから、そこを改善せずに、すぐに歌ったとしても

「高い部分が出ない・・」

「音が外れる・・」

「喉が苦しくなる・・」

など、1回歌っただけで、その原因は明らかに。。

 

そうなった時に、やるべきことは発声練習なわけです!

という事は、初めから発声練習に十分な時間をかけて声を作った方が、効率が良いし、本人も気持ちよく歌えるということ。

 

という事を踏まえますと、

Loose Voiceでは、発声練習は、平均20分~30分ぐらい行います。それぐらい時間をかけるべき重要なものと考えているからです。

 

上手く歌えない原因の「根底にあるもの」は何か?

そこが見えていれば、最優先してトレーニングをしていく事で、上達の最短距離を進んで行く事ができます。

 

すぐに歌いたくなってしまう気持ちを、ぐっとこらえて、基礎発声にじっくり時間をかけてみましょう。それにかけた時間は、あなたを裏切らないはずです。ぜひ、参考にしていただき練習に取り組んでみて下さいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!