仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

口の中で声を転がすとは?

f:id:loosevoice:20180411224405j:plain

◆声が口の中に納まっている体感

ボイスコントロールが出来ている人は「声を口の中で転がしているような感じで歌うといいよ」と言ったりします。

 

これは一体、どういう状態なのか。

まだ発声トレーニングの初期段階の場合は、その感覚が分かりにくい場合が多いのですが「声を口の中で転がす」とは、比喩的な表現、かつ、個々の体感に基づいた感覚的な表現であるという事を、まずは押さえておきましょう

 

つまり、同じ状態であっても、そう感じない人もいるという事になります。なんかとっても曖昧・・ですね。

 

◆どういう状態なのか?

「声を口の中で転がす」というのは、声が軟口蓋周辺に常に当たっているような感覚があり、喉の脱力ができていて、喉奥の空間も十分に確保できている状態。

 

その状態で歌っている時に感じるものになります。

なので、喉が上がってきたり、喉周りに余計な力が入っている場合は、その体感は得られないでしょう。

 

声を声帯でしっかりコントロールできており、「言葉」と「声」を分離して発声するイメージができるようになっている必要があります。

 

歌う時、口を大きく開けると、声を軟口蓋に当てるというよりは、前方に出すというイメージが強くなりますので、この「声を転がす」という体感を得ている人は、割と、口を大きく開けない歌唱スタイルの人が感じやすい傾向にあると思います。

 

女性の演歌歌手の方などがイメージし易いでしょうか。

口をあまり開き過ぎず、口の中で声と響きを作って歌っているような状態です。

 

ボイスコントロールができてくると、省エネで且つ、効率の良い声で歌っていく事ができるようになるという事ですね。近い表現で「話すように歌う」というのもニュアンスは同じだと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!