仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

歌が上手いと印象に残る人

f:id:loosevoice:20180417204914j:plain

◆歌が上手いという印象

カラオケやライブステージで人前にして歌う時に、聞いている人には、やはり「上手い!」と思ってもらいたいという気持ちはありますよね。

 

その「上手い」ですが、歌う側と聞く側で、少し感じ方が違うものなんだ、と思っておくと気持ちが楽になるかもしれません。

考え方、捉え方を、少し変えるだけで、あなたも歌が上手いのカテゴリーに入れるかもしれませんので、ぜひ、読み進めてみて下さいね。

 

◆歌う側の「歌が上手い」

歌う側は「上手い」と思われる為には、

・声量を出す

・高音を出す

・気持ちを込める

・テンションを高く熱く歌う

・歌にテクニックを組み込む

このような事を、つい考えがちになります。すると、どうなるかと言いますと、自分で声をコントロールできる範囲を超えてしまい、アクセルをぐんぐん踏み込んだような、突進型の歌い方になります。

 

結果として、余裕のない慌てた歌になり、テンションや気持ちとは裏腹に、聞いている人にとっては、あまり上手いという印象は与えにくい歌唱になります。

 

基本、歌を聞いている側のテンションは「平常心」なので、そこに大きな溝(テンションの差)が生まれてしまうわけですね。

 

では、声量や高音、テクニックも使わないで「上手い」と思われるには??

 

◆聞く側としての「歌が上手い」

誰しも始めは、リスナー(聞く側)であると思います。

好きな歌手の曲を聞いている、自分を想像してみて下さい。

もちろん、プロの歌手であれば、声量、音域、テクニックも十分備わっていることでしょう。でも、それ以前に、とても重要な事があります。

 

それは「聴きやすい」という事です。

まず、聞いていて「心地よい、自然である、違和感がない」

 

テクニック的な部分は、これがあってから獲得しても遅くないし、その方が順序としては正解のように思います。

 

では、その「聴きやすい」には、どういった要素が含まれるのか??

 

それは、

 

・音程が合っている

・リズムが合っている

・声が心地よい

 

この3つが揃えば、おおよそ「聞きやすい」という状態に持っていけます。とても基本的な部分ですよね。そうなんです、歌は、自ら難しくしなければ、とてもシンプルで分かりやすいものなのです。

 

例えて言いますと「子守唄」のようなもの。

「子守唄」を上手く歌ってやろう!とか思わないですよね、きっと。そして声量も要らない。ただ、心地よい声で歌うだけです。

 

 

歌う側となると、ついつい、「聞く側として歌ってほしい歌い方」を無視してしまいがちになりますが、一度、立ち止まって考えてみると、一気に、あなたの歌が好転するかもしれません。

 

今回は「歌が上手い」と「聴きやすい」の関係のお話しでした。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!