仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

リズム感が良くなると歌のココが変わる

f:id:loosevoice:20180503110055j:plain

◆リズム感つける

音楽に欠かせない要素の一つに「リズム」があります。リズムがある事で、歌詞のメッセージを軽快に、心地よく、リスナーに届ける事ができます。

楽器の場合、リズムというものが重要であることは、初心者の段階で、すぐに分かるものです。ギターでもピアノでも、音が出たら、まずはリズムトレーニングから行っていくほど、重要な要素です。

 

歌の場合も、リズム感のある歌い方と、そうでない歌い方には、あきらかに聞きやすさに差が生まれてきます。

 

今回は、リズム感があり、歌詞をリズムに乗せて歌うとどういう点においてメリットがあるのかをお伝えしていきます。

 

①歌詞に躍動感が出る

リズムを感じながら歌詞を乗せて歌うと、歌詞に自然な抑揚が生まれます。そして軽快になり、歌詞に躍動感が生まれメッセージが伝わりやすくなります。

 

よくある悩みの一つ、歌い方が単調になり、平らで変化のない歌唱から脱することができます。

ゆったりバラード系であってもリズムに乗せる事で、間延びして、だら~っとした歌い方にならずに済みます。

 

②いい意味で歌が楽になる

歌う事は、相当なエネルギーを使います。でも、余計な力みや緊張は不要です。同じエネルギーをずっと出し続けるのは、歌う側も聞く側も、少々しんどいものです。

 

リズムを感じて歌う事は、そのエネルギーを分散させる事ができるので、色んな面で歌唱が楽になります。

 

具体的には、

 

・体力的に疲れにくい ⇒声量が自然に変化するから

・ノドが楽になる ⇒息を上手に使えるから

・音程が取りやすい ⇒瞬発的な声を出せるから

 

声が出しづらい、音程が取りにくいという場合、根本的な原因は、ノドの使い方にあるのですが、リズムを感じる事で自然に解消される場合も多々あるのです。

 

③カッコイイ歌い方になる

最後は、かなり抽象的な部分ですが歌い方がカッコよくなります。

 

なぜ、カッコよく感じるのか?

楽器演奏という広い視野から見た時に、基本は「メロディー(単音)」と「リズム」の2つがあります。

 

美しさ、切なさ、情緒など、心情的な部分を感じ取る事ができるのはメロディーになります。音階がある楽器は、まず、メロディーラインが耳に残ると思います。

 

では、音程の無い楽器といえば??

打楽器、分かりやすいのが「ドラム」ですよね。ドラム演奏を見て思うのは、カッコイイ、シブい、オシャレなど。リズムだけでそう思わせられるのが打楽器です。

 

つまり、歌の場合もリズム感のある歌唱を行うと、そのような印象を与える事ができます。

 

リズム感は、音楽をやる人にとっては、とても重要な要素です。

歌においても「①リズム②メロディー」という意識順序で歌ってみると、歌が良い方向に変化していくと思いますので、ぜひ、試してみて下さいね。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!