仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

録音した自分の歌声に感じる「ギャップ」

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆自分の声を録音する

あなたは、自分の歌声を録音して、聞いてみた事はありますでしょうか??
録音は、スマホの「ボイスメモ」などのアプリで簡単に録音する事ができます。


レッスンでも、時々、生徒さんの歌を録音したりするのですが、皆さん、もれなく嫌がります。。自分の声を聞きたくない、と思ってしまうみたいですね。でも、客観的に聞かないと歌は上達していかないのですよ””


例えば、毎朝、学校や仕事に出かけるとき、休日に遊びに出かけるとき、家を出る前に鏡の前に立って、髪型や洋服が似合っているか、今日の雰囲気に合っているか、チェックすると思います。「ちょっと合わないな~」と思ったら、違う洋服を選ぶでしょう。

すると、徐々に、洋服のセンスが上がっていきます!慣れてくると、もしかしたら、鏡の前に行かなくても、良い感じかどうか、分かるようになってくるでしょう。


歌も、それと同じなのです。

 

今回は「録音した歌声が、思っている声と違うんだけど!?」という疑問を解決していきます!

 

◆なぜ録音した声に違和感を感じるのか?

それは「声の伝わり方」が違うからです。

 

具体的に言いますと、

◎自分自身で聞いている歌声は?


①自分の体に振動(主に頭の骨)して、耳に伝わる音(骨導音)と、他の人が聞くのと同じように、②空気を伝わって耳に届く音(気導音)が、混ざった音を聞いている。

 

◎他の人が聞いている歌声は?


②空気を伝わって耳に届く音(気導音)だけが聞こえている。
とてもシンプルですよね。


自分だけが、「いつもの歌声と違う」と感じているだけで、他の人からすれば、「いつもの一緒だよ」なのです。

歌声のセンスとスキルを上げるためには、何度も「録音&聞く」という練習を繰り返していく事が、とても大切です。


最初は、少し抵抗があるかもしれませんが、色んなことに気づけるので(自分の癖や、声の魅力、弱点も含めて)すぐに修正できるので上達が断然早いです!!

しっかりと鏡の前に立って、自分の声と向き合って、センスを磨いていきましょう。ひぜ、参考にしてみてくださいね。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!