仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

【札幌】 出張ボイストレーニングを終えて

f:id:loosevoice:20180618222532j:plain

◆札幌 出張ボイストレーニングを終えて

6/9~6/10に、初開催した札幌でのボイストレーニング

札幌駅周辺は、音楽スタジオも多く、バンド活動などをしていくにあたっては、特に大きな不便もなく、良い環境が整っているような印象。

 

ボーカルスクールを含む音楽スクールも多数あり、指導面でも札幌まで足を運べば選択肢は少なくはないと思います。

 

そんな環境の札幌ですが、

今回、ボイストレーニングに来て下さった方々の主な悩みは、一言でいいますと「歌で思うような声が出ない」という事。

 

具体的には、声量と音域です。

60分間の中で、ヒアリングから発声練習のエクササイズを行っていくと、その時間は、かなりあっという間!なんです。トレーニングを受けている側からしますと、もしかしたら長く感じてしまうかもしれませんが、自分としては90分ぐらいやりたいかな・・と(^^)

 

◆初めの発声でここを確認している

声の悩みをヒアリングさせて頂いた後で、シンプルな音階に沿って声を出して頂くのですが、その時に確認しているのは次の項目です。

 

●声量=声帯を閉じる力があるかどうか。(地声&裏声)

●音の移動=低音~高音への音の移動が滑らかかどうか。

●喉詰めの癖があるかないか。

 

この3点を確認し、不足している部分や過剰な部分を調整して、声を作っていきます。特に「喉詰め」が入っている場合は、少し時間がかかるケースもあるので、今後の自主練習法をお伝えなどします。

 

トレーニングをしているこちらも、毎回、新たな発見があります。あなたが「どんな意識を持って今の発声状態になっているのか」を知るのはとても重要な確認事項です。

 

例えば、声を頭に響かせるイメージがある・・とか。

お腹から声が始まっているイメージがある・・とか。

 

そういった意識で、喉や身体の筋肉が反応し、声の出しにくい、出しやすいに少なからず関与してきます。良い効果を生んでいるものは変える必要はありませんが、悪い効果となっているものは修正が必要。

 

これは本人に聞いてみないと分からない事なので、ヒアリングがとっても大事なのです!

今回の収穫を、また、仙台のレッスンで皆さんに還元していけたらと思います。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

広告を非表示にする