仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

自分らしく歌うためのファーストステップ

f:id:loosevoice:20170215011652j:plain

◆自分らしく歌う

歌の練習は「既存曲のカバー」という形が一般的ですよね。カバー曲の場合、歌手本人が歌っている一つの完成形が、すでにあるわけなので「自分らしく歌う」ということが、少し難しく感じる時があります。

 

自分らしく歌いたいと思っている人にとって、一番言われたくないのが、

「モノマネしてるみたい・・」という感想です。

 

これは、自分という個性が活かされていない状態なので、魅力的にも少し残念に感じられます。

 

では、どうすれば自分らしくカバー曲を歌う事ができるようになるのか?

今回は、自分らしく歌う為にとても簡単にできるコツをお伝えいたします!

 

◆歌声を(まず)自分の耳に入れる

「歌っている時の声を、自分の耳でしっかり聞きながら歌う」

はい、たったこれだけです!

 

えっ、そんなの自然にやっているよ。という人が多いと思いますが、聞いているのは「言葉ではなく音程」という人が結構多いのです。今回は「音程ではなく、言葉として自分の声を聞く」ということ。

 

もう少し深くお伝えしますと、

「自分の歌声を聞いて、自分の言葉(=普段話している感覚)として言えているかを確認する」

 

少しでも歌手本人の声が頭の中で鳴っていると、この作業は、上手く行う事ができません。

例えば、自分が言う「ありがとう」と、誰かが言う「ありがとう」は、音色や発音が微妙に違います。

それを、誰かではなく、自分が言っている感覚で歌も歌えていれば、自分の言葉(メッセージ)として歌を届けられます。

 

逆に言えば、誰かの言い方で歌ってしまうと、メッセージ力は半減してしまい、なんか嘘っぽい??という印象の歌になってしまう場合もあります。

 

少し意識を変えてあげるだけで、すぐに実践できますので、ぜひ、試してみて下さいね。自分の歌を録音して聞いてみた時の印象が変わってくるはずですよ!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!