仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

「高音が出ない」と諦める前に

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

「出せる音域には個人差がある」

声は、男性、女性の違いや年齢、人の持つ声帯の形状によって変わってきますので、当然、出せる音域にはある程度、個人差が生まれてくるものです。

 

しかし、

「自分の地声で出せる音域は、これが限界なんだ..」と簡単に諦めてしまっている人が少くないように思いますので、今回は、そんな方へのメッセージです!

 

◆低音~高音まで楽な発声状態か?

まず、低音から高音まで声を出していった時に、喉まわりが、しゃべっている時のようにリラックスした楽な状態になっているかを確認してみましょう。

 

もし、喉に力みを感じている状態であれば、まだ、あなたの本当の声(音域)が出ていない可能性があります。

 

喉が力む → 高音が出ない → 自分の限界と思ってしまう

この発想は間違い。

 

これは足に重りをつけながら100メートルを走っているような状態です。いい記録が出るわけがないですよね!まずは、重り(喉の力み)を外してからが本当のスタートになります。

 

◆小さい声であるが為に地声高音が出ない

声が小さい場合、喉の中では何が起きているのか??

 

それは「声帯をしっかりと閉じれていない状態」

声帯がしっかり閉じれていないというのは、楽器で言いますと、「音自体がきちんと出ていない」という事になります。

 

つまり、音が低いとか、高いとかの以前の問題で、頼りなく不安定な「音(声)」という事。

 

不安定な声では、高い声を出すことはできませんよね。

もし、歌声が小さい、、という場合は、まずある程度の声量をつける事を優先する必要があります。

 

以上、お伝えした2つの状態のどちらかに当てはまる場合、

高い声を出せる可能性は、十分にあるという事です!

 

ぜひ、現状を正しく把握して、自主練習のお役に立てて頂ければと思います。それでは、また!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!