仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

「喉を開ける」ってどういう状態?

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

早速ですが、

【歌う時は、しっかり喉を開けましょう!】

 

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

 

歌や発声について、少しでも学んだことがある人は、必ず、どこかで聞いたことがあるフレーズだと思います。

 

でも、この「喉を開ける」という状態って、いったい、どんな感じなの??と、疑問を抱いている人も少なくないと思いますので、今回は、「喉を開ける」について、お話ししていきたいと思います。

 

◆なぜ「喉を開けましょう」と言われるのか?

 

まずは、この場合の「喉」とは、どの部分を指しているのかといいますと、鏡で喉の奥を見た時の突き当り部分から、少し奥に入った喉ぼとけ部分(声帯がある)までの範囲を指しています。

 

つまり「喉の奥部分の空間」という幅を指しているのですね!

 

ここを余計な力みが入らない程度に、あくまで自然体で広く開けておく、という事になります。

 

なぜ「喉を開ける」という意識を持った方がよいのかと言うと、言葉によって、その空間の広さが変わってしまうからです。

 

日本語の「あ・い・う・え・お」の母音は、普通に発音すると、舌と喉ぼとけの位置が、微妙に動きます。

 

更には、子音が入ってくると、もっと変化が加わりますよね。

 

なので、声の響かせる空間を確保しておくためには、どんな言葉がきても、喉の奥を広く開けておく事が必要な為、「喉を開ける」という意識を、常に持っておくことが大事になります。

 

 

◆どれくらい開けるものなのか?

 

じゃあ、どれくらい開ければいいの?

という疑問ですが、これは、一言で回答するのは、少し難しい、、のです。

 

その訳は、普段の真顔の状態でも、歌う事に、最低限必要な分の「喉の開き」は、すでに確保されているからです。

 

だから、そのまま歌えば、何も問題ありません。

しかし!!

 

大概の人は、歌っていると、喉の空間が狭くなり、苦しそうな声になってしまう事が多いのです。

だから、言葉や音程に左右されずに、ずっと喉の奥を開けておく事が必要なのです。

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!