仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

歌う時、腹筋に力をいれると声は..

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

歌う時に、お腹まわりにはどのような力が入っているか?

どの部分に力が入っているように感じるか?

 

声は喉で生まれますが、声の材料である「息」は、お腹を使ってコントロールをします。なので、歌う時に必要な息を安定して送り出すことができれば、歌声も安定感が生まれる事になります。

 

お腹を使うにあたって、

一つ、気を付けて欲しいことがあります。

 

それは、声を出している時「みぞおち」に力が入っている場合です。

※おへその上の腹筋が6コに割れる部分。

 

お腹から声を出そうとして、この部分に力を入れてしまいますと、少し痛々しい声(強すぎる声)になる場合があります。

 

実際に、腹筋をしながら声を出してみると分かると思いますが、相当、苦しそうな声になると思います。息も上手く流れませんし、音程さえも上手く取れなくなる感じがすると思います。

 

腹直筋に力を入れますと、声帯が過剰に閉じてしまうのです。

 

 

◆歌う姿勢も大事

腹直筋に力が入ってしまうのは、歌う姿勢が、こんな時にも注意が必要です。

 

・後ろに反った姿勢になる

⇒体重が後ろ側にかかっている時、腹筋に力が入ります。

 

・猫背になる

⇒肩が下がり背中が丸くなると、腹筋に力が入ります。時に、高い声を出す瞬間に、この動きを行っている人が多いと思います。

 

腹筋に力を入れる事で「声が出しやすい」と感じる人もいると思いますので、もし、喉にダメージがなく、歌声も自分の理想に近いものになれば問題はありません。

 

ですが、声が出しにくいとか、歌っていると喉が痛くなるという人は、ぜひ、気にしながら歌ってみて下さいね。

それでは、また!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!