仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

ボイストレーニングで喉の脱力は獲得できるの?

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

「歌っていると喉に力みが入るのですが、

ボイストレーニングを受ければ改善できますか?」

 

この質問の返答は、基本的には「YES」なのですが、実際に、ボイストレーニングを受けていても、喉の力みが取れないという人は、少なくないと思います。

 

そこには、知っておきたい、いくつかのポイントがありますので、今回、お伝えしたいと思います。

 

◆なぜ、喉に力みが入るのかを説明してもらいましょう

 

あなたが指導を受けているボイストレーナーに、その原因を説明してもらいましょう。

 

喉に力みが入る原因は、一つではありません。その人によって、微妙に違っています。まずは、なんとなくでもいいので原因を自己把握できておくと良いです。

 

◆気道が狭くっている場合(=喉ぼとけや舌が過剰に上がる)

 

この場合、まずは、気道をしっかり確保できるように、喉ぼとけや舌の奥が過剰に上がらないようにトレーニングする事を優先する必要があります。

 

※高い声、強い声を出す練習は、ある程度の脱力を獲得できてから行った方がスムーズです。

 

ここは程度問題になりますが、多少、喉が上がっていたとしても、力みを感じない程度であれば問題ありません。

 

無理に、喉ぼとけや舌を下げて発声するのは、逆効果になる事がありますので、基本は、自然体な位置(話している時の位置)であれば大丈夫です。

 

改善が必要なのは、瞬間的に喉がグッと上がり気道が狭くなる人です。この癖がついていると声帯をコントロールして、高音や声量を上げる事が、やりづらい状態になります。

 

過剰に喉や舌が上にあがってきて、歌うと喉が苦しい...という状態の人は、そうならないようにする改善トレーニングをしていますか?

 

この返答によって脱力発声ができるかどうかに大きく関わってきます。

 

ボイストレーニングを受けて、喉が脱力できるかどうかは、間違った喉の運動(過剰な喉ぼとけや舌の上昇)を改善する直接的な練習を取り入れているかどうか、が大きなポイントになります。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!