仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

息たっぷりのファルセットが出せる重要性

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

地声で高い声を出そうとした時、高音になればなるほど、喉が辛くなり声が出しにくくなる。

 

でも、裏声を出せば高い声が出る。

 

という事は、地声の高音も、できるだけ裏声発声の状態に近づける事ができれば音域も広げる事ができるわけなのですが、そこで練習しておきたいのが、ファルセットボイス(ため息のような柔らかい裏声)です。

 

なぜ、強い裏声ではなく、柔らかいファルセットが重要なのかと言いますと、強い裏声を出すと地声を強くする感覚の喉の使い方になってしまう場合が多いからです。

 

その喉の使い方になってしまうと、裏声を出しているにも関わらず地声の喉の使い方に近いので、本来練習したい純粋な強い裏声(ヘッドボイス)から遠ざかってしまうのです。

 

裏声を練習する手順としては、

 

まずは、息たっぷりの裏声(ファルセット)を出せるようにします。音階を上げていっても大きな声にならないように、声の音色がほぼ統一されるようにします。

 

その次に、そのファルセットから徐々に強い裏声(ヘッドボイス)に変化させていきます。

 

そのヘッドボイスは、地声を強く出しているような感覚(声が胸側に響いている感覚)ではなく、鼻や頭側に響いているような声にすることがポイントです!

 

そうして強い裏声を作っていく事で、地声の高い音を出す時の喉の使い方がイメージしやすくなります。

 

高音発声の為には、裏声を練習しようと言われますが、その裏声の作り方も適切な手順を気を付けてみるとよいでしょう。

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!