仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

独学でボイトレをする時の注意点

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

「独学でボイトレをする事は可能ですか?」

 

もちろん、トレーニングを自分で組み立てて行っていく事は可能です。しかし、独学でやっていこうとした時に難しいのはジャッジメントがいない」事です。

 

例えば、プロスポーツの世界でも、必ず、コーチやトレーナーと呼ばれる人が側近におります。プロ選手と呼ばれる人でさえ、自分を客観的に見てくれて軌道修正してくれるコーチやトレーナーが必要という事。

 

つまり「自分の状態を自分自身だけで判断するのは、かなり難しい」という事が分かります。

 

ボイトレにおいても、今の発声状態が良いのか悪いのか、又は、良い方向に向かっている過程にあるのか、無いのか。

 

そのジャッジはとても難しい。

まして、ボイトレをしよう!と思っているという事は、何かしら、発声状態に違和感を感じているという人が大半だと思います。

 

という事は、積み重ねる練習の前に、改善する練習を優先する必要があるケースが多いのです。

 

※ただ走るだけなら自分でもできますが、走り方の改善をするのは難しい。

 

では、独学でボイトレをするにあたって、気を付けておきたい事は何なのか??

 

1、現状把握

まず、おさえておきたいのが現状の発声状態です。

「声が出しにくい」という大雑把なものではなく、更に、細かく分析しておきましょう。

 

どんな声が出しにくいのか?

 

・低音の強い声なのか、弱い声か。

・高音の強い声なのか、弱い声か。

・裏声か地声か

・言葉によって出しにくさが変わるのか

 

その他、出しにくい現状を確認しておくことが必要です。

 

2、具体的な体感

出しにくい声の時、喉の中で何が起きているか?

これは実際に、その事が起こっているわけではなくてもいいので、「どんな感じがするか」を確認しておきましょう。

 

・息がつまる感じ

・息が漏れる感じ

・喉が絞まる感じ

・喉が上がってくる感じ

・舌が硬くなっている感じ

 

3、録音して声を確認

出しにくい声が、どういう声かを録音して聴いてみましょう。

 

・苦しそうに聞こえる

・かすれているように聞こえる

・弱々しく聞こえる

・響いていないように聞こえる

・音程がズレているように聞こえる

 

以上の3項目は、必ず、把握しておくと良いでしょう。そこから、その症状に合った改善トレーニングを行っていくと、効率的に練習を進めていく事ができます。

 

きっと、現状は、十人十色だと思います。という事は、練習しなければならないボイトレも、微妙に皆違うという事です。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!