仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

普段の声から高音発声を使えばいい?

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

世の中には、低い声が出しやすい人、高い声が出しやすい人、両方おりますが、どちらかといえば後者は少数でしょう。

 

なぜ、同じように生活して毎日のように声を出しているのに、高い声が出しやすい出しにくい、、という人に分かれてしまうのでしょうか。

 

もともとの喉の作り?天性のもの?運?努力・・?

 

喉という楽器は、人間すべて同じ構造です。

多少の声帯の厚みや長さは違っていても、そこまで変わらない。

 

なので、使い方さえ合っていれば、高音を出すことは可能と考えるのが普通です。

 

そこで、何に違いがあるのか??という疑問。

 

『普段の声の高さ』

 

少なくとも、この要因が考えられると思います。

別に、普段の声が低いから悪い、高いから良いという事ではなく、高い声で話している人の方が「喉の楽器も高音使用に慣れている」という事なのです。

 

だから、いざ、歌で高い声を出す時も、普段の使い方に近いので出しやすい。

 

逆に、声が割と低めの人は、喉の使い方にかなりギャップを感じるのでコントロールが難しく感じてしまう。

 

では、低めの声の人は、少し高めにして話せばいいの??

 

実践してみる価値はあると思います。

 

普段から、裏声のような声で話す人、キャーキャー声をよく出す人、アニメのキャラクターのような声をマネできる人、動物のサルなど、かん高い声をマネして遊んでいるような人。

 

そういう人は、高音が出しやすい傾向にあります。テレオペレーターの人が話すような、明るく聴き取りやすい声を意識してみるのも良いでしょう。

 

喉が「ジリジリ」と強く鳴るような低音の響き(朝起きたての声のイメージ)を、ずっとは癖付けないように気を付けてみるという事です。

 

高い声を出すというのは、結構なエネルギーを使いますので、無理のない程度に、遊び心を入れながら試してみてくださいね!

 

written by KAN

Twitter

https://twitter.com/loosevoice

■仙台Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!