『喉の力み改善ボイトレ法』

数年ボイトレをしても変わらないあなたへ

『喉の力み改善ボイストレーニング法』

数年ボイトレをしても変わらないあなたへ Loose Voice

歌う時「喉を開ける」の具合が知りたい

こんにちは、Loose VoiceのKANです!


歌う時に「喉を開けましょう」という事は、よく耳にしますよね。


でも、どれくらいの状態が「喉が開いている」のか分からない人が殆んどだと思います。


開け方の基準というものは存在しませんので、最終的には発声が楽で自分の出したい声の音色になっていればOKと思っておきましょう。


今回は、開け方の目安と注意点をご紹介します!


■開け方の目安と注意点


なぜ、歌う時に喉を開けましょう、というのか。


それは、多くの人は高音になると喉や舌の位置が上がり過ぎてしまい、口の中の共鳴空間が狭くなる為、それを想定して、事前に喉を開ける事で広い共鳴空間を維持したいからです。


共鳴空間を広く確保する事で、良い声の響きが得られます。
ただ、あくびのように喉を開け過ぎると、不自然な力が入り、以下のようなデメリットが生まれます。


・声が籠る

・声楽のような声になりポップスに向かない

・高音が出しにくい

・不要な力みが生まれる


つまり、過剰に開け過ぎてマイナスな状態になってしまってはダメです。


最終的な開け方の目安は「普段の会話と同じ」で大丈夫です。


この目安は、曲のジャンルや歌唱スタイルを度外視した、あくまで発声面だけを見たときの目安になります。


ボイストレーニング初心者は、喉周りの筋肉が硬い場合が多いので、初めは過剰に喉を開く事で筋肉が緩んできます。


緩んできた後は、過剰に開けなくても自然に会話するレベルの開け方でも歌う事ができると思います。


結果、自然に開けている時の方が、歌もリラックスして気持ちよく歌えるものです。
喉の開け方は、その人の発声段階にもよりますが、なるべく無理のない自然な状態を心がけておきましょう。

 

****

無料オンラインボイトレ相談の詳細は、コチラからご覧いただけます!

www.loosevoice.com

www.loosevoice.com