『喉の力み改善ボイトレ法』

数年ボイトレをしても変わらないあなたへ

『喉の力み改善ボイストレーニング法』

数年ボイトレをしても変わらないあなたへ Loose Voice

喉が上がって苦しい人の簡単練習法!

こんにちは、Loose VoieのKANです!

高音になると喉が上がって苦しくなる人への簡単練習をお伝えします。

 

喉ぼとけは、引き上げる筋肉と引き下げる筋肉でバランスを取りながら、日常的に上下運動しています。

 

ただ、歌う時は、喉が上がり過ぎると気道が狭くなるため、苦しくなり、高音どころか低音も出しにくくなってしまいます。

 

なぜ、高音になると喉が上がるのか??

 

本来は、声帯の運動だけで音程を上げていくべきなのですが、その声帯運動の感覚が掴めていないと、他のパーツを使って発声をカバーしようとし、無意識に喉を上げてしまうという事が考えられます。

 

喉を上げる事で気道を狭くし、多少苦しくなりますが、息の通り道を狭め、音は上げやすくなるわけです。

(※口笛で高音を出す時と同じイメージで出口を狭くしている)

 

無理なく、喉の上昇を改善する練習方法として「斜め上を見て発声する」をお勧めします!

 

顔を斜め45度ぐらい見上げて発声していきます。

 

その理由は、上を見ると喉が上げられなくなります。実際に上を見ながらツバを「ごくっ」と飲み込んでみてください。

(きっと、苦しいと思います。)

 

これを利用して発声します。

ゆっくり丁寧に「ハッ、ハッ・・」と声を出してみてください。この時、顎は軽く引いた状態で口をポカーンと開けます。

 

少しでも喉に力みを感じたら音程を下げて、やり直します。地味な練習ですが、無理なく改善する方法としては、おススメです!

 

地声と裏声で両方の声でやってみてください。歌手で、軽く上を向いて歌っている状態を、よく見かけますよね。その感覚を掴んでいきましょう!

 

Written by KAN

www.loosevoice.com

twitter.com

「喉締め症状の3つのタイプ」あなたはどれ?

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

喉締め発声には、いくつかの症状別タイプがあります。


今回は、その3タイプをご紹介しますので、あなたは、どのタイプに該当するのか確認していただき、自主練習の参考にしていただけたらと思います。

 

【タイプ①】
声帯を強く閉じ過ぎる

これは、低音を出す時の発声のまま、高音を出そうとしている状態になります。勢いや、力づくでは音程を上げる事はできますが、苦しそうに聞こえたり、声が詰まって聞こえたりします。


改善方法としては、声の音色を、裏声と地声で揃えるような練習をする事で、喉の使い方を覚えていくのが良いと思います。例えば、同じ音を、裏声と地声、両方で発声して、声の音色が似てくるようにします。

 


【タイプ②】
喉ぼとけが上昇し過ぎる

喉ぼとけが完全に上がりきると息が止まってしまいます。多少の動きであれば、発声に、そこまで影響はないのですが、高音になるに比例するように上がってしまいますと、呼吸がしにくくなり苦しくなります。


喉ぼとけを無理やり下げて歌う事は、よくありません。


あくまでも、自然体で安定した場所に留めておくようなイメージがベストです。
しかし、喉の運動の癖として、引き上げてしまう筋肉が過剰に働いている場合は、一時的に、意識して喉を下げて発声を行う事で、バランスを取る感覚を身についていくと良いです。

 


【タイプ③】
タイプ①+タイプ②の合併

喉ぼとけが上がる事と、声帯を強く締めてしまう事が、同時に起こっている状態になります。実は、このタイプが一番多いかもしれません。


特に男性は、日常生活でも声を張り上げてしまう事が多いので、喉ぼとけを上げて叫んでしまうような発声の癖がつきます。


そして、気道が狭くなると同時に、声帯にも圧力がかかり過剰に閉じてしまいます。この場合は、両方の改善練習を平行して行っていく必要があります。

 

いかがでしたでしょうか。

あなたは、どのタイプに当てはまるのか、ぜひ、参考にしていただければと思います!

 

Written by kan

 

www.loosevoice.com

twitter.com

喉締め改善で初めにやるべき練習とは?

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

今回は、喉締め発声改善について、一番初めにやるべき練習法をお伝えいたします。


初めに、「喉(声)が締まる」とは、どういう状態のことなのでしょうか?


一言で表すとしましたら「息が止まりそうな状態」です。


声を出すためには、息を吐く必要がありますが、音程を上げていこうとした時に、息を止めていくような喉運動を入れてしまうと喉締めが起こります。

 

「息を止めていく運動」とは、自分で止めるつもりがなくても止めてしまう運動という事で、少し詳しく言いますと、声帯の長さ、厚さを変えないで(=低音と同じ状態)で音を上げていこうとするので、結果的に声が重くなり、息が流れにくくなるという事です。


では、喉締め発声改善の初歩練習として何をすればよいのか?

 

それは「息をたくさん吐きながら発声する」です。


たくさん・・とは、

ティッシュを口の5㎝程度前にかざして「はっ」と発声した時に、ティッシュが、ふわっと揺れるぐらいが目安です。そして初めは、裏声でやってみてください。


地声ですと、声帯を締めすぎて息が吐きにくいと思いますので、まずは裏声から練習してみましょう。


音は、真ん中の「ミ~ド」ぐらいまでで、音を上げていっても呼気量が減らないように気を付けます。


実際に、歌う時には呼気をコントロールし、フレーズの長さに足りる分に調整する必要がありますが、喉締めの人は不要な締めつけを取る事が優先になりますので、多めの呼気で音階を上げていける状態を作っていきます。

 

初めから、無駄な息を出さないで、呼気を抑えて練習する方法もありますが、これは、喉締めの人にとっては難しいと思います。締めつけが過剰な状態なのに、ある程度、声帯を締めた状態から音を上げていくと、高音ではより締め付ける事になるからです。


まずは、呼気を増やして、喉の苦しさを軽減させていきましょう。

ぜひ、日々のトレーニングに取り入れてみてくださいね!

 

Written by KAN

 

www.loosevoice.com

 

twitter.com

声帯を閉じる意識で起こりがちなミス

こんにちは、Loose VoiceのKANです!


歌声を出す時に「声帯と閉じる」という意識を持って声を出している人が結構いるようです。


実際、声は、声帯が触れあい振動する事で生まれるものですので、声帯は閉じる運動をしているのですが、歌声だからと言って意識するのは、良くない結果を招く場合があります。


日頃、お話ししている時に「声帯を閉じて話すぞ」と思わないように、それは無意識に自然に起こっているものです。


声帯は息を通過させる事で自然に閉鎖(近づく)されるようにできています。


では「声帯を閉じる」という意識をして歌うとどうなるのか?


殆どの人は、息がスムーズに流れなくなり詰まっているような歌声になります。高音に向かうほど、それは顕著になります。


よく発声練習でエッジボイスから音を上げていくという方法がありますが、この練習はかなり難しく、締めつけが強くなり過ぎる可能性が高いです。


声が詰まって苦しい人は、声帯を閉じる意識よりも、息を吐く意識に切り替えてみるとよいでしょう!

 

www.loosevoice.com

twitter.com

「キー」を下げて上手く歌えているか?

こんにちは、Loose VoiceのKANです!


昨今のヒット曲は、キーが高く普通の声の高さの人からすると出せない音域が出てきます。


高い声を出す練習をして、原曲と同じキーで歌う事に挑戦してみても良いのですが、その前に確認してみてほしい事があります。


それは「キーを下げて歌った時に自分は上手く歌えているのか?」です。


現時点で出せるキーに下げて歌った時に、それでもあまり上手じゃないな・・という印象なのであれば、キーを上げる練習よりも、先にやるべき練習があるという事になります。


つまり、「上手に歌えないのは高音が出ないからではない」という事に気づくと思います。


キーを下げて上手く歌えない状態のままで、キーを原曲まで上げてしまえば、より難易度は高くなるわけですから、更に理想からは離れてしまうでしょう。


ここがボイストレーニング=歌が上手くなる」に結びつかない理由になります。


発声と歌唱は別という考えを持っておく必要があります。歌手も自分の声が一番良く響くキーを、それぞれ把握していて、その高さに設定して曲を作っています。


まずは、あなた自身のキーを探して、そのキーまで下げて歌を録音してみてください。
きっと、何を練習すべきかが明確になると思いますよ!

Written by KAN

www.loosevoice.com