『喉の力み改善ボイトレ法』

数年ボイトレをしても変わらないあなたへ

『喉の力み改善ボイストレーニング法』

数年ボイトレをしても変わらないあなたへ Loose Voice

歌う時「喉を開ける」の具合が知りたい

こんにちは、Loose VoiceのKANです!


歌う時に「喉を開けましょう」という事は、よく耳にしますよね。


でも、どれくらいの状態が「喉が開いている」のか分からない人が殆んどだと思います。


開け方の基準というものは存在しませんので、最終的には発声が楽で自分の出したい声の音色になっていればOKと思っておきましょう。


今回は、開け方の目安と注意点をご紹介します!


■開け方の目安と注意点


なぜ、歌う時に喉を開けましょう、というのか。


それは、多くの人は高音になると喉や舌の位置が上がり過ぎてしまい、口の中の共鳴空間が狭くなる為、それを想定して、事前に喉を開ける事で広い共鳴空間を維持したいからです。


共鳴空間を広く確保する事で、良い声の響きが得られます。
ただ、あくびのように喉を開け過ぎると、不自然な力が入り、以下のようなデメリットが生まれます。


・声が籠る

・声楽のような声になりポップスに向かない

・高音が出しにくい

・不要な力みが生まれる


つまり、過剰に開け過ぎてマイナスな状態になってしまってはダメです。


最終的な開け方の目安は「普段の会話と同じ」で大丈夫です。


この目安は、曲のジャンルや歌唱スタイルを度外視した、あくまで発声面だけを見たときの目安になります。


ボイストレーニング初心者は、喉周りの筋肉が硬い場合が多いので、初めは過剰に喉を開く事で筋肉が緩んできます。


緩んできた後は、過剰に開けなくても自然に会話するレベルの開け方でも歌う事ができると思います。


結果、自然に開けている時の方が、歌もリラックスして気持ちよく歌えるものです。
喉の開け方は、その人の発声段階にもよりますが、なるべく無理のない自然な状態を心がけておきましょう。

 

****

無料オンラインボイトレ相談の詳細は、コチラからご覧いただけます!

www.loosevoice.com

www.loosevoice.com

発声のままじゃない、自分の歌声を見つける方法!

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングを習っていると、この発声のままの声で歌うの??

と疑問に思った事はないでしょうか。

 

実際に発声と歌声の違うについて、お話していきましょう!


発声練習の目的は「音程や声量を喉に負担をかけずにコントロールする為」に行うもの。

 

平たく言えば、歌声の基礎を作っている状態です。

なので、逆に歌声では使わないような「変な声」を出したりもするわけです。

喉が楽に発声できる「感覚」さえ掴めれば(どんな声でも)OKなんです!

だから、発声のまま歌わなきゃいけない、とは思わなくて大丈夫です♪

 

仮に、発声のまま歌うと、

歌声としては不足状態になり「なんか、しょぼいんだよね・・」と感じてしまうでしょう。

 

歌声は【発声+曲のジャンル(雰囲気)+個性(スタイル)】などがプラスされたものになります。


発声のまま歌っても、ロックっぽく、ジャズっぽく、ゴスペルっぽくは、ならないでしょう。


じゃあ、自分の実際の歌声は、どうやって知るの?いくつかの方法がありますので、ご紹介しましょう。

 

その前に!!


歌声には、

【色気】もしくは【カッコよさ】を感じないと魅力的に聞こえません(超重要!)

なので、良い声を出そうではなく、カッコ声を出そうとか、色気のある声を出そう、と思った方が結果的に上手くいきます!

 

あなたの好きな歌手にも、どちらかを感じませんか??

 

 

■自然体派

→何も作り込まないで自然な声で歌いたい人は「カエルの歌」をカッコよく歌ってみてください。


童謡のような無垢な曲を歌ってみた時の声が、自然体なあなたの歌声です。
注意点は、ダサく聞こえないようにすること!あくまでカッコよくですw

 

■好きな声派

→好きな(歌手の)歌声のイメージがある人は、好きな歌声と自分の声の共通点を見つけて、歌声を作ってみてください。


共通点の例は「優しい声」「パワフルな声」「ハスキーな声」「ツンとした声」「温かみのある声」など。100%、自分の憧れの歌声になることは難しいので、必ず、自分の声との共通点を探してください。

 

■ジャンル派

→歌いたいジャンルがある人は、そのジャンルの雰囲気を出せる歌声を作ってみてください。


ただ、声が癒し系なのに、ロック風に歌いたいというのは、喉の負担をかけたり、客観的に見られた時に、「それは似合わないよ・・」と思われる可能性があるので、ある程度は自分の声のキャラクターを知っておく必要があります。

 

歌が上手いと思われる人は、自分に似合う曲を選んで歌っています。

または、自分らしい歌い方にアレンジします。

 

鏡でファッションチェックをするように、声も録音して似合っているかチェックしてみてくださいね!

 

****

無料オンラインボイトレ相談の詳細は、コチラからご覧いただけます!

www.loosevoice.com

www.loosevoice.com

【無料!】オンラインボイトレ相談会開催中!

こんにちは、Loose VoiceのKANです!


現在、Loose Voiceでは、無料のオンラインボイトレ相談を開催しております。


特に「喉締め発声」で声が上手く出せないという人を対象に的確なアドバイスを無料で行っております。


事前に、あなたの歌声(スマホで録音した音源でOK!)をメールで送信いただき、どういった発声状態かを確認させて頂きます。


そして、何が原因で喉締めが起こっているのか、次に改善方法をお伝えさせて頂きます。こんなお悩みがある方は、ぜひ、この機会に、オンライン相談をご利用くだささい!


■ワンコーラスは歌えるのに、曲の後半になると歌えなくなる


■音程が下がり気味になり歌手よりも暗い声に聞こえる


■息が足りなくなりフレーズのおしりで喉が締まる


■録音した声が苦しそうで聞いているのがつらい


実は、ちょっとしたコツやイメージで発声を変えることで、楽に出せるようになるのです。やり方は、実際に講師が出している声をマネするだけ!


そのマネにも、いくつかのポイントがありますが、それは実際のオンライン相談でお伝えいたします。


「本当に今までの苦しい声から解放されるの?!」と半信半疑な方も、ぜひ、無料でその発声感覚を掴んでくださいね!


無料オンラインボイトレ相談の詳細は、コチラからご確認ください。

www.loosevoice.com

www.loosevoice.com

カラオケで歌うと下手になってしまう原因はこれ!

こんにちは、Loose VoiceのKANです!


カラオケで歌うと、なぜか上手く歌えなくなるという経験はありませんか?

この原因は、一体何なのでしょう?

原因は、様々考えられます。

 

例えば、伴奏の音量が大き過ぎて自分の声が聞こえていないというケースもあります。

カラオケボックスのスピーカーからは、伴奏とマイクの音が一緒に流れてきますので、音がぶつかってしまい、自分の声が聴き取りにくい場合もあります。

 

カラオケ以外の歌唱環境は、自宅や車内、屋外などでしょうか。

 

ここからが、今回の核心の原因ですが、カラオケでは、上記の環境にはない「マイク」を使いますよね!?


実は、原因は、このマイクを使う想定での歌声になっていないからです。


マイクを使わない時の歌声と、マイクを使った時の歌声は、違うのが当然ですよね。マイクは実際の声量を何倍もに大きくします。


つまり、マイク無しの歌声を、そのままマイクに入力してしまうと、大き過ぎてうるさい声になってしまうわけです。


しかも、実際にカラオケに行くと、伴奏の音量が大きい為、それに負けいないようにマイクを使っているのにも関わらず、普段よりも大きな声を出してしまう場合が多いです。これでは、余計に上手く歌えるわけはありません。

 

厳密に言えば、普段よりも大きい声で歌っても問題はないのですが、そのボリューム感で普段から歌っていないので、発声のコントロールが失われて喉声のような、無理やり出した声になってしまうのです。


本来は、マイクを使うという事は、マイク無しの状態よりも声量や声質を抑えるべきなのです。


普段の練習からマイクを使って歌っておかないと、本番だけマイクを使い、声のさじ加減が分からなくならないようにしておくことが必要になりますので、ぜひ、それを踏まえた練習を行ってみてくださいね!

 

www.loosevoice.com

www.loosevoice.com

歌声の共鳴とは「結果」であることに気付こう!

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

プロの歌手と一般の人の歌声の違いについて、前回、「声の明るさ」であるというお話をしました。

 

では、その明るさを作れるか、作れないかは、何が関係してくるのかをお伝えします。

 

まず声が生まれる順番を考えてみます。

 

①息→②声帯振動→③共鳴

 

こうしてみますと、声の明るさに関係しているのは、②③になることが分かります。

例えば③共鳴で明るさを作ろうとしたとしましょう。

 

共鳴する場所は、口内と鼻腔になります。この空間を狭めたり広げたりすることで響きは変わります。しかし、動かせる可動域は微々たるもの。頑張っても数mm~数㎝程度になります。

 

声帯から発せられた声を広げる空間をコントロールするのは、限度があるという事です。

 

「共鳴は結果である」

 

このキーワードを元に進めていきましょう。

 

では、結果が生まれる前の「原因」の部分が重要となりますよね。

 

それが②声帯振動です。

 

この声帯運動が最小限の運動(息+振動)で行われることによって倍音という音がよく響く現象が生まれます。

 

プロの歌手は、ワンステージで20曲も歌います。

喉にダメージを与えないで20曲も歌う為には、最小限の運動で声を出し続ける事が必要になります。

 

つまり、声の響きを明るく、倍音を生む声を作るためには、息の量に対して声帯の振動効率を良くする事が重要なのです。

 

息を吐き過ぎたり、声帯を締め過ぎたりすれば、一気にアマチュアっぽい歌声になります。その為には、小さい声で、少ない息で、声帯を締め過ぎないで歌える事を気にかけて練習してみるとよいでしょう。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

f:id:loosevoice:20220124160107j:plain

www.loosevoice.com