『喉の力み改善ボイトレ法』

数年ボイトレをしても変わらないあなたへ

『喉の力み改善ボイストレーニング法』

数年ボイトレをしても変わらないあなたへ Loose Voice

意識改革

【無料】体験オンライン喉締め改善ボイストレーニング!

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 現在、Loose Voiceでは、無料のオンラインボイトレ相談を開催しております。 特に「喉締め発声」で声が上手く出せないという人を対象に的確なアドバイスを無料で行っております。 事前に、あなたの歌声(スマホで録音し…

何で歌が上手くなりたいか分からなくなったら?

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 歌を練習していると、何でこんなに自分って歌が上手くなりたいんだろう?と思ってしまう事ってありませんか。 特に趣味で歌を練習している人にとっては、歌う機会といえば、カラオケや余興、SNS投稿などだと思います。 …

プロの歌声との違いに気づく方法とは?

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 自分の歌声を録音して聞き返した時に、何となくプロ歌手の歌声と違うんだよな~、と感じたことはありませんか? 自分の歌声が嫌だな・・と思ってしまう人が結構いると思いますが、その解消にも繋がってくるお話をします…

歌声が鼻声になってしまう人の改善法!

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 歌声を聞き返すと鼻声のように聞こえてしまう・・という悩み。「歌声は鼻に響かせる」と言われることがあるので、混乱してしまっている人も少なくないと思います。 鼻声になってしまう原因は、大きく2つあります。 ①舌…

歌う時「喉を開ける」の具合が知りたい

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 歌う時に「喉を開けましょう」という事は、よく耳にしますよね。 でも、どれくらいの状態が「喉が開いている」のか分からない人が殆んどだと思います。 開け方の基準というものは存在しませんので、最終的には発声が楽で…

発声のままじゃない、自分の歌声を見つける方法!

こんにちは、Loose VoiceのKANです! ボイストレーニングを習っていると、この発声のままの声で歌うの?? と疑問に思った事はないでしょうか。 実際に発声と歌声の違うについて、お話していきましょう! 発声練習の目的は「音程や声量を喉に負担をかけずに…

カラオケで歌うと下手になってしまう原因はこれ!

こんにちは、Loose VoiceのKANです! カラオケで歌うと、なぜか上手く歌えなくなるという経験はありませんか? この原因は、一体何なのでしょう? 原因は、様々考えられます。 例えば、伴奏の音量が大き過ぎて自分の声が聞こえていないというケースもありま…

音程やリズムは合っているけど上手く聞こえない原因って?

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 自分の歌声を録音して聞いた時「音程やリズムは合っているのに、あまり上手く聞こえない・・」という経験はないでしょうか。 今回は、この原因を発声面から解説していきたいと思います。 先に結論からお伝えしますと、【…

オンライン限定!喉締め・張り上げ徹底改善ボイストレーニング

Loose Voiceのオンラインボイストレーニングの特長は、 【喉締め、張り上げ発声の改善に特化した内容】になります。 ボイストレーニングを習う目的として最も多い「高音発声」が悩みの方も、原因のほとんどは「軽い喉締め、張り上げ」にあります。 こんな悩…

間違った高い声のイメージを塗り替えよう!

こんにちは、Loose VoiceのKANです! あなたは、高い声(高音)にどんなイメージを持っていますか? これまで1000人近くのボイストレーニングを行ってきた経験で、高音が出しづらいという人は、以下のようなイメージを抱いている人が多かったように思います…

喉が上がって苦しい人の簡単練習法!

こんにちは、Loose VoieのKANです! 高音になると喉が上がって苦しくなる人への簡単練習をお伝えします。 喉ぼとけは、引き上げる筋肉と引き下げる筋肉でバランスを取りながら、日常的に上下運動しています。 ただ、歌う時は、喉が上がり過ぎると気道が狭く…

喉締め改善で初めにやるべき練習とは?

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 今回は、喉締め発声改善について、一番初めにやるべき練習法をお伝えいたします。 初めに、「喉(声)が締まる」とは、どういう状態のことなのでしょうか? 一言で表すとしましたら「息が止まりそうな状態」です。 声を…

声帯を閉じる意識で起こりがちなミス

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 歌声を出す時に「声帯と閉じる」という意識を持って声を出している人が結構いるようです。 実際、声は、声帯が触れあい振動する事で生まれるものですので、声帯は閉じる運動をしているのですが、歌声だからと言って意識…

「キー」を下げて上手く歌えているか?

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 昨今のヒット曲は、キーが高く普通の声の高さの人からすると出せない音域が出てきます。 高い声を出す練習をして、原曲と同じキーで歌う事に挑戦してみても良いのですが、その前に確認してみてほしい事があります。 それ…

歌の練習で冷静に考えると気づけること

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 歌の練習やボイストレーニングをしていく時に、ふと、悩み立ち止まる事ってありませんか? そんな時に、少し頭を冷静にして考えると気づけることが多々ありますので、今回は、その気づきをご紹介したいと思います。では…

800名以上のボイストレーニング指導で分かった高音発声の練習法

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 今回のテーマは、歌やボイストレーニングを習う理由として、最も多い「高音の発声」について。 これまで、高音に悩む数多くの生徒さんのケースを見てきて、ほとんどの人に起こっていた共通点があります。 ボイストレーニ…

「喉が上がり過ぎる」と「声帯が閉じ過ぎる」

こんにちは、Loose VoiceのKANです! 「喉ぼとけ」の中にある「声帯」 「声帯」を包み込んでいる「喉ぼとけ」 この2つは、発声する時の運動に大きな関わりを持つことは、想像できると思います。 例えば、歌っている時に、この「喉ぼとけが上がり過ぎる」と…

小さい声で歌う練習の重要性

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです! 自宅など、大きい声を出せる環境でない時も、歌の練習ができればいいのに、、と思いますよね。 実は小さい声で歌うというのは、かなり重要な練習方法の一つなのです。 今回は、小さい声で歌う重要性と、気を付けるべ…

普段の声から高音発声を使えばいい?

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです! 世の中には、低い声が出しやすい人、高い声が出しやすい人、両方おりますが、どちらかといえば後者は少数でしょう。 なぜ、同じように生活して毎日のように声を出しているのに、高い声が出しやすい出しにくい、、と…

独学でボイトレをする時の注意点

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです! 「独学でボイトレをする事は可能ですか?」 もちろん、トレーニングを自分で組み立てて行っていく事は可能です。しかし、独学でやっていこうとした時に難しいのは「ジャッジメントがいない」事です。 例えば、プロス…

ボイストレーニングで喉の脱力は獲得できるの?

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです! 「歌っていると喉に力みが入るのですが、 ボイストレーニングを受ければ改善できますか?」 この質問の返答は、基本的には「YES」なのですが、実際に、ボイストレーニングを受けていても、喉の力みが取れないという…

その声を出さなくなると忘れてしまう

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです! ボイストレーニングを行っていて、もったいないなぁ、、と思うのが、一度、いい感じに出た声の出し方を、日が経って忘れてしまうという事態が起こる事。 感覚的な要素が大きい発声という分野は、発声運動をしなくな…

声帯の使い方を練習する前に

こんにちは、仙台Looe VoiceのKANです! 声を高くしたり、低くしたり、 そのコントロールをしているのは、まぎれもなく「声帯」です。 ボイストレーニングをする際に、まず、思い浮かぶのは、その「声帯の使い方」ではないでしょうか。 地声と裏声をスムーズ…

ボイストレーニングをシンプルに考える方法(音域編)

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです! 今回は、前回の「声量編」に続き、音域編(特に高音域)についてのお話しです。 高い声は、ある程度の音域までは感覚的に出すことができるけど、曲中のサビ(盛り上がる部分)あたりに出てくるような音域になると、…

ボイストレーニングをシンプルに考える方法(声量編)

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです! ボイストレーニングをやっていて「声が上手く変わってくれないな..。」と悩んでいる人は少なくないと思います。 自分の声なのに、どうして自分自身で上手くコントロールする事ができないんだろう。時間だけが過ぎて…

声量は、本来は誰だってあるもの

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです! 歌う時に、 「声が小さくて、、もっと声量があったらなぁ」という悩みを持っている人がいると思います。 でも実は、声量って、もともと持っているのに、ただ使えていないだけという人がほとんどなんです。 それは、…

自宅だと上手く歌える?

◆自宅と本番 歌う環境によって、上手く歌えたり歌えなかったり・・。 自宅だといい感じに歌えるのに、実際にスタジオやカラオケ、ステージ上になると、なぜが上手く歌えない、という事が起こりがちです。 色々な要因が考えられますが、 今回はシンプルに、歌…

歌い方が硬く聞こえる?

◆歌い方が硬い 音程やリズムも合っているのに、なぜか歌い方が硬く聞こえる。。大きなステージで歌うのであれば緊張もあるかもしれませんが、カラオケであれば、そんなに緊張もないので硬くならないはず。。 でも、なぜか歌い方がスムーズでなく、カクカクし…

「声」と「言葉」を分けてイメージする?!

◆歌う時の滑舌について 滑舌は「ちゃんと歌わなきゃ!」と思う人ほど、口やアゴを、いつも以上に動かしてしまう傾向があります。 普段、お話ししている時、ほとんどの人は、滑舌よくしゃべろうとか考えていないと思いますし、相手に言葉が伝われば会話は成立…

カラオケで聞いてもらえない歌い方って?

◆カラオケでこんなことありませんか? 仲間とカラオケに行った時を想像してみて下さい♪ 自分が歌っている時、周りの人が、おしゃべりしていたり、曲を選んでいたり、ついにはトイレに行ってしまったり・・そんな状況をあじわった事ってありませんか? 歌いな…