KANの『喉の力み改善ボイトレ法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

KANの『喉の力み改善ボイトレ法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

楽器も声も綺麗な「音」を出すことから

f:id:loosevoice:20180116111110j:plain

◆まずは自分の「音」に拘る

学生の頃、音楽の授業で楽器を弾いた経験があると思います。管楽器で言えばリコーダー、吹奏楽をやっていた方でしたら、トランペット、トロンボーンクラリネット、ホルンなど。

 

それらの楽器は、打楽器(鍵盤も含む)と何が違うのかと言いますと、「音色自体を自分で作る必要がある」という事です。

 

ピアノであれば、鍵盤をたたけば誰でも同じ音色が鳴ります。なので、良くない音色が出ることはありません。でも、管楽器の場合は、その音自体を綺麗に出せないと、何も弾く事ができないわけです。

 

だから、まずは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を綺麗に出せるようにすることから練習を始めますよね。

 

それがどれだけ重要な事かは、なんとなくイメージが湧くと思います。良くない音で何の曲を弾いても、いい曲には聞こえようがないからです。。

 

 

◆その重要度は声も同じ

声も「綺麗な音」が保証されているわけではありませんので、まずは、音を出すことから始める事が大切になります。

 

でも、なぜ、あまり重要視されない傾向があるのか??

 

それはおそらくですが、日常的に声は出しているし、歌声だからと言ってあらためて発声練習をする重要性を感じにくかったり、もともといい声を出せる人が周りにいたりと、声という楽器が、とても気軽で身近に感じるものだからなのかな、と思います。

 

あまり歌が上手くない・・と感じている人は、歌が下手なのではなくて、声という「音」があまり良くない、という場合も多々あります。

 

なので、落ち込まずに、管楽器と同じように、まずは綺麗な音を出す練習を行ってみて下さい。音が綺麗であれば、何を奏でても心地よい歌になっていくはずです。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

なぜ喉の脱力は難しいの?

f:id:loosevoice:20170406233440j:plain

◆どんなボイトレ本にも必ず書いてある

「歌っていると喉に力みが入ってしまう・・」と悩んでいる人は、少なくないと思います。そこで、ボイトレ本などを参考に、その脱力方法を検索してみると、書いてあることの多くは、

 

「喉をリラックスさせましょう」

「喉の奥をしっかり開けましょう」

「首回りをストレッチしましょう」

 

・・・などなど、様々な改善アドバイスが書いてあると思います。

しかし、喉の力みで悩む人の多くに共通するのは「意識的に脱力しようとしてもできない」という点です。

 

つまり「喉を力ませたくないのに、勝手に力んでしまう」という状態。

この状態の場合、少し特別なトレーニングが必要になります。それは、物理的に、喉を絞めつけない(気道を狭めない)状態を作り発声する練習方法や、意識を喉以外の事に集中させる事で、結果的に、喉の脱力を獲得するという練習方法です。

 

少しややこしい説明になりましたが、簡単にいいますと、

「声を出すこと」と「喉の絞めつけ」は無関係ですよ、ということを喉に記憶させる練習です。

 

◆喉をしっかり開けても解決は難しい

喉を絞めつけないようにする為の改善方法として、よくある「喉の奥をしっかり開けましょう」というアドバイス

 

でも「喉に力む癖」がある人は、この方法では改善は難しい。むしろ、逆に喉を無理に開けようとしてしまい、更に、余計な力みを生み出してしまう結果になる場合もあります。

 

「リッラクスしよう」という、メンタル面からの改善方法も、おそらく通用しないでしょう。

 

なぜなら、喉の力みは「フィジカルな部分」だからです。

 

例えば、歩く時に、右足と右手が同時に出てしまっている人に、どうやったら、右足と左手が出るようにさせられるか。それは、その間違った連動運動を、バラバラに独立して行えるようにするということになりますよね。

 

喉も似ています。

声を出すという事と、喉の絞め付けは、間違った連動運動。

それを切り離す感覚を覚えてもらうという事になります。

 

喉の力みが無い人にとっては、何のことやら・・という感じだと思いますが、喉の力みがある人にとっては、歌を上手く歌えるようになる為に、まず、改善しなければならない事です。

 

ボイトレを長くやっているけど、力みが無くならない、、という人に、何かヒントになればと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

 

 

 

喉は上がっていないのに詰まり声になる

f:id:loosevoice:20171212183123j:plain

◆喉ではなく「舌と軟口蓋の距離」

発声練習で、喉(ノドぼとけ)は、なるべく上がらないように、少し下がった位置で声を出すと、響きが豊かな声が出せますよ、と聞いたことがあると思います。

 

まさしく、その方が声を響かせる空間が広く確保できるので、響きは豊かになり音色の良い声を作る事ができます。

しかし、喉は上がっていないはずなのに、なぜか詰まった声になってしまう人もおります。。

 

その原因は、何なのでしょうか??

心当たりのある人は、ぜひ、読み進めてみてくださいね。

 

◆口腔(口の中の空間)に注目

喉が上がっていないけど、詰まり声になる人は、

『舌と軟口蓋の距離』を確認してみて下さい。

※軟口蓋とは、口の中の上顎側奥の方のやわらかい部分。

 

この距離が近いと、せっかく喉の奥で響きが確保されていても、口から出る直前の口腔の空間を狭めてしまっているので、詰まった声になってしまいます。

 

分かりやすく言いますと、鼻声を作る時の動きです。

 

また、鼻腔共鳴をしよう、と意識している為に、このようになってしまっている人も少なくありません。共鳴は、空間(スペース)に響くものです。どこか一部分でも、空間を狭めてしまえば、響きは少なくなってしまうもの。

 

鼻に響かせたいのに、口内の空間を狭めてしまうのは、本末転倒・・を作り上げてしまうことになりますので、詰まり声が気になる方は、ぜひ、確認してみて下さい。

 

「喉詰まり声」と「鼻づまり声」

このどちらにもならないように、詰まり声改善をしていきましょう!!

参考にしてみてくださいね。

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

 

 

 

ボイトレの目標の立て方

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆ボイトレを始めよう

今年、ボイトレを始めてみようと思っている人へ。

自分の理想とする声を手に入れる為には、どのような目標を持って、どういう風に練習をしていけばよいのか、初めは漠然としてしまい、どこから何をやってよいか分からない、、と悩んでいる人もいると思います。

 

今回は、声を作っていく為に頭に入れておくとよい、ちょっとしたコツをお話ししていきたいと思いますので、ぜひ、お役に立ててみて下さいね。

 

◆総合的にスキルアップ

ボイトレを始めたいと思っている人は、おそらく、「自分の声の弱点」を感じていることと思います。

 

よくある弱点としては、

 

・高い声が出ない

・声量が小さい

・声が嗄れてしまう

・声がひっくり返ってしまう

・自分の声が良くないと感じる

 

などが多いでしょうか。

各々、自分の弱点克服のために練習をしていくとき、頭においておくと良いのが、その理想の声を得る為には、それを直接改善するための練習以外のこともやったほうがよい、ということです。

 

少し掘り下げて言いますと、

一見、弱点改善とは関係ないように感じてしまう練習も必要、ということ。

 

例えば・・スポーツの・・

バスケットボールで考えてみましょう。

シュートの成功確率を上げたいからといって、シュート練習ばっかりやっていてもダメで、それ以外の「フォーム改善」「足腰の使い方」「筋力アップ」・・などもする必要があるかもしれないよ、ということ。

 

なので、高い声を出したい人は、「強く高い声」を目指しているわけで「弱く高い声」は、目指していないはずです。

嗄れない声にしたい人は、「強い声」を出しても嗄れないようにしたいわけで「弱い声」を出して嗄れないことは、考えていないのです。

 

◆つ・ま・り!

声は、バランスよく総合的に整えていく事で、結果的に、理想としていた声を効率よく作っていく事ができるものなのです。

一つの事だけを練習するのではなく、多角度から色んな練習を行い、特に、苦手な部分を重点的に練習する、という風に行っていってみて下さい。

 

そして、できるだけ、やらなくてよい練習はしない。

まずは、自分に必要な練習を見極めることから初めてみましょう。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

 

 

 

「ボイトレを受けてみて」の感想

f:id:loosevoice:20180101121954j:plain

◆生徒さんの声

仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

昨年は沢山の方がレッスンに通って頂き、ありがとうございました。

本年も、よりいっそうトレーナーとしてのスキルをアップさせていきますので、楽しみにして頂けたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今年、初めの記事ということで!!

今回は、昨年からレッスンに通ってもらっている方より『ボイトレを受けてみての感想』を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

 

ぜひ、ご覧になってみて下さい。

『ボイトレを受けてみての感想♪』

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!