仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

カラオケで聞いてもらえない歌い方って?

f:id:loosevoice:20170319192301j:plain

◆カラオケでこんなことありませんか?

仲間とカラオケに行った時を想像してみて下さい♪

 

自分が歌っている時、周りの人が、おしゃべりしていたり、曲を選んでいたり、ついにはトイレに行ってしまったり・・そんな状況をあじわった事ってありませんか?

 

歌いながら、心の中で「ちゃんと聞いてよー!!」って叫びたくなりますよね。。

 

これって何が原因なんでしょう??

 

まてよ、、逆の状況を考えてみましょう。

誰かが歌っている時、自分は、いつも耳を傾けて聞いているか。。そう言われると、全部が全部聞いているわけではなく、他の事を考えていたり、同じようにおしゃべりしていたりしている時も、おそらく、あるのではないかと思います。

 

今回は、この「聞いてもらえる歌い方」と「聞いてもらえない歌い方」について、お話ししていきたいと思います!

 

◆聞いてもらえない歌い方

まずは、周りが自分の歌を聞いてくれなくなるような歌い方についてです。

 

これは、

「自分が歌いたいような歌い方」をしてしまうと、そのようになってしまいます。

 

例えば、しっとり聞きたい曲なのに、やたら声を張って大声で歌われる。笑顔で元気よく歌ってほしいのに暗い声で歌われる。一番盛り上がってほしい部分で声を小さくして歌われる。

 

などなど、

聞いている人が、想像している期待を、あれっ?と裏切られるような歌い方をされると、聞いてくれない耳になってしまうのです。

 

でも、きっと、歌っている本人は、気持ちよく歌っています。ここに、歌う側と聞く側で「溝」が生まれてしまうわけです。

 

「こんなに気持ち込めて歌っているのに、なんで伝わらないのー!!」と、カラ回り状態になってしまいます。

 

◆聞いてくれる歌い方

この人の歌は聞いていたい、もしくは、聞かないといけない雰囲気がある、と思われる歌い方。

 

それは、「聞いている人が、歌ってほしいように歌ってあげる」ことです。

 

つまり、自分は二の次で、聞く人をファーストに考えて歌いあげている人になります。聞く人の好きな味付けに合わせて料理を出しているので、それは、当然、喜ばれるわけです。

 

「歌ってほしいように歌う」は「歌いたいように歌う」よりも、声の出し方や歌い方、エネルギー量をコントロールして歌っているので、少々、身体的には疲れる歌い方になると思います。

 

ただ発散したい!

解放的に歌いたい!

という目的で歌う人は、自分は楽ですが、聞いている人にとっては、しんどい・・という状態になる場合が多いのです。

 

◆まとめ

自分の歌をカラオケでちゃんと聞いてもらう為には、

まずは、どんな曲かを理解すること。

そして、相手がどう歌って欲しいかを想像して歌うことです。

 

ぜひ、カラオケに行った時に、実践してみて下さいね!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

声を出す方向を変えると何が変わるの?

f:id:loosevoice:20180913110516j:plain

◆歌う時の声の方向

「歌う時、どの方向に向かって声を出すの?」

 

こんな疑問&質問がよくあります。この答えを考える時には、頭の中で、大きく2つに分けて考えていく必要があります。

 

早速、話を進めていきます!

 

まず、1つ目は「歌を誰に向けて歌っているか」という超シンプルで自然な考え方です。そもそも歌は、ライブであれば、お客さんに届ける事が大前提です。

 

日常の挨拶や会話と同じく、届けたい人に向かって声を出すということが自然ですよね。歌は、基本的にはマイクを使って歌うと思いますので、マイクに向けてしっかり声を入れて、届けたいお客さんの方向に向けて歌うという事になります。

 

ですので、まず、1つ目の答えとしては、

【お客さんに向けて(真っすぐ)出す】になります。

 

◆発声的な考え方

もう一つの考え方は、発声的な方面から捉えた考えた方です。

 

よりスムーズに聞きやすい声を出す為には、どの方向に声を出す意識やイメージを持つのがよいのか。

 

※実際、声がどの方向に向かっているのかは、音波波動の話になりますので、ここでは「意識・イメージ」のお話しとしてすすめていきます。

 

これは、実際に、色んな方向に声を出してみて実践してみる事をおすすめします!

 

顔を真正面にした状態から、少し上を見るように顔も上げます。45度ぐらい斜め上を見ている状態ですね。そこから「アー」と声を出しながら、徐々に顔を下げて、最後は、自分の足元を見るぐらいまで方向を変えてみます。

 

そうした時に、確認して欲しいのが、

①声の音色の変化

②声の出しやすい角度(声の通りが良い角度)

 

この2つです。

 

声の音色については、恐らく、下に向かっていく途中で、あまり綺麗ではない声質に変わったタイミングがあったのではないかと思います。また、声の出しやすさについても同様ではないでしょうか。

 

これって何が変わって、そうなっているの??

 

これは、口の中の空間が自然と変形してしまっているので、音色や声質にも変化が表れているのです。要は楽器の形(ボディー)が変わっているようなものです。

 

歌う時、これが無意識に起こるのが

【高音から低音に音程が下がる時】です。

 

たとえ、顔を下にさげなくても、目線を下に落とさなくても、下に声を出す(=音程が下がる)意識やイメージがあると、音色がかなり変化します。

★意図的に、口の中の空間を変えて歌える人は、あまり影響がないはずです。

 

音色が変わること自体は、悪いことではないのですが、変わり過ぎると、まとまりのない歌声になり、せわしない歌に聴こえる場合があるので気を付けたいところです。

 

また、高音は綺麗に響いているのに、低音で地声感が強くなり、話し声のような声になってしまうと、声帯への負担も大きくなり、その後の歌唱に影響が出てくることもあります。

 

長々と書いてしまいましたが、2つ目の答えとしては、

【自分の一番いい響きを感じる角度に統一する】です。

 

一般的には、斜め上(30度ぐらい)の角度が、喉の奥の空間も広く確保できると言われています。でも個人差がありますので、自分で録音してヒアリングしてみるとよいでしょう!

 

ぜひ、声の出す方向やイメージを変える事で、どんな変化があるのか実験してみてくださいね。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

ブレスのタイミングで歌いやすくなる

f:id:loosevoice:20170130122444j:plain

◆声を出す準備が命

声を出す動力となっているのは「息」です。

「息」と「喉(声帯)」

この2つが、声(=音)を作っているわけなので、よい声を出す為には、この2つのどちらかでも上手く使えていないと、出しづらさを感じたりするわけです。

 

今回は、特に「ブレスのタイミング」について、簡単にできるちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。

 

◆いきなりの高音を安定させる

まず、歌っている自分を想像してみましょう。

 

歌い始めの第一声目の時、

フレーズとフレーズの間の時、ブレスをして声を出す準備を整えていると思います。

 

これは、殆どの人が反射的に、無意識に近い状態で行っています。

日頃、お話しをする時も息を吸ってから声を出していますが、そのたびに「息を吸ってやろうー!」とか考えていないですよね(^^)

 

ですので、ブレスは反射的に行っているものです。それは歌う時も同様に行っています。

 

歌の場合、フレーズの頭に、いきなり高音がやってくる時があります。この場合、準備が遅れると、音が外れてしまったり弱々しい声になってしまったりしがちになります。

 

 ◆スピードとタイミングを早く

フレーズの頭に、出しにくい高い音がくる場合、

今までよりも、ブレスのスピードとタイミングを、ほんの少し早めに行ってみて下さい。

 

ほんの少しと言うのは、0.5秒~1秒ぐらいの時間の話になります。少し早めにブレスをすることで、肺に息を溜めている時間(=準備をしている時間)を長く確保できるようになります。

 

たったそれだけで楽に出せるの??

と半分信じられないような気もしますが、実践してみると、きっと、その違いを感じられるのではないかと思います!

 

慌ててブレスをして歌い出す場合と、

早めにブレスをして歌い出す場合。

 

そこには、安心感と余裕をかもし出せるかどうかの違いが出てきます。少し練習が必要なのは、タイミングの図り方です。早過ぎでも息を留める時間が長過ぎて、つらくなってしまいますので、歌い出すタイミングを予測しながら、ベストなタイミングを見つけてみましょう!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

 

 

 

 

高い声の前に大声を出してみる

f:id:loosevoice:20160927010456j:plain

◆大声を出せること

高い声の出し方を練習しよう・・

その練習をする前に、一度「大声」を出してみるとよい。なぜ、大声を出してみるとよいのか、その理由がいくつかあります。

 

【理由】

◆「声量」と「音域」の関係

「声が小さい人と、声が大きい人では、音域にも差がでるのか?」

これは、これまでレッスンをしてきて、その中での統計的な話になりますが、声が大きい人の方が高音域も広いという傾向があります。

 

例えば、学生時代にスポーツ部に所属していて、応援や掛け声で大きい声を出す機会が多かった。また、話し声や笑い声が、周りの人より大きかった。

 

そういった時期があり、大人になった人は、今でも、大声が出せます。

そして「日常的に出す大声は、基本、声が大きくなるに伴って、声の高さも高くなるから」です。

 

なので、遠くの人を呼ぶような「オーィ!!」という大声を出せる人は、出せない人に比べると、高い声の出し方を学ぶ前段階で、地声の音域も高い音まで発声する事ができています。

 

◆大声を出せる=ノド(声帯)を閉じれている

大声を出せる人は、ノドの使い方としても、声帯をしっかり閉じれているという事になりますので、ある程度の音までは、高音になっても音を鳴らし続けられる(弱くならずにキープできる)はずです。

 

逆に、声が小さい人は、声帯を閉じる力が弱いため、音が上がるにつれて、息が漏れ、早めの段階で裏声にひっくり返ってしまったり、喉が上がってくるような感覚になり、息苦しさを感じてしまう場合があります。

 

【高い声の出し方】を模索することも大事ですが、まずは、大声を出せるかをチェックしてみると、自主トレーニングもしやすくなるのではないかと思います。ぜひ、参考にしてみて下さいね!

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

地声が強くて高音が出ない場合

f:id:loosevoice:20170424141839j:plain

◆地声のノドの使い方が強い

普段、お話ししている声は「地声」です。

そして、割と低めの音域を使って話している方が、ほとんどではないかと思います。その音域を毎日毎日出しているわけですので、当然、地声の低音が強く鍛えられていきます。

 

歌の中で、高い声を出す時に、その地声の音が強くなり過ぎて音が上がらない・・という悩みを持っている方は、少なくありません。

 

感覚的には、恐らく、

【声を出すこと=地声の低音のノドの感覚】

と捉えてしまっているからなのではないかと思います。

 

そのノドの感覚は、高音には当てはまらない。だから音が上がらなくなり、苦しそうな喉詰めの声になってしまうというケースです。

 

そんな場合、まず、どんな練習をすればよいのか??

 

◆声より息を流すことを意識する

そのような状態になっている場合、

声はほとんど出さなくてもいいので、息を流して発声してみるとよいです。

 

声が出ているという事は「声帯を閉じている」という事ですが、いったん、それをやめてみる。つまり、あまり声帯を閉じない(=声を出さない)で息をしっかり流して声を出してみる。

 

頼りない、弱々しい声になってOKです。

息漏れ声になりますので、音程は取りにくく、高音も出しにくいと思いますが、その声のままで、自分のなかの中音域ぐらいまでを出せるように練習してみる。

 

そうしていくと、地声の声は弱まり、だんだん裏声のような音色に変わっていく感覚が得られると思います。

 

「音を上げていったら、自然に裏声になっていた・・」という感覚になっていけば大丈夫です。

このように、いきなり強い高音を出すのではなく、いったん、息を通してあげると、過剰な地声のノドの使い方が緩和されるはずですので、ぜひ、試してみて下さいね♪

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!