仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

小さい子供のボイトレについて

f:id:loosevoice:20180706094827j:plain

◆未発達なノドのなかで

小さい子供(変声期前)の声は、大人よりも高い声が出ます。それは、ノドが未発達な状態で、声帯も小さく、薄く、声を響かせる空間も狭いから。

 

そんな、これから育っていくノドの状態で、ボイストレーニングを行っていく場合、色々と気を付けなければならない事があると感じていて、むやみに、音域を伸ばさせたり、声量を上げさせたりするのは、今後の将来を見据えた時、慎重に行っていく必要があります。

 

◆元気のいい男の子

元気がよくて声が大きい男の子は、日常的に、大声を出している事が多いので、歌っても声量があります。そんな感じの子って、クラスの中で、ひとりふたりいますよね!?

 

一見、「声が大きくていいねー」という印象を持たれると思いますが、適切なノドの使い方に気付かずに成長していくと、低中音域ばかりが、どんどん育っていくので、高い音になると、叫ぶようになるか、苦しそうな歌い方になってしまう場合が多いです。

 

そうすると「声が大きいけどウルサイ・・」という歌声に"(-""-)"

 

でも、そうなる気持ちは分かります・・。

子供は、声の出し方なんて教わらずに、感覚だけで音を上げていこうとしますからね。

 

「高い声を出してー」と言ったら、だいたいの子は、大声で叫ぶことになります。

改善トレーニングとしては、裏声に近い軽い声を出してもらい、大声を出さなくても高い声は出せるものだよ、と体感してもらうかがポイントになります。

 

◆大人しい女の子

日頃から優しい声でおしゃべりするような、大人しい女の子は、一見「声が小さくて・・んー」と思われてしまうかもしれませんが、実は、何かを改善(やめる)しなければならないのではなく、積み上げ式のトレーニングをするだけでいいので、プラスに捉えた方がいいのです!

 

つまり、

喉を乱暴に使う事を覚えていないので、音程をスムーズに移動させることができます。(ただ声が小さめ、というだけ)

現状では、息が足りなくなったり、声が埋もれてしまう、という悩みがあると思いますが、今後のトレーニングとしては、低い音~高い音まで、喉(声帯)をしっかり閉じてあげる練習を行っていく事で改善されます。

 

女の子でも、叫んでしまうようなキンキン声の子もおりますので、それは、上記に書きました男の子のバージョンと同じように、改善していくとようでしょう。

 

ボイトレを行っていての感覚としては、

現在の発声の状態が、

①過剰なもの→フラットに戻す・・・余計な癖などを無くして正す。

②不足しているもの→積み上げる・・・足りないものを補うだけ。

 

この2つがあるとすると、わりと②の方がスムーズなように感じます。だからこそ、よくない癖や、過剰なノドの乱用は、早めに、改善してあげる必要があるのです!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

イメージで声は変わるの?

f:id:loosevoice:20170406233440j:plain

◆イメージで声は変わるの?

声を出す時に、声を当てる場所をイメージして発声トレーニングを行っていく方法があります。実際にイメージだけで声が出しやすくなるのであれば、こんなに嬉しい事はないですよね!?

 

では、その効果のほどは??というのか気になるところ。

 

と、その前に!

声を当てる場所のイメージを変えると何か変わるのか、という点から確認していきましょう。

 

例えば、胸や眉間、頭など体の部位に声を当てるイメージをしながら声を出してみると、どうでしょう?何が変わっているように感じますか。

 

自然と、音の高さに変化があったかもしれませんね。何か変わるのかと言いますと、それは「音の高さを調整する声帯の動き」をコントロールしているのです。

※「頭に響かせるイメージで低い声を出してみて」と言われると何かやりずらさを感じると思います。

 

音楽の授業で、高い声は頭に響かせるように~と言われるのもこれが目的です。「胸と頭」で比較してみると、多くの人は、胸が低い声、頭が高い声、となるはずです。

 

◆実際に歌声として効果はあるの?

では、歌声が出しにくいという人に、この方法をレクチャーした時に、実際に効果があるのかと言いいますと、半分あり、半分なし、という感じだと思います。

 

その理由は、そもそも、イメージだけで声が出しやすくなるような人は、声帯の使い方(ボイスコントロール)がある程度、長けている人に限られるからです。

 

発声で悩んでいる人の多くは、声自体が出しにくかったり、喉詰めになっていたり、音程が定まり難かったり、、と、ボイスコントロールが苦手な状態の人がほとんどだと思います。

 

その人に対して、今回のテーマである声を当てるイメージを変えてもらったとしても、一瞬出しやすく感じるかもしれませんが、連続的に声を出し続ける「歌」となると、どこかで上手くいかなくなるケースが多いです。

 

喉の柔軟性があってこそ、このイメージ法は期待できるものです。

参考にしていただき、ぜひ、自主練習に役立てて頂けたらと思います。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

【札幌】 出張ボイストレーニングを終えて

f:id:loosevoice:20180618222532j:plain

◆札幌 出張ボイストレーニングを終えて

6/9~6/10に、初開催した札幌でのボイストレーニング

札幌駅周辺は、音楽スタジオも多く、バンド活動などをしていくにあたっては、特に大きな不便もなく、良い環境が整っているような印象。

 

ボーカルスクールを含む音楽スクールも多数あり、指導面でも札幌まで足を運べば選択肢は少なくはないと思います。

 

そんな環境の札幌ですが、

今回、ボイストレーニングに来て下さった方々の主な悩みは、一言でいいますと「歌で思うような声が出ない」という事。

 

具体的には、声量と音域です。

60分間の中で、ヒアリングから発声練習のエクササイズを行っていくと、その時間は、かなりあっという間!なんです。トレーニングを受けている側からしますと、もしかしたら長く感じてしまうかもしれませんが、自分としては90分ぐらいやりたいかな・・と(^^)

 

◆初めの発声でここを確認している

声の悩みをヒアリングさせて頂いた後で、シンプルな音階に沿って声を出して頂くのですが、その時に確認しているのは次の項目です。

 

●声量=声帯を閉じる力があるかどうか。(地声&裏声)

●音の移動=低音~高音への音の移動が滑らかかどうか。

●喉詰めの癖があるかないか。

 

この3点を確認し、不足している部分や過剰な部分を調整して、声を作っていきます。特に「喉詰め」が入っている場合は、少し時間がかかるケースもあるので、今後の自主練習法をお伝えなどします。

 

トレーニングをしているこちらも、毎回、新たな発見があります。あなたが「どんな意識を持って今の発声状態になっているのか」を知るのはとても重要な確認事項です。

 

例えば、声を頭に響かせるイメージがある・・とか。

お腹から声が始まっているイメージがある・・とか。

 

そういった意識で、喉や身体の筋肉が反応し、声の出しにくい、出しやすいに少なからず関与してきます。良い効果を生んでいるものは変える必要はありませんが、悪い効果となっているものは修正が必要。

 

これは本人に聞いてみないと分からない事なので、ヒアリングがとっても大事なのです!

今回の収穫を、また、仙台のレッスンで皆さんに還元していけたらと思います。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

簡単!声帯を閉じるとは?

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆響く声を出す為の第一歩!

歌声として響きのある声を出す為には、声帯をしっかりと閉じて振動させてあげなければなりません。また、声が小さい、弱いという悩みを持っている方も同様です。

 

では「声帯を閉じる」ってどういうことなの?

それは、とても簡単なのです。その感覚を味わってみましょう。

 

まず、口を少し開いて「ため息+声」を混ぜたような弱い声を出してみます。「はぁ~」という感じ。そして次に、そのため息を途中で急に切ってみる。「はぁ~(ストップ)」→つまり息を止めている状態を作ります。

※息を止める時は、口を開いたままです。

 

これが「声帯を閉じた」状態になります。

とても簡単ですよね、何の大変さもありません。声が出るという事は、もちろん息が流れますので、少しだけ、声帯は開いている状態にはなりますが、「じゃあ少し声帯を開くか!」なんて思わなくても大丈夫です。

 

歌う時は、基本、この作業(声帯閉鎖)を行いながら声を出しています。

 

でも、それができなくなる場合がある!

そう、それで悩んでいる人が多いわけです。。その原因をいくつかご紹介してみますと↓

 

【声帯が上手く閉じれない原因】

 

①音域によって声帯を閉じる力が弱い

→声帯は喉の筋肉を使って閉じています。ですので、普段、お話ししているぐらいの音域は常にその筋肉が動かせていますが、それ以外の音域は、普段使わないので動きににくいケース。

 

②閉じる感覚が分からない

→①とも似ていますが、本当は閉じれるのに、音域によってはその感覚がつかめないという状態。主に、地声高音に多いと思います。感覚としては「強い裏声」に近いため、裏声を練習すると掴みやすい傾向にあります。

 

③喉に力みが入る

→喉や首回りに力が入ると、声帯の動きを妨げてしまいます。「はぁ~」とため息をついて息を止めた時は、きっと、余計な力は入っていないはずです。声帯を上手く閉じれない為、喉を絞め上げながら声を出してしまうという状態。何よりリラックスが大事です。

 

いかがでしょうか。

声帯を閉じること自体は、何も難しいことはありません。

ポイントは【普段の会話では出さない音域を歌では使う】という点です。

声の悩み改善の参考になって頂けたらと思います。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

カラオケで歌う前に

f:id:loosevoice:20180417204914j:plain

◆カラオケで歌いづらい

カラオケで歌った時に「練習の時のように上手く歌えていない気がする」という悩み相談をよく受けることがあります。


なぜ、そういう気がするのかを聞いてみると、圧倒的に多い理由が「すぐに喉が疲れて、声が出しづらくなって・・。」という事でした。

せっかく、ボイストレーニングをしているのに、いざ皆の前で歌ったときに満足感を得られないのは、残念ですよね。

今回は、そんな時に、ぜひ、歌う前にやってほしい3つのポイントをアドバイス致します。

 

①演奏ボリューム調節

まず、なぜ、すぐに喉が疲れてしまうのかといいますと、普段よりも過剰に大きい声を出して歌っているからです。

カラオケ演奏の大音量に対抗して、自分の声も無理して張り上げてしまっていませんか?(たまに、他のボックスから聞こえてくるような、叫ぶ歌声になっては、いけません。)

演奏中も、大きい声をだせば、隣の人と会話できる位まで、カラオケ演奏のボリュームを調整しましょう。

 

②初めに歌う曲は、自分の歌いやすい曲を選ぶ

歌は、喉の筋肉を使います。


スポーツと同じように、実際に試合をする前には、本当は準備運動が必要なのです。でも、カラオケは、ノリや勢いで行く時が多いので、準備なしで、全力疾走しちゃうんですよね。

そして、ケガ(喉を痛める)をしてしまう。。初めは、楽に歌える曲で喉の筋肉を動かして、あたためから徐々に声量を上げていきましょう。

 

③スピーカーから自分の声がしっかり聞こえる位置に座る

これが、座る位置によって全然違ってくるので要注意です。


ほとんどの部屋には、2つのスピーカーが付いていると思いますので、ちょうど、その間の位置を確保して、バランス良く聞こえるようにできればベストです!

立って歌うか、座って歌うだけでも、聞こえ方がかなり違います。★色々試してみてください。


自分の声が聞こえないと、当然、音程やリズムもズレやすくなりますからね。練習の成果を十分に発揮できるように、歌う前にも色々と準備が大事です。

ちょっとした注意&調整で、ずいぶん、歌いやすくなるはずです。

ぜひ、試してみてくださいね。最後に、もう一度、3つのポイントをまとめておきます。

 

【カラオケで歌う時の3つのポイント(準備編)】


①カラオケ演奏の音量調節(それに合わせてマイクの音量も調整)をする。
②初めに歌う曲は、自分の歌いやすい曲を選ぶ。
③スピーカーからの自分の声がしっかり聞こえる位置に座る。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!