『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

ボイトレを始める前に確認しておきたい事

f:id:loosevoice:20171212183123j:plain

◆やみくもなボイトレをしない為に

声の出る仕組みは、皆同じですが、現在の発声状態の癖は微妙な個人差があります。なので、同じトレーニングをしても万人に通用するかというと、必ずしもそうではありません。

 

今回は、ボイトレをする前に、ひとつ、確認しておくとよい項目がありますので、その状態が自分はどうなのか?をチェックしてから、ぜひ、トレーニングを進めてみて頂けたらと思います。

 

◆そのチェック項目とは?

そのチェック項目は、

 

うまく声が出せないとき、

「①喉が力む(詰まる)感覚があるか。」

それとも、

「②特に、喉の力みは、あまり感じないか。」

です。

 

この答えによって、トレーニング方法は大きく変わってきます。なぜかと言いますと、例えば答えが「①」の場合、まずは、その「喉の詰まり感」を緩和させることを最優先しなければならないからです。

 

その詰まり感がある状態で、声を出しても、苦し紛れの声で常に発声していくことになり、結局、ボイトレを積んでも理想の声にたどり着くことが難しい。

 

「何年もボイトレしているけど、声量や音域が変わらない・・」という方は、まず、このチェック項目を確認してみることをオススメします!

もし、答えが「①」の場合は、「喉の脱力」を優先してから、声量アップや音域拡大のトレーニングをしてみると、成長を感じることができるのではないかと思います!

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

歌が上手い人の「曲を聴くセンス」

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆歌う前に曲をよく聴くこと

歌が上手い人は、何の能力に長けているのかと言いいますと、それは『曲を再現する能力』

聞いたものを、同じように自分で再現できる。そうすることで、結果的に、歌が上手いという風な印象を与える事ができます。プロが歌っている状態と同じように歌えるわけですから、当然、そうなりますよね。

 

では、上手く再現する為には、何をすればよいのか??

今回は、そんなテーマで話しをすすめていきます!

 

◆まずは単純に「聴く回数」

再現力をアップさせる為には、いきなり歌わずに、まず、聴くこと。

初めて聴く曲を歌う場合は、だいたい30~50回ぐらい聴いた後に、歌ってみるとよいでしょう。それくらい聞くと、メロディーや歌詞は当たり前のように、自然と覚えてしまいます。

 

経験があるかと思いますが、何となく「うる覚え状態」でカラオケで歌ってみると、意外に音程が入っていないくて歌えない、、ということが多々あると思います。

 

歌手本人が歌っているものに合わせて、一緒に歌って練習していると、何となく歌えている気になってしまいますが、それはキケン!なのです。

 

◆何にフォーカスして聴くのか

何十回も、曲を聴く理由は、メロディーや歌詞を覚えるだけではありません。実は、大事なのは『何種類の声質を使っているか聴き分ける』こと。

 

曲をヘッドフォンで、よく耳を澄まして聴いてみて下さい。プロ歌手の声質は、曲を通して、何種類かのバリエーションを持って歌っているはずです。

 

分かりやすいところでは、「地声」「裏声」がありますよね。

他には、柔らかい声、かたい緊張感のある声、息の混じった色気のある声、エッジの効いた声、軽く明るい声・・など。それは多種多様な歌声があります。

 

本人の軸となる歌声を中心として歌いつつも、きっと、色んな声質を使って曲を表現しているはずです。

これを聴き分ける為の30~50回なのです。

 

歌が上手い人は、声質の変化の付け方が上手い。それができるかどうかは、オリジナル音源を聴いている時点で、すでに勝負がついています。(聞こえている人と聞こえていない人、ってこと!)

 

正しい歌声の情報を取り入れてから、次は、自分で再現する番なのです!

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

喉を脱力させるとは?

f:id:loosevoice:20161031214620j:plain

◆脱力している状態

歌う時は、

「喉を脱力させて力まないようにしましょう!」と言われます。

そして脱力して楽に声を出す為には、喉をしっかり開いて歌う事が大事だ、と。

確かに、それは正しい意識だと思います。

 

ただ、もともと喉を力む癖がある人が、「喉をしっかり開ける」という意識を持って口を開けると、実は、逆効果になることもあるので、慎重な見極めが必要です。

 

◆究極の脱力とは?

脱力とは、極論「何もしない=動かさない」状態でいることです。

真顔の状態。その状態こそが、口、喉、首、顔が脱力している状態ですよね。そして、少しでも顔を動かせば、ある意味、緊張していることになります。

 

つまり「喉をしっかり開ける」という動作を行う事で、普段の脱力している状態からは、かけ離れた緊張状態を作ってしまっている場合があるということ。

 

「喉の脱力」は、普段、しゃべっている状態で十分、確保できています。それ以上に過剰に口を開けたり、喉を開いたりすることで、高音が出しにくくなっているのではないか??という疑問を持ってみることも大切。

 

脱力する為に喉を開いているつもりが、逆にジャマをしてしまっている?!

 

◆声の通り道を作るだけ

喉や口の開け方は、「声の通り道を確保する」という意味合いでとらえてみると良いでしょう。

だから、普段、しゃべっている状態で通り道は十分作られているのです。それ以上でも以下でもなく、あくまで自然体であること。

 

高音で喉が力んでしまう、、という悩みを持っている人は、声の出しやすい通り道を探すように、口や喉の開け方を作ってみるのも良いと思います。そうすると、喉を下げるや開くという動きを、そんなに過剰にする必要はない、ということに気づくはずです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

広告を非表示にする

仙台ボイストレーニング Loose Voice 【11月入会キャンペーン実施中!】残り2名様

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆〈11月度〉ご入会金半額キャンペーン!!

こんにちは、仙台ボイストレーニングLoose VoiceのKANです!


年末に近づくと、忘年会や新年会、学生さんでしたら来年春に向けて、色々とイベント事が増えてきますよね。


そしてイベントにつきものなのが【カラオケ】です!


この時期になりますと、そんなイベントに向けて歌を習い始める方が増えてきます。せっかく人前で歌うのだから、少しでも上手に歌いたいと思うのは当然のこと♪
今月も沢山の体験レッスン希望を頂きまして、本当にありがとうございます。

 

11月限定10名様を対象の

【入会金半額キャンペーン!】は、残り2名様!となりました。

ボイストレーニングに興味のあった方は、ぜひ、この機会に、体験レッスンを受けてみてください。独学では気づけなかった悩みを、分かりやすく解決していきます!

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング
Loose Voiceでは、体験レッスンを受付中!


科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!


お申込みは、以下のホームページの【お問合せ】より、お気軽にどうぞ♪

仙台ボイストレーニング Loose Voice

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

 

 

どうして、カラオケは頑張っちゃうの?

f:id:loosevoice:20170126000835j:plain

◆カラオケで頑張ってしまう

自宅だと気持ちよく歌えるのに、いざ、カラオケに行くと気持ちよく歌えない。。早々に全力を出し切ってしまい、スタミナが切れる。。

 

こんな経験をしたことはないでしょうか?

 

気分発散の為にカラオケに行っているのに、終わると喉が嗄れたりして、逆にテンションが下がってしまう、、のは嫌なものですよね。

どうしてカラオケに行くと、いつも通り上手く歌えなくなるのか。

今回は、そんな疑問についてのお話しです。

 

◆まずは、ズバリ核心から

その原因は、歌っている空間の広さ(今回はカラオケ部屋)や、演奏の音量に対して、ボイスコントロールをしてないから、ということが多いです。

 

自宅だと上手く歌えるのに、、という人は、自宅では、きっと自分自身に心地よく聞こえるような声量に調整しているはずです。その空間にちょうど良いボリュームを作っています。

 

カラオケはいかがでしょうか?

普通、4,5名用の部屋でしたら、広さは、だいたい6帖ぐらいですよね。その空間で、例えば、マイクを使わないで歌ったとしても、周りには十分聞こえます。そこで声を張り上げるということは、自宅の部屋で張り上げて歌っているのと、ほぼ同じ状態です。

 

「でも、演奏が流れるので、大きい声を出さないと聞こえないよー!」と思ってしまいますが、自宅と違うのは、マイクがある事。演奏が流れるぶん、声にはマイクがあるので、普通にしゃべっただけでも、何倍もの声になっているです(^^)/

 

◆頑張り過ぎない為には?

数曲歌って声が嗄れる、、というような事態にならない為には、次のポイントをチェック&調整してみましょう!

 

①話しかける位の声も使ってみましょう。

自分が思っているよりも、歌声は、しっかりと周りに聞こえています。

 

②演奏のボリューム、マイクボリュームを下げる。

演奏の音が大きいと、それに対抗するように大声を出したくなります。ですので、あらかじめ演奏の音量を下げておきましょう。

 

③スピーカーに耳を近づけ過ぎない。

狭い部屋で立って歌うと、どうしても、耳がスピーカーに近い距離になってしまう事が多いと思いますが、うるさく感じると自分の声が聞こえなくなるので、なるべく遠い位置(座って歌うのも良い)で、心地よく聞こえる位置で歌うようにしましょう。

 

このようなコツを加えるだけで、普段、気楽に歌っている時のように、頑張らずにカラオケを楽しむことができます!

【自分も周りにも、心地よい声を出す事】を頭の片隅においてみると良いですよ。

ぜひ、試してみてくださいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!