読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

素人でもできるアドバイスでは成長しない理由

f:id:loosevoice:20170525104934j:plain

◆誰でもできるアドバイスとは?

歌に関して、感想やアドバイスをもらう時、その種類には「誰でも言えるアドバイス「専門家にしか言えないアドバイスがあります。

 

その違いは何か??

 

それは、改善する為の「直接的な原因と解決法」を含んでいるかどうか、です。

 

例えば、ファッションで考えてみましょう!

友達から「この服に合う?」と言われて、あまり似合っていなかった場合、素人であれば「ちょっと色が合わないよ、もっと明るい色にしたら?、季節に合ってないんじゃない?」というアドバイスをするでしょう。

 

でも、専門家であれば、そもそも、なぜその服を選んだ(買ったのか)という点に注目します。つまり、そのファッションになってしまった根本的な原因から突き止めようとします。

 

◆歌の場合は

どんなに歌が上手い人でも、指導者としてのスキルとなると話は別です。

例えば、次のようなアドバイスは誰にでもできるものです。

 

◗音程が下がっている人に対して

→「音が下がっているよ」「もっと音が上だよ」「外れているよ」

これは、ただの感想ですね。本人が歌を録音して聞けば自分でもわかる事です。本当に伝えるべきことは、「なぜ、下がってしまうのか?」という原因です。

 

◗喉が苦しくなる人に対して

→「もっとリラックスして」「喉に力を入れないで」「楽に歌って」

それができないから悩んでるんだよー!って反発したくなりますよね。喉が苦しくならない人は、苦しくなる人の状態と気持ちが理解できません。だから、どうしても精神的な視点からのアドバイスになってしまいます。

 

本当に伝えるべきことは、苦しくなってしまう原因と解決法です。

 

◆歌を習っているのに上手くならない人

長い間、歌を習っているに、なかなか成長を感じられないという人は、成長するための直接的な原因と解決法をアドバイスしてもらっているかを、改めて、考えてみる必要があります。

 

・リズムが遅れる

・音程がズレる

・高音が出ない

・喉が苦しくなる

・表現力が乏しい

 

これらすべてには、その原因があります。「頑張って!」という言葉だけでは、何の解決にもならないのです”” 当然ですよね。原因さえ突き止めてしまえば、その後の成長は、いままでの何倍ものスピードを発揮することができます。

 

ぜひ、あなたの日々の練習に、役立ててみて下さい。

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

www.loosevoice.com

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加

 

「あっかんべー」で発声練習

◆舌を出しながら発声練習

舌を「あっかんべー」のように出して声を出す発声練習があります。この練習は、発声練習でよく言われる「喉の奥を開ける」とは、真逆の動きになるので、通常は、やろうとしない練習法ではないかと思います。

 

では、どんな人に効果的なのか!?

今回は、この練習の意味と効果とお伝えしていきます!

 

その前に、押さえておきたいポイントがコチラ!

舌は声を出すこと自体に関係のない部位」

言葉を発する時は、もちろん必要なのでですが、喉から声(音)を出すだけであれば関係はないのです。

 

◆舌がジャマしてしまう人

舌は、声を出すことに関係はないとお伝えしました。でも、無意識的に、その舌が、発声のジャマをしてしまっている人が多く見受けられます。そんな人の改善に効果的な練習法なのです!

 

・舌に力みが入る

・喉の奥に力みが入る

・声が弱々しい

 

こんな人に改善&効果のある練習です。発声は、舌や喉、首回りは、なるべくリラックスした状態を作る事が大切です。

 

リラックスした状態は「何もアクションを取っていない時の状態」を作ると分かりやすいでしょう。声を出さず、口も開かず、ただ普通に真顔でいる。その状態です。

 

◆言葉を発する時

真顔の状態から、例えば「あ」という言葉を発する時、当然、口、顎、舌にアクションが入ります。問題は、この時に、不要な力みが入ってしまう場合です。歌となれば、さらに音程が変わりますから、予期せぬ力が入り易くなります。

 

「べー」と舌を出して発声練習をすると、余計な力が入る人は、舌が引っ込んだり、硬くなったりします。そうなったらNG!発声をジャマしてしまう力みが入っている証拠です。

 

どんなに音程が上下しても、常に舌はリラックスできるように、練習をしてみて下さい。そして大事なのは、舌を「べー」と出している時も、出さない時も両方リラックスできること。(歌う時は、舌を出すわけにはいきませんからね”)

 

また、この練習は、声が弱い、、という悩みを持っている人にも効果的な練習でもあるのです!実際にやってみると分かると思いますが、舌を引っ込めている時よりも声が強くなりませんか??

 

ぜひ、ダブルの効果を体感してみてくださいね。

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

www.loosevoice.com

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加

 

 

 

歌えない日が苦痛に感じたら「本物」

f:id:loosevoice:20170522102409j:plain

◆歌う事が習慣になる

歌う事が習慣になっている人は、それができなくなるとストレスを感じたりします。仕事や学校で忙しかったり、体調を崩してしまったり、どうしても歌う時間が取れない時もありますよね。

 

歌やボイストレーニングは、「感覚」が大切です。

 

だから、特に、習慣になっている人は「前回からの繋がり」に敏感になります。上手く歌えた時の、体や喉の使い方を忘れたくないから、なるべく、歌うスパンを空けたくないのです。その辺りは、本当にスポーツに似ています。反復練習で、体に覚え込ませる作業。

 

これにハマり出し、大声を出せない日々に、ストレスや不安を感じ始めたら、あなたは、歌に対して本気・本物だ、と言ってよいでしょう!

 

歌えないと、何か気持ち悪い・・

歌えないと、不安になる・・

歌えないと、ストレスを感じる・・

 

この感情を持つという事は、歌が上手くなりたい、というモチベーションが高いということ。その気持ちを大切にして、毎日、少しでも歌う時間を確保できるようにしてみてください。

 

その積み重ねの毎日は、きっと自分の理想へ繋がっているはずです。

 

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

www.loosevoice.com

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

ボイトレに通うペースはどれくらいがいいの?

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆ボイトレのペースの目安

ボイストレーニングの効果を最大限に発揮するには「継続して行うこと」が、とても大切です。1回や2回で声が変わるという事は難しく、もし、変わったとしても止めてしまえば、すぐ、元に戻ってしまいます。


理想は、自主練習を含めれば、ボイトレは「毎日」した方がよい。


そして、定期的に確認&修正する意味で、レッスンを受講するのがベストな進め方になります。通うペースは、毎日、自主練習をする人であれば、「月2~3回」がオススメです!


次回のレッスンまでの間に、10~14日ほどの日数があれば、自分の中でも声の出し方を体感として記憶できます。そしてレッスンでは、次のステップに進むための、発声トレーニングに入っていく事ができます。


もし、毎日ボイトレをする時間が取れないという人は、最低週1回は、レッスンで、しっかりトレーニングする時間を作ってあげた方が良いでしょう。

 

◆時間がかかる人

勿体ないのは、月1回のレッスンで、その時だけになってしまう人。

もちろん、声は変わっていきますが、とても時間がかかってしまいます。発声は「感覚」が重要ですので、忘れてしまうと、その感覚を取り戻すのに時間がかかります。

 

幼い頃に自転車に乗る練習をした時をイメージしてみて下さい。毎日チャレンジする子供と、月1回だけ練習する子供では、その成長は明らかですよね!


レッスン回数は、まずは、無理のないペースで通っていただく事が大前提で、あとは、日頃、どれくらい自主練習する時間を取れるかを考えて、ペースを決めてみるとよいです!

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

www.loosevoice.com

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加

 

知っておこう!胸式呼吸は、歌に不向き?

f:id:loosevoice:20170518103532j:plain

◆呼吸

「歌う時は、腹式呼吸を使いましょう!」と言われます。

「じゃあ、胸式呼吸では上手く歌えないの?」という疑問が出ますよね。はたまた、そもそも、呼吸法って一つじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

 

そこで、今回は、胸式呼吸が歌に不向きと言われている理由をお伝えします。

 

その前に、整理しておきたいのは、呼吸するとき、空気は肺にしかはいらないので、胸式でも腹式でも、その点は変わりません。ポイントは、呼吸をした時の体の動かし方(動き方)が違いにあります。

 

◆胸式呼吸とは

胸式呼吸とは、分かりやすく、吸う時に胸を高く上げるような呼吸法の事です。

実は、胸式で歌っている歌手も沢山います。胸式呼吸を行うと、肩、前胸部、肩甲骨など胸部に関連する骨が連動して持ち上げ呼吸をするので、更には、それに付着する筋肉も上に引き上げられます。

 

その筋肉の引き上げられると舌骨(舌を支える骨)も高くなって、気道周りが圧迫されます。また、息を吐く時は、上胸部が引き下げられて、狭くなくアクションが起こりますので、腹筋との関係が少ない状態になります。

 

そうなると、息をコントロールする為に働く筋肉が、胸部の筋肉が主となってしまうため、お腹の呼気筋による横隔膜によって生み出される呼気圧が望めないので、大きな声には向いてない、という事なのです。

 

◆豆知識

実際は、胸式と腹式を同時に行っていると思っておいてOKです。呼吸法は、複合的なものですので、自然に呼吸している時も、この組み合わせ、つまり「胸腹式呼吸を行っています。

 

ただ、歌う時は、その割合を「腹式」に重きを置いた方が、適しているという事。さらには、腹式は喉頭の安定にもつながりますので腹式呼吸をマスターしない手はありませんよね!ぜひ、腹式呼吸を使って歌っていってくださいね。

 

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

www.loosevoice.com

 『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加