『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

歌詞が棒読みに聞こえる原因!

f:id:loosevoice:20170627230148j:plain

◆棒読みの特徴

棒読みの聞こえ方は、どんな特徴があるのか?

 

歌ではなく、本の音読を想像してみて下さい。棒読みに聞こえる人の特徴には、こんな印象がありませんか?

 

・音量がほぼ一定

・声質がほぼ一定

・センテンスのかたまりとして読んでいない

 

まさに、お経のような読み方です。歌で歌詞が棒読みになり、感情を込めているにも関わらず、そう聞こえないという人は、上記のように歌っていませんか?

心当たりのある人は、ちょっとしたコツで改善することができますので、今回は、歌詞が棒読みにならない練習法をお伝えします!

 

◆一度、歌わないで歌詞を言う

まず、歌わずに歌詞を台本のセリフのように言ってみます。その時に、棒読みにならないように注意し、歌のフレージング(歌い回し)とは、全然違ってしまってもOKなので、ミュージカルセリフ調のようなイメージで、しゃべってみて下さい。

 

 

◆フレーズの語尾に気を付ける

いちばん気をつけたいのが、フレーズの語尾です。

 

①伸ばし過ぎに注意

声を出すのが気持ちよくなって、オリジナルの長さよりも伸ばし過ぎないようにしてください。例えば、「もう~♪」という歌詞があったとして、語尾を伸ばし過ぎて「もうーー♪」となってしまうと、一気に、セリフ感が失われて無機質な棒読みになてしまいます。

 

②音程が下がる場合、優しい声質に変える

先ほどの「もう~♪」という歌詞で、「もう」の「う」が音程が下がるようなメロディーの場合、同じ強さで声を出さないで「う」を優しい声質に変えると、とても自然に聞こえるようになります。

※音程があがる場合は、逆に、強く出します。

 

 

◆上記の2点で改善されない場合は!

それでも棒読み感が出る場合は、歌詞をブツ切りにして飛ばす、という練習を行ってみて下さい。

 

例えば、「僕は空を見ていた」という歌詞があったとしたら、「僕は」「空を」「見ていた」という3つのセンテンスに切って、語尾を全く伸ばさずに、「僕は!」「空を!」「見ていた!」という3つのかたまりを、飛ばしてみて下さい。

その時、メロディーはキープします。

 

語尾を全く伸ばさないで飛ばすので、オリジナルのメロディーとは違ってしまいますが、いったん、それでOKです。感じてほしいのは、歌詞を届けているという意識です。

 

実際に、そうやって、歌詞をブツ切りにして歌った自分の歌を、録音して聞いてみると、想像よりも悪くない、という以外が印象を受けるものです。それほど歌は、歌詞が届くと「キ・ケ・ル」のです。

 

歌が単調に聞こえてしまう人は、ぜひ、試してみて下さいね!

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

お一人様1回限り、Loose Voiceの『無料の声診断』実施中!

f:id:loosevoice:20170619205934j:plain

『無料の声診断』ご案内ページはこちら

 

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ!

友だち追加

 

 

「喉詰め発声」の人は、改善エクササイズを入れること!

f:id:loosevoice:20170612104630j:plain

◆男性の多い喉詰め発声

高い声を出す時に、喉詰め発声になってしまう人。

喉詰め発声の体感は、高音で喉が苦しくなる、声が平べったくつぶれたような声になる、叫ぶような声になる、という事があげられます。

 

特に男性に多いのは、思春期の変声期で大幅に音域が変化してしまう事や、何事もチカラで勝負をしてしまうという性質があるからかもしれません。

 

頑張れば頑張るほど、喉詰めを助長してしまい、余計に苦しくなるという悪循環になります。

 

さて、喉詰め発声の人に、声帯をしっかり動かしたボイスコントロールを行う事は、簡単か難しいか、と言われれば、答えは「難しい」です。

例えて言うなら、足に重りをつけて短距離走をさせているようなもの・・。それでは、好タイムが出せるはずはありません。

 

◆改善エクササイズを必ず行うこと

自分で「喉詰め発声」と感じている人は、必ず、喉詰めを改善する為のエクササイズを取り入れるようにして下さい。

 

それを改善しないと、何年も苦しい発声法に悩まされることになる場合があります。喉詰め発声は癖の一つなので、くり返し、喉に、その動きは間違いなんだ、という事を覚えさせていく必要があります。

 

本来、動かなくていい喉の筋肉が動いてしまっている。

気道が狭くなっているという状態です。

 

ボイストレーニングの本質である、声帯コントロールは、まず、声帯を動かせる周りの筋肉が柔らかくないと難しい。喉詰めになってしまうと、その筋肉を動かせないように固めてしまっている状態。

 

ボイトレの順番に気をつけながら、あなたに合った自主練習を行っていってくださいね!

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

お一人様1回限り、Loose Voiceの『無料の声診断』実施中!

f:id:loosevoice:20170619205934j:plain

『無料の声診断』ご案内ページはこちら

 

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加

 

 

 

発声の声が「歌」で使えない原因と解決のコツ!

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆発声の声が歌で使えない?

発声練習で作り上げた「いい声」が、実際の歌で使えないのは、とても残念ですよね。そもそも、歌声を良くする為の発声練習なのに、目的のために活用できていないことになります。

 

その原因を探るために注目したいのが「発声練習」と「歌」の違いです!

 

・・・逆に、共通点を探す方が難しいくらい、チガイますよね。言葉、音階、リズム、すべてが違う。その中で今回、注目したいのが「言葉」です。言葉の違いによって何が変わるのか??

 

それは「口内外の状態」です。

 

発声練習だと出しやすいのに歌になると、出しにくい・・という人は、ぜひ、続きを読み進めてみて下さい。

 

◆「あ」の発声練習について

例えば、「あ」で発声練習を行っているとしましょう。「あ」の場合、口内外の状態は、このような特徴があります。

 

・顎は固定(動かさなくても言える)

・舌は固定(動かさなくても言える)

・口は自然と(無理なく)開く

 

カンの鋭い人は、気づいたかもしれませんが、注目ポイントは「口内外の状態が動かない」という事です。全く動かさなくても「あ」は言えます。なので、声の通り道(気道)は、ずーっと広くキープできたままで声を出せるのです!

 

◆母音は同じ「か」はどうか?

母音は同じだけど「か」という言葉になると、何が変わるのか?それは、上記であげた3つの状態が、全て崩れます。

 

・顎が動く(下におろすアクションがある)

・舌が動く(上顎から下顎に向かって落ちる)

・口は小さく開いた状態から大きく開くことになる

 

あたり前!と言ってしまえば、それまでなのですが、この全てのアクションが加わるだけで、声が出しにくくなったりします。もちろん「か」以外の言葉に変われば、はやり動きが、微妙に変わります。

 

では、どういう意識を持って声を出せば、発声練習と同じイメージを持って楽に声が出せるのか?

続いて、それをお伝えしていきます!

 

 

◆子音の状態をなるべく短時間にする

発声のコツは「子音の口の状態をなるべく短時間にする」です。

 

どういう事かと言いますと、

先ほどの「か」を例でいえば、「ka」の「k」の口の状態を長く保たないで、一瞬で「a」の口の状態に変化させるという事です。

 

「k」の口の状態は、

・舌が上顎(頭がい骨側)にくっついてる

・口の大きさは「あ」よりは小さめ

・下顎が「あ」よりも上にあがっている

 

この状態を、なるべく一瞬にして(すぐやめて)、即座に「あ」の口の状態にするという事になります。

つまり、「k」の時間が長い人は、気道を塞いでいる時間が長いということ。だから声が出しにくい。

 

でも、すぐに「a」の状態に変化させれば、「か」と発音しているにもかかわらず、「あ」と発音している時に、なんら変わりがない感覚になります。

 

どんな言葉が登場しても、このコツを、覚えておくと発声が楽になります↓ ↓ ↓

 

◆まとめ

発声練習と同じような感覚で発音したい時のコツは、

子音の時間(状態)を最短にし、すぐ、母音の時間(状態)にする。

 

これで、声の通り道を、すばやく確保することができます!ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

お一人様1回限りの『無料の声診断』を行っています。

f:id:loosevoice:20170619205934j:plain

『無料の声診断』ご案内ページはこちら

 

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの声を無料診断いたします!

f:id:loosevoice:20170619205934j:plain

◆声の無料診断を行っています

Loose Voiceでは、お一人様1回限り「声の無料診断」を行っています。

メールでのやり取りになりますので、遠方の方、時間の取れない方にもオススメです!! 以下のような方は、ぜひ、お気軽にお申込み下さい。

 

こんな思いを持っていませんか??

 

◗ 自分の声をプロボイストレーナーに診断してほしい!

◗ 声が上手く出せない原因を知りたい!

◗ 発声の弱点、また、練習の取り組み方を教えてほしい!

◗ 遠方に住んでいてレッスンには通えないけど歌を習いたい!

◗ 教室に通うのは少し気が引けるから、メールでアドバイスが欲しい!

 

そんな、あなたにピッタリなのが「声診断」です。

 

申込み手順は、とっても簡単!

あなたの歌声の音声をメールでお送り頂くだけ!

 

音声の送信方法は、以下の2通りあります。

①メールに添付(他、共有サイトでシェア)して頂く。

スマホLINEを使ってお送り頂く。

 

音源をお送り頂く際に、ご質問もお受付いたします。

無料の枠にとどまらない、深く具体的なアドバイスをお届けします!ぜひ、自主練習のお役に立てて頂ければと思います。

 

声診断の詳細案内と、お申込みフォームは、以下のページをご覧ください。沢山のお申込みをお待ちしております!!お気軽に音声をお送り下さいね!

       ↓ ↓ ↓

『あなたの声を無料診断&アドバイス』ご案内ページへ

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

www.loosevoice.com

 

 

 

ボイトレを習慣化するラク技!

f:id:loosevoice:20170426102102j:plain

◆忙しくてボイトレ時間が作れない方

慌ただしい毎日、改まって、ボイトレ自主練習をする時間が作れないという人も多いと思います。「歌を習う」といっても大半が趣味です。ゆえに、プロを目指して練習している人に比べれば、練習時間やモチベーションの面でも、差が生まれてしまうのは、当然、仕方のないことです。

 

「でもーっ!歌が上手くなりたい!!」というあなたに!?

 

そんな自主練習の時間が作れないあなたに、今回は、日常生活の中にボイトレを取り入れる方法をお伝えします!声は、毎日使うものですから、それ自体がトレーニングになってはいるのですが、ポイントは「苦手な声を出せるようになる練習」を取り入れることです!

 

練習の内容については個人差が生まれるものですので、毎日の中で、声を出すタイミング、場所、シーン、などの面についての「ラク技」をお伝えします!

 

◆発声の基本「強い声」を出す

発声練習の基本である「強い声」は、日常会話から鍛えていく事ができます。

お店で店員さんを呼ぶときに声が通らない、電車の踏切の前で話すと、電車の音にかき消されてしまう・・。そんな人は、この意識を取り入れてみて下さい。

 

◗自分の話し声を、自分の耳でしっかり聞こうと意識する

 

声が弱い人は、自分でもクリアに声が聞こえていないことが多いです。こもる、かすれる、声が細い、自分自身でも、そう聞こえるはずです。ですので、お友達や家族と話す時は、自分の声を自分でしっかり聞く意識を持ってみて下さい。

 

コツは『自分自身に語りかけるように話す』

もちろん、相手に向かって話しているのですが、同時に、自分に語りかけるように話してみて下さい。そうすると自然と聞きやすい声を出そうと、喉が動いてくれます。

 

◆基本のおしゃべり声のトーンを上げちゃう

当然ですが、日頃から高い声で話す人は、歌でも高い声がよく出ます。それが「基本の声のトーン」になっているからです。

「自分は、周りの同性よりも声が低いんだよな・・」と感じている人も上げちゃえばよいのです。実は、少なからず声のトーンは、誰でも調整しているもの。

 

家で独り言を言っている時の声のトーンと、恋人と話す時や、仕事でお客様に対して使っている時の声のトーンは違いませんか??

 

きっと声が少し高くなっていると思います。その声を、基本トーンにしてしまいましょう!「いや~、、でもしんどいでしょ」と思ったあなた。

 

その「苦」を解消する為のコツは

◗「聞く人の為を思って聞きやすい声を出しているんだ」

という意識を持ってみましょう。自分の為だけに行う意識は、途中で挫折してしまいます。相手の為に、恋人の為に、お客様の為に、その基本トーンを維持してあげて下さい。

 

◆一人になる時間を有効活用

毎日の中で、一人になる時間が必ずあると思います。

通勤・通学の時間、お風呂の時間、待ち合わせの時間、運転中、就寝前の時間。

 

その時間の中の、たった5分間を使って、トレーニングしてみましょう。トレーニングといっても遊び感覚でOKです!大きい声が出せない場合は、小さい声でもボイトレ効果はあります。

 

この「一人になる時間にボイトレをするのが癖になっている」人は、声の変化の効果が表れるのが早いです。歌が上手くなりたい、でも練習時間が取れないという人は、今回ご紹介した方法を、ぜひ、日常的な習慣にしてみて下さい!

 

日々の積み重ねに勝るものはありませんからね!!

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

www.loosevoice.com

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加