読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

ボイトレで迷った時の簡単リセット法

意識改革

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆声の出し方が分からない??

ボイストレーニングを長く続けていると、色んな情報やトレーニング技術を獲得していく過程で、あれこれ考え過ぎてしまい、結局、何を意識して声を出せばよいか分からなくなってきた・・と、迷ってしまう人がおります。

 

声は、目に見えないものであり、喉の中の構造も見えません。故に、誤解や思い込みをしてしまいがちな分野でもあります。もし、「声の出し方が分からなくなった・・」そうなってしまった時は、一度、発声の認識をリセットしましょう。

 

今回は、ボイトレで迷った時の簡単リセット法』を、お伝えいたします。

 

 

◆その1,「声は、口から前に出るもの」

「声は、口から前に出るもの」という事を、再度、意識し直してみましょう。

 

この意識が薄れている人は、まず、口をあまり大きく開かなくなります。そして、目線が上を向いてしまったり、声を頭や喉の奥に当てる、というような意識が強くなります。そうすると、喉に余計な力が入ってしまい、声が出しにくくなるという場合があります。

 

「声は口から前に出る」という意識を維持できている人は、他に、どんなイメージを持っていても大丈夫です。当たり前のことなのですが、声の出し方を長く学んでいる人が、陥りがちな落とし穴です。

 

 

◆その2, 「基本、強い声を出す」

高い声を出したいという目標に向かって、高音発声の練習ばかりをする。又は、喉詰め発声が嫌だから、息混じりの優しい声だけを出して歌う。

 

これは、一見、解決の出口に向かっているようで、実は、あまり成長できない発声練習のパターンです。発声は、基本、(しゃべっている声より)強い声を出す練習を行う必要があります。

その理由は、結局のところ、のちに「強い高音を出したい!」という目標を持つからです。声にパワーを求めない人はいいのですが、しかし、例え癒しボイス希望であっても、強い声があってこそ活きる声ですよね。

 

強い声を出す練習をしてない人は、ぜひ、心がけてみてください。特に、喉に余計な力が入って喉詰め発声になる人は、ココを避けてはいけませんよ!【重要】

 

 

◆その3, 「声を作り過ぎない」

歌声は、聞きやすくするために、しゃべり声を少し整えたもの。と思っておくといいです。だから、あまり声を作り過ぎないこと。「声を作る」という意識よりも、「楽に出す」という事に意識をフォーカスしましょう。

 

「声が楽に出ている」は、聞いている人にプラスの印象を与えてくれます。作り過ぎた声は、どこか、嘘っぽいというか、不自然というか、そんな印象を与えてしまいます。キーワードは、「しゃべり声を、少し、整えたもの」ですよ。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

歌声で、色々と迷ってしまった、という人は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。あくまで、歌声は、必然的なものなので、「自分って不自然なことしてるな~」と思ったら、一旦、それを止めてみましょう。きっと、軌道修正できると思います!

 

 

最後に

LOOSE VOICEでは、随時、体験レッスンを実施しております。実際に、あなたの声を聞いて、アドバイスさせていただきます。また、出張レッスンも対応しておりますので、ご依頼頂ければ、あなたの街にもお伺いいたします。

ぜひ、あなたの夢を応援させてください。

その他、質問、お問合せも、お気軽にお寄せ下さい。

 

仙台 LOOSE  VOICE

www.loosevoice.com

 

広告を非表示にする