読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

『勘違い?高音発声のチェック項目』

f:id:loosevoice:20170215013455j:plain

◆トレーニング以前の簡単な気づき

無理のない高音発声には、その人の声の状態に合ったボイストレーニングが必要ですが、トレーニングをせずとも、現時点での間違った思い込みを修正するだけで、高音が出しやすくなる事があります。

 

「それが出しにくくしていた原因だったんだ」

「えっ、完全に勘違いしていた」

「そうなんだ、意識を変えてみよう」

 

など、当てはまる人には、そんな気づきを得られるかもしれません!

今回は、高音発声の時に確認しておきたい、『5つのチェック項目』を書いていきます。

あなたは、どれかに当てはまるでしょうか??

 

 

◆高音発声のチェック項目

①高い声を出すときに、「頭のてっぺん」に意識がある

②高い声を出すときに、息をたくさん吐いている

③お腹に、グッと力を入れて声を出している

④高い声になるにつれて、顎が上がっていく

⑤高い声は、「強く、たくましい声だ!」と思っている

 

以上の5つです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

正確にいいますと、これらは、その意識や動きがあっても高音は出せますが、重要なのは、「その意識が無くても出るものだ」という事です。

 

ですので、高音が出しにくいという人は、上記の5つの意識と動きを無くして、練習をしてみて下さい。何か、大切な気づきが得られるかもしれません。

 

ここ近年は、スマホに動画や音源をアップできるので、「自宅で歌う」という機会が増えています。それがいい高音発声の練習になります。つまり、気合や勢いで叫べない環境にあるので、自然と小さい声で歌う事になります。

 

5つのチェック項目を注意しながら、自宅で小さい声で歌ってみて下さいね!頑張る要素がないことに気づくと思います!

 

 

最後に

LOOSE VOICEでは、随時、体験レッスンを実施しております。実際に、あなたの声を聞かせて頂き、アドバイスいたします。また、出張レッスンも対応しておりますので、ご依頼頂ければ、あなたの街にもお伺いいたします。

ぜひ、あなたの夢を応援させてください。

その他、質問、お問合せも、お気軽にお寄せ下さい。

 

仙台 LOOSE   VOICE

www.loosevoice.com

 

 

広告を非表示にする