『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

一気に発声が楽になる「逆らわない話」

f:id:loosevoice:20170406233440j:plain

◆不思議に思いませんか?

一気に、声を出すのが楽になる、お話しです。

 

ボイストレーニングを続けていると、すんなり声が変わってくれない・・という状態になるケースが多々あります。練習しても練習しても、変わらない。いつの間にかボイトレ歴〇〇年とかになって「大丈夫!始めた時よりは、良くなっている気がします、、」とか。

 

でも、「あと何年やれば、理想の声が出るようになるんだー!!」って、思いませんか??人生は、待ってくれない。時の流れは、早いんですよ(^^♪ 歌で、その成果を出す日が遠い・・、そんな不安にかられる時もあると思います。

 

そこで、こんな「気づき」を。

 

プロシンガーや身の回りにいる歌の上手い人、高い声が楽に出る人、そういった発声で苦労していない人は、沢山いますよね。その人達は、全員ボイトレをしたのか? 

いえ、ボイストレーニングをしていない人でも、余裕で高音を出せる人もいます。

 

そこに疑問を持つべき!なのです。

 

そもそも、そんな数年もかけてゲットしなければならないような、ハイレベルなものではないんじゃないか、という事。だって、発声を学ばなくても、強い声や高い声を出せる人は、沢山いるのですから。

 

じゃあ、なぜ、発声で苦労する人と、しない人がいるのか。

 

【答え】

その1、もともと、人は、正しく使えば、楽に発声できる喉の機能を持っている。

 

その2、苦労をしなくても、声が上手く出る人は、その機能に「逆らっていない」だけ。逆に、声が上手く出せない人は、自分で「逆らっている」。

 

そして、それは、努力とか、苦労して直すではなく、

やるべきことは「逆らうのを辞める」だけ。

 

 

◆逆らうって何?

その逆らっているというのは、発声をする時に自然に行われる人間の機能に逆らっているという事。逆の力で、引っ張り合っているという事。

 

例えて言いますと、

「膝を曲げようとしているけど、伸ばそうとする力も同時に入れている状態」

 

これでは、膝が曲がるわけがないですよね。

膝を伸ばす力をいれたまま、何年も曲げる練習をしても、、。なので、逆らっている力=膝を伸ばす力、を辞めれば簡単!という事なのです。

 

発声でも、同様の事が起こっているとしたら、声がなかなか変わらない理由に納得がいくのと、発声を学ばなくても上手に声が出る人の存在がいるのも理解できます。(=逆らわずに、自然体である)

 

そして、それに気づけは数年という時間はかからない事も分かると思います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

発声の機能は、誰しもに備わっているのです。

ただ、使い方が分からないだけで「逆らう」という、真逆のアクションを起こしている場合があります。トレーニングをして鍛える前に、まずは「辞める」という事が重要な過程になる事もあります。

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

お一人様1回限り、Loose Voiceの『無料の声診断』実施中!

f:id:loosevoice:20170619205934j:plain

『無料の声診断』ご案内ページはこちら

 

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ!

友だち追加

 

 

 

広告を非表示にする