仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

お腹に力を入れると声はどうなる?

f:id:loosevoice:20180205105731j:plain

◆人間の反射運動

人間には、一つのアクションに対して、反射的に行ってしまう(連動)運動というものがあります。

例えば、

・急に、顔の前で手を叩かれたら目を閉じてしまう。

・右足を出して歩きはじめる時、左手が前にでる。

・息を止めると自然に口も閉じる

 

こういった連動運動は、ごくごく自然なことであり、無意識に行っていますよね。声を出す事も日頃は、自然に行っているもの。そこに、息を使うとか、お腹から出すとか、喉を上手にコントロールして・・という意識は、全くないと思います。

 

ついつい、歌声というものを作り込み過ぎて、必要の無い部分にまで意識を持ってしまい、逆に声が出しにくくなる場合もありますので注意が必要です

 

今回は、お腹に力を入れると声にどういう影響があるのか、のお話しです。

 

◆連動して声帯を過剰に閉じてしまう

何か重いものを持つ時、または、運動会で綱引きをしている時を、想像してみて下さい。

 

腰回りや下半身に重心をおき、いざ、力を込める時「お腹に踏ん張り」を入れますよね。そして、その時、ほぼ間違いなく、息を止めるはずです。

 

息を止めているという事は、声帯を強く閉じている(声がでない状態)という事になります。(逆に、息がふわーと漏れてしまうようでは、身体に力が入りませんからね!)

 

チェックポイント♪

お腹に力を入れる → 声帯を強く閉じる(息が流れない=声も出ない)

 

この状態で無理やり声を出すとどうなるか??

声が嗄れます。

(綱引きしながら歌う想像をしてみましょう・・"(-""-)" )

 

もちろん、声を出す為には、声帯を閉じる必要がありますが、そこに息が流れなくなるぐらい閉じてしまっては、喉に相当の負担をかける事になります。

 

普段の会話をしている時で、十分に声帯は閉じています。歌声であっても、それ以上に、過剰に声帯を閉じる必要はありません。(もともと声が弱い場合は例外ありますが。)

 

安定した息を送り出すために、じっくりお腹を使う方法はあっても、筋トレの腹筋をするような「ウッ!」という力は、要らない事が分かります。

 

声が嗄れやすい人、喉が痛くなる人は、ぜひ、自分のお腹をチェックしてみてくださいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!